4/28/2006

トレーニング中











昨日はブロワード地区公共学校教育一環の『子供の職場紹介』の日でした。
これは年に一日、子供達を親や保護者の職場へ連れて行って社会勉強をさせるというものなのです。
息子の勤める空港は9・11事件以来、部外者立ち入り禁止となってしまい其処へは行けませんし、昨年はグランパの大学事務所を見学した際はとても退屈したのに懲りて、今年の3人は私の勤め先のドラッグストアを訪問する事にしました。
主任Cがカメラ部で写真のDPを教え、持参のデジタルで撮ったのは自分達で機械に入れて作ってみました。(家では私がデジカメの写真は全部自分PCでアルバムにするので、彼等にはそうも珍しい操作ではなかったのですが)
薬局の方では薬剤師Jの指示の元にドクターからの処方箋をコンピューターにインプットして薬品ロボットが錠剤を瓶詰めするのが9才のデビットにはゲームの感覚で大喜びだったようです。
朝6時から8時までの2時間のトレーニングは「まだ頭が眠ったままだよォ」の3人でしたが、良い体験の2時間だったようです。


子供達の写真を撮りながら先日店の入り口に置かれた蘭の花が気になり様子を見ています。
ちょっと写真が悪くてはっきり撮れていませんが、今が満開でまるで造花みたいに見事に咲いていて、このまま枯れずに行って欲しいなァと考えていますが、何分にも自然光も無く室温もちょっと低めで埃ぽいのが心配でもあります。
その側にドイツワールドカップ戦のステッカーが売りに出され、元サッカー選手の支店長のスポーツ好き意気込みのようなものが見えてちょっと楽しいかも、、ですよ。

4/26/2006

天使達















今朝友人の一人がアート・コレクションの写真をメールしてくれたので、皆様にもお見せしたくて6枚全部まとめて、ハイっ。
ミニチュアベービーがまるで生きているみたいに造られていますよね。
小さいからまるで可愛い天使のように見えてこれでいいのでしょうね。
もし等身大のものだったら、ちょっとギョっ?


この写真は先日の大会の時の写真ですが、前回の写真にも見られますが、孫娘クリステーナの頭上に天使の羽が見えますでしょう。
「グランマったら、何でも無理やりラッキーだの、天使だのというけれど唯の廻りの光が反射してカメラに入っただけじゃないの」と彼女は笑うのですが、いいんです。私はこれは天使が彼女を羽で撫ぜてくれているのだと思っているのです。

さて、二人の忍者天使達の方ですが、トランポリン遊びを近所のお友達の家で楽しんだのだそうで「あのね~、僕歯を3本折っちゃったァ~。でもベビーティースの方だから安心してね」とディビッド。
子供の遊びとは言え、トランポリンをする事前には子供達の親や保護者から『トランポリンで遊ぶ事を許可します。規則を守り、遊び中に怪我を負った場合は医療費や事後処理等などの全責任を自分達が負う事を誓います。』なる宣誓証明書を持参しなくてはなりません。
ボーイズはトランポリンを家に設置して欲しいのですが、他人のお子さんの怪我で起訴などされて大変なケースが回りにも多くてこればかりはOKと云えないのです。
近所の子供達とプールで遊ぶ分にはそんな面倒な書類を持ってこさせなくても大丈夫元気に遊ぶ事ができますしね。
水につかると湿疹が出たりするアレルギー体質のシャーンもこの暑さには泳がないまでも水風船ぶつけっこで結構楽しんでいるようです。
あと学校も3週間、新学期前の夏休みが来ます。

4/23/2006

心構えは出来たかな












オーランド市でのフロリダ州バトントワーリング大会から戻りました。
結果を言いますと、孫娘クリスティーナ(写真左)はミス・メージャレットオブフロリダ代表獲得にはならず5位でした。
このクラス初出場の最年少でトップ5に入ると考えていなかったのでこの成績に満足の笑顔なのです。
しかも、3種目の総合点が優勝者を決めるのですが、その一種目のモデル歩行&マナー会話インタビューで一位のトロフィーも獲得したのです。
オープンチャンピオンシップではソロ種目に4位、ストラット種目は3位を得る事ができました。
そのソロの動画をアップしてみたのですが、今見てみると画像がかなり暗くなっていて驚きました。
よく見えないかもしれませんが、ソロというのはこういうパフォーマンスの事をいいます。
さて、これで5月6日のジョージア州サヴァナ市で開催の米南東地区大会改めて挑戦の心構えができたかもしれません。

