6/27/2006

クッキーの猫座り


先日近所のモールに大き目のペットショップが出来たので見学方々ビタミン、薬品、玩具等を購入してきました。
クッキーが蚤アレルギー症らしく肌からボロボロと皮が向けて可哀想にその痒さに時々クーン、クーンと鳴くのです。
毎日“カイカイ除きブラッシング”をしてあげるのですが、自分で噛み噛みして毛がなくなった部分から血が滲んでいます。
ビタミンオイルを餌に混ぜると何とこれがロキシーのお気に入りの味だったものかいつもは残す餌をぺろりと平らげお代わりの要求までしましたよ。

ふと見るとあれ、何だかクッキーの座り方が変?
両手足を内側に折りたたんだように胸の下に入れ込んでまるでニャンのお座り姿です。
「あら~、貴女そんな座り方できるんだ~。え?どうやってすわってるの~」とカメラを取りに云ったのですがすでに遅かりし「ン?何?なんかくれるの~」と側にやってきてしまいました。
ん~、残念。かなり面白いポーズだと思ったのにな。
しかし、犬の関節って猫のような内側に折り曲げて座ること出来ましたっけ?

我が家はスパニッシュタイルといういわゆる赤茶褐色の瓦屋根なのですがこれが長年の間に飛び交うゴルフボールで割られたり、更に昨年のハリケーンで飛ばされたりの被害でかなりダメージを受けているらしいのです。
高いところで下からは見えない事を良い事に雨漏りさえしなければ打っちゃっておこうと思っていたのですが先日屋根に上がって検査清掃をした洗浄会社のお話では(これは年一回のこの町内会共同一斉点検洗浄でもあって)かなりの瓦が壊れているとの事でした。
夫の勤め先に趣味で航空学を学びに来ている屋根洗浄会社を持つ方が、今日我が家の屋根補修を点検見積もりにやって来てくれるそうです。
今年もハリケーンが多いと予想されているだけに、今のうちに補修しておいた方が良いのでしょうね。と、皆さんにスパニッシュタイルはこういうものですというので我が家の写真を撮りに外へでたのですが、この角度の写真は何だか我が家は漫画チックな顔のようです。
クリスティーナの部屋の窓が開いているのが片目つぶってウィンクしているようですし、二階窓枠が白い眉毛でそれも垂れ眉、ガレージ飾り屋根上の模様が鼻でガレージは大口(ガレージを開けて撮ったら車が口の中の食べ物のようで「口を開けて中の食べ物を見せるものではありません」なんて注意したくなる)、さながら正面玄関枠は手で頭を掻いているしぐさですし。
家が云ってますですね~「え?写真撮ってるの?テヘッ、何だか照れる~。」

6/25/2006

日曜クッキングで~す

今日の日曜クッキングはイタリアン海鮮スープのチャピノです。
写真での見栄えがイマイチですけれど、これ美味しいんです。
外食好きではない、しかも時には海鮮アレルギーの出る私ですがこのスープが大好きでカリフォルニア(サンフランシスコ近郊)に在住の頃はチャピノを食べにレストランに出かけたものです。
しかしイタリア人移住者が多いにもかかわらず、今在住のこの米国東海岸地区では殆どの地区でチャピノにお目に掛かる機会がありません。
こちらでは米国南部料理のガンボスープがポピュラーで西海岸海鮮料理レストランでは(特にサンフランシスコ近辺ベイエリア)定番のチャピノが無いのです。
そこで夫がレシピーを料理の本から見つけて作ることになったというものです。
ビーフブロスとトマトのベースに海老、カニ、貝、そして野菜がドッサリのイタリアンスープとイタリアンブレッドだけのあっさり夕食なのですが栄養満点、お腹満腹なのです。
子供達はこの後イタリアンアイスをデザートに。
夫は料理の材料を買う時に「イタリアの野花の感じかと思って、、」と一緒に持ち帰ってくれたものなのですが、実際にイタリアに行った事の無い私にはこの花がイタリー風野花なのかどうかはわかりませんですが彼の気持ちを汲んでおきましょう。
というわけで我が家の今晩はイタリアン気分をちょっぴり味わったというわけです。