今日はご報告のみ、また皆様とはブログ上でお話を楽しみたいと考えております。
これからお洗濯やら、ボーイズの学校の準備やらが待っていて「アァ、いつもの生活に戻ったネ」といったところですよ。(笑)

4/21/2006

大会前日


平常より特別忙しいわけではなかったのですけれど、ちょっと風邪気味で体調を崩しこの週末が孫娘のバトントワーリングフロリダ州大会とあって孫娘に移しては大変と色々自重しておりました。
昨年はチャンピオン獲得で全米大会進出権を容易にとった彼女も今年は一段年齢枠を揚げての中で(13-15才組み)最年少者に成る為かなりの厳しさがある大会なのです。
今年は世界チャンピオンの座進出のトレーニングを降り他の州大会にも出場していないので州大会主催会長からどうしたのかと心配を頂きましたので、今回の州大会出場は大事なものではあるのですけれど、あまりその息五味を力むことなくリラックスしてバトントワーリングというものを楽しむ出場であって欲しいと考える私です。
昨日の最終練習ではやはり跳ぶ動きには痛さに涙していた彼女なので、ちょっと可哀想でならないのですが彼女はやる気満々で「2分30秒だけはどんな痛みも笑顔を崩さない」と言い切るのです。
(種目上級者の持ち時間がモデル歩行は一分間、他はソロ、ストラット、会話インタビュー等は各2分30秒なのです。)
今年初めて大会用に衣装を新しくしないで昨年と同じ衣装をつけるのですが、(3着が合計で3000ドルはするものなのです)負け惜しみでは無く彼女の心は昨年より晴れているかのようで私の目には彼女が昨年よりその古い衣装が似合って輝いて見えます。
方向音痴の私の為に夫も今日は学校を早く帰ってきて私達を大会場所のオーランドへ運転していってくれるわけです。
結果はどうあれこの大会を充分楽しむ事が出来るよう、さァ、今からスーツケースをつめる事にします。
帰宅したらその報告を皆さんにいたしますね。
行って来ます。

4/16/2006

復活祭



今日は復活祭。
外は雲一点もない青空好天気のピクニック春日和です。
この日は子供達が待望のエッグハントやピクニックがあり、子供は籠の中にキャンデーやマシュマロのお菓子、縫いぐるみ、玩具等を詰めたのをもらったりする楽しい春の行事なのです。イースターバニーがクリスマスのサンタさんよろしくこのプレゼントを持ってきてくれると子供達に話すわけで、クリスマスはサンタさん、イースターはウサギさんがプレゼントをこっそり家に運んでくれるというものです。
でも、イースターバニーはサンタさんのようにヘルパーも空を飛ぶソリもないわけでピョンピョン跳びながら家々の庭にやってくるのでキャンデーも玩具もほんの小さなものと決まっています。
そこで、昨夜の勤務先ドラッグストアは一晩を通して「これからバスケット積めをしなくっちゃァ」「バスケットを買ったけれど玉子型チョコレートを買うのを忘れてて、、」などのお母さんやお父さんイースターバニー達で大忙しでした。
キリスト教徒の方達は朝はイースタードレスを最高にドレスアップして教会で特別ミサに行き、午後からピクニックやパーティーをして楽しむのが普通です。

我が家の3人ももうイースターバニーを信じる年齢ではないのですけれど、玉子の色塗りは楽しみですし、今年はイースターバスケットの代わりに隠した玉子をみつけた褒美はキャッシュとなりましたが家に来てくれるバニーはちょっとお金持ちではないようなので形ばかりでも、ま、いいこととしましょう。(笑)
左バスケットのが子供達の色塗りしたゆで卵です。いい色にカラー出来たでしょう?右のはチョコレートやキャンデーの詰まったプラステックのイースターエッグです。

ドンの日曜クッキングの今日は復活祭特別出デナーとしてハムを焼き、子供達が色塗りしてエッグハントゲームで使用済みのゆで卵をサラダに入れていただく事になりますが18個ものゆで卵を食べ終わるのはこの大家族でも2日はかかるでしょうね。

***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.com/ に”軽くお喋り3”を更新致しました。宜しくご愛読願います。

4/14/2006

アレコレ金曜日に

すっかり夏のような陽気に春休みで退屈しきったディビッドは昨日は数回泳ぎを楽しみました。
泳ぎの巧いシャーンは昨年よりアレルギー体質がプールの水ばかりかシャワーでも少し長く水につかると体中に赤く湿疹が出来るようになってきてシャワーのようにサッと入ってサッと上がるわけにはいかないプール泳ぎはあまりしなくなっています。
でもまだ昨年のハリケーン被害のスクリーンが破れたままなのでプールにゴルフの玉が降る可能性の高い週末はスクリーンを張り替えるまでは危ない。
先週やっと業者さんが来てくれるとの連絡があり、明日には見積もりに来てくれるらしいのです。
またハリケーンシーズン3ヶ月前にやっと修復出来たとしてもそのあとまたシーズン中は、、、ふ~っ。











今日は私のいつものアレコレ金曜日です。(一日中アレコレする事が多いのでそう呼ぶ事にしました。笑)
先程ボーイズを家から車で20分程の所にあるショッピングモールのゲームセンターに連れて行き帰宅したところです。
近所の男の子の誕生パーティー会場なのです。
3時間のパーティーの間に私とクリスティーナはぶらぶらショッピングで時間をつぶしたわけですが彼女にドレスやバックを購入したり、二人でアイスクリームなめなめ歩いたのは久しぶりで私も結構楽しかったですよ。

家に戻ってからちょっとスナックでも、という事で苺やバナナ、みかんゼリーにチーズケーキ、アップルパイとどれも数がないのでテーブルに並べて好きなものをという事になりました。
「しかし、その手前の白い輪切りのモノはナンジャイネ」とお思いの方に説明しますと、あれですよ。あれ。
漬物とかピクルスが無かったので、パームハート(ヤシの木芯芽の塩付け)にしたのでした。(ちょっと変なスナックですけれど)

今晩の勤務で復活祭のキャンデーや玉子の色塗りセットを買わなくっちゃァ。
日曜日は3人のお楽しみエッグハントを例年通りに裏庭でする予定なのです。

***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.com/ に”軽くお喋り2”を「Forget me not」ブログhttp://fgtmnt.blogspot.com/ に”Kisses for you"を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。

4/09/2006

私達の春は、、。


夫と一緒にメモアオブゲイシャを観ました。
ヨーヨーマーのチェロ音楽がとても素敵な事とその撮影の綺麗な画面は一場面一場面をポスターにしてもいいなァと思いました。
ストーリー自体は特別に感動する内容でも、夢を見るような恋物語でもなく、やはり変な和製造りにちょっと無理が感じられました。
着物や髪型なんかもちょっと変で、特に都踊りのシーンはアメリカ人の夫には興味深く取れたのでしょうが、日本舞踊も都踊りのメインダンスにしても私にはぴんときませんでした。(古典的な日本舞踊がバトントワーリングがごときの振りでしたし、日本舞踊の本格的な良さはまるで無視されていましたしね)
桃井かおりさん、とても巧く演じていました。
英語で日本舞台映画を観るのはやはり言葉のニュアンスというものがあるでしょうから映画全体を本物の和製から離れたものに感じられるのは仕方がないでしょうね。中国人の女優さん達はそれぞれに上手でしたし、適役でしたね。
夫はしきりに綺麗で良い映画だったと誉めていましたが、私の中での点数としてはストーリーにさして変哲さもなく平坦すぎたのが難で100点満点中の70点のBマイナスといったところで私の5本指内賞には輝かなかったようです。
綺麗な場面が多くてカメラ撮影賞とバックグランド音楽は音楽賞撮りましたけれど。

昨日のクリスティーナのバトントワーリング大会出場の報告です。
春休みに入る為か参加者が昨年より随分少なくグループが66ティーム(300~400人)個人に至っては各レベルに少人数で大会はじまっての早い終了時間でした。
最上級者は彼女の部だけ(Advance13~15)しかも彼女と彼女のライバル親友だけでした。
足の痛みを抱えての出場でしたから5種目中一つだけでも1位を取れたことで満足の私達でした。
年々主催者側が支出押さえの為にトロフィーも大会内容もちょっとお粗末になってきましたですよ。
でも、彼女が大会の雰囲気を満足しただけで充分な私です。
再来週はオーランドでのフロリダ州大会では各地から強敵が出場するのですが、彼女には昨日のように気楽に大会を楽しんでくれるといいと思います。大会でのXストラットというダンス種目の動画をご覧下さい。


今日は子供達を連れてショッピングに行きます。
最近バトントワーリングコーチをしておこずかい稼ぎをしているクリステーナは自分のお金で新しい水着を購入したいのだそうです。
その教えている子(2人)の母親達が彼女をとても気に入ってくれて今週はエクストラの金額をくれたようです。彼女のコーチの1時間をじっと車の中からその指導振りを見ていて支払い時にはその母親への報告・注意なども忘れないのが気に入られているところのようです。

ママが車修理の為暫くまた子供達を迎えに来ないというのです。
クリステイーナは「良かったァ」(彼女はママの家に行くのが苦痛なのです)と云い、ボーイズもだんだんそれに慣れてきているものか先日のような落胆振りでもありませんが、私と夫は彼ら3人が不憫でなりません。
来週は復活祭、これもママのところではなく、私と夫が何やら考えねばです。
私達の春はこういった具合に毎日が平穏を保っていくわけで、、、。


***お知らせー「風が見える時」 ブログに”軽くお喋り”を更新いたしました。宜しくご愛読お願い致します。http://windofflorida.blogspot.com/


4/07/2006

メガネのせいにしちゃえ


最近の私の休み明けの金曜日というのはちょっぴり忙しくて、自分が本当はとてもグータラで、モノグサ人間であると云う事をすっかり忘れてしまい、あたかも自分がまめまめしく働き者の人間であるかの錯覚さえさせてくれます。
今朝は何時もの小学校学期優秀生徒表彰式に行って来ました。
小3のディヴィットのが8時半から、小5のシャーンのが9時半からの為その間の1時間には郵便局へ。
今学期はディヴィットはBが1個あったので最優秀校長賞を取れなくて、写真で見られるように親友のそれがとても気になっていたようです。
シャーンも思うに、小3の時は同じ時期くらいからBを取るようになったようでこの過去2年間毎回同じ場所での写真撮影といった感じですよ。
二人とも同じに目が悪くなったのもこの時期で成績に影響が出たものなのだろうか。
中学に入って初めてクリステーナが過去にBを2度程取った時も視力検査でメガネ必要と云われた時だったのですよ。
(今学期からはデヴィッドも含めて、家族全員がメガネ着用)
子供達3人とも学業時にしかメガネ着眼は不必要な強度なのでクリステーナはバトントワーリングでは感覚でやっているのだろうからコンタクトでもすれば伸び悩みのバトンがもう少しは上達してワールドチャンピオン出場を諦めなくても良かったのかもしれないとちょっぴり考えもします。
実は明日は足を痛めてしばらく出場を拒否していた彼女の初めてのカムバックのウエスト・パームビーチ大会出場なのです。(再来週のフロリダ州大会に出場するために練習出場)
まだ足が痛いようですけれど、これに出場するのが彼女の精神安定には必要なのかもしれません。

昨日は子供達の成績表優秀お祝いデナーに最近出来たファミリーレストランバッフェのゴールデンコラルに行きましたが(これは子供達の学校旅行の時に使用するレストランチェーン店で子供達人気の所であるというところから)、週末メニューでなかった為なのかとにかく品種も少なく、味も不味くて値段の割りには歩に合わない感じでへきへきして帰宅しました。
写真に収めたいとも到底思えず、撮ったのもデヴィッドとダディが自作のアイスクリームの大きさを競って楽しんだのだけです。

学校の帰りに数日分の食料を買いにマーケットに寄りました。
明日から1週間が春休みですので、1日3食とスナックが山ほど必要になるからです。
何せ我が家のパントリーは6人と3匹の訪れたい場所ナンバー1ですから。

さてこれからDonをエアポートまで迎えに行って来ます。

4/05/2006

その時の体験感覚


昨日今年新しくTV番組用に製作された松本清張の「けものみち」第一話を見ました。
数年も前に観た名取裕子さん主演のものとはかなりちがった感じのスタートでした。
原本小説は随分昔に読んだもので、当時の私には只々空恐ろしいおどろおどろした感情しか酌むことも出来ずにおりましたし、名取さんが主演のものでは政界の大物がその頃の大ボスで悪評の人物を頭に描きそちらの方が私の興味のマトでもあり、その後短編スリラーシナリオに書き換えられて十朱幸代さんが主演のもので初めて女の生き方というものに考えさせられてものです。そしてこの年になって初めて、ああ成るほど、、人間の心理を深く掘り下げるとこういうことなのだ、と今更ながら解ったというお粗末な自分がちょっとお恥ずかしい。


どうです、この写真。担任のA先生を中心に子供達が飛んでます。
ケネディ宇宙センター旅行での記念写真です。(デビッドは上部左)
明るい前向きで教育熱心な担任A先生は小人症で小3の子供達と背丈は同じかもっと低いのですが子供達と同じ目線で付き合うには親愛感も強く持つ事が可能らしくてどの生徒もA先生が大好きなのです。
その小さな体にみなぎるエネルギーに目はリンと輝き、声が大きく張りがあり、時には他の人よりずっと大きな人のような錯覚を与えてくれる。
A先生はその一年間の教えの中で子供達に伝えます。「いい?皆、将来の夢にもこうして楽しく飛んで行こうね~」
良い先生です。



**追記 実は上記の写真は本物の浮重力体験ではないようです。「僕らと先生の秘密の科学体験」と言ってデビッドがウィンクしてましたから。

4/02/2006

サマータイムですよ



日本でもデイライト・セービングの時間調整をする動きがあるそうですが、今日からこちらは一時間繰り上げのサマータイムです。
この一時間早いと言うところが曲者で、勤務先タイマー側に「土曜の夜には時計を合わせてください。日曜朝の出勤はサマータイムです。遅刻厳禁」とマネージャーのノートが貼られていても、遅刻常習者はこの時とばかりに思いっきり遅刻出勤をするのにはこれはもう笑うしかありませんでした。
日曜の午前2時に時計を3時とするのが正しい合わせ方なのですけれど、昨夜新人主任Hは夜中12時に合わせておいたのは良いとしても、今朝7時には(昨日だとまだ6時)「あ~、帰宅一時間前というのは疲れが最頂点だァ~」と仕事を放棄するそのスローダウンも一時間早くやって参りましたですよ。あは、は、は、、これも可笑しい。

時間といえば先日見たTV番組で言ってました。時の感じ方は年を取ればとるほど早く感じるのはジャネーの法則といって10才児の一年が人生の1/10なのが50才の人間には1/50でしかないのでその生涯体験からの比率で感じるのだそうです。
100才まで生きたら、一年が今の数倍もの速さで目を閉じて開けたら過ぎていたという事にもなりかねないのかと思うと何だかぼんやりしていられない気分になりましたが、その気分の時でさえこれまたあれこれ行動を起こす間もなく私の側を素通りしていきましたですよ。
え、それは体験と年がなせる技というより、私の怠慢と無知が私を取り残して行っただけの言い訳 でしょうって、、。確かにそうでした。(汗)
人間での時間と動物ではどう違うのでしょうね。
我が家の動物3塾女達にも是非意見をいって貰いたいと思ったのですが、この通りZzzzz、Zzzzz & Zzzzzzが彼女等の答えでした。う~ん、寝る子は育つ。