先日いつも楽しい日常生活記をブログなさっている満月さんがとても素敵なレディーバグの写真を掲載なさったので頂いて加工してみました。
トワラーとラッキーチャームのお話を再三してきましたが、この天道虫さんの写真が我が家では活躍しそうです。
全米大会まであと4週間程です。
(でも気楽にぼちぼちとあまり頑張らずに、頑張って?行こうと思っていますよ。)



***お知らせ-「風が見える時」ぶろぐに”軽くお喋りーSちゃんの反乱”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。http://windofflorida.blogspot.com/

6/21/2006

チャンピヨン

外では大騒ぎです。
昨夜全米プロバスケットボール大会でマイアミ・ヒートが今年のNBAチャンピヨンの座を獲得したのです。(マイアミヘラルド紙トップ記事の写真参照)
ダラス・テキサスとの戦いで勝利を得た瞬間街には警笛をならし、大声を揚げて繰り出した人達の車の列で道路が埋まり、その騒音はドラッグストア店内で勤務中の私達の耳に聞こえてきました。
息子の勤めるマイアミ・エア社(チャーター航空会社)がプロスポーツ御用達旅客機なので、今朝テキサスから戻ってくる選手達を迎えようと大勢のファンや報道陣が空港で待ち構えており、今現在テレビでの生中継で到着したところを写しているので息子の姿が映し出されるかもと勤務から帰宅して直ぐテレビをスイッチオンしたと同時に息子の帰宅で、「熱狂的ファンのエド(彼の友人)が着地歓迎陣に加わりたいから勤務を替わって欲しいというので帰ってきたよ」との事でした。
テレビで観戦していた孫娘は勝利の嬉しさにダディにすぐさま「勝ったよ~!!」とコンピュターでIMしてきたのだそうです。この勝利縁起を担いで来月の自分のトワーリング全米大会も頑張ってくれるかなァ。

ご覧下さい。お友達ブログから了解を得てお借りした写真を2枚一緒のしたのですが、この植物の芽は育って土から出て初めてその芽に字が浮かび上がるのだそうですよ。
これには片面にはアイ・ラヴ・ユー、もう片面がスマイルマークなんですって。
楽しいですね~。
これどうやって芽に字や絵をかくのでしょうねェ。育ってから書くのじゃなくて、土から出た時に初めて何が書かれているのかが解るという事とは、何とも面白いじゃあありませんか。

6/20/2006

ブログのお仲間

最近ブログのお仲間のサイトと私のPCの繋がりが巧くない事を記してきました。
特にこのブログを立ち上げる前からのお友達でこのブログを立ち上げるきっかけを作ってくださったKazuyooさん、チョコさん等のブログに不都合が出来てきたのがショックで「もしかしてこれは私のブログも潮時だとのサインのようなものでは、、と考えていたのです。
自分のブログが無くとも他の方のブログを楽しんでいた頃の初心に戻りなさいと何かが云っているのかなァとも思いました。
でも、その頃はお相手のコメント欄での書き込みを楽しんでの交流でしたから今はその反対で私のブログにコメントを頂く形でなければサイトを拝読出来ても交流が絶たれてしまう事に気が付き、結果的には自分勝手風になってしまうのが不覚ながら私のブログを閉めるのは妥当な事では無いと思い直したというところなのです。
Kazuyooさん、香菜さん、^婆^さん、ちえこさんそして他そちらのコメント欄にお邪魔できなくて失礼してしまっている皆さん、このブログ上にてお詫びと今後もの引き続きの交友を宜しくお願い致します。

この写真では少々見え難いと思いますが今日ドレスメーカーから私のデザインの孫娘のバトントワーリング大会に着る衣装が出来上がってきました。
赤いソロ衣装にストーンを貼り付け作業をし始め575個つけおわってたところで写真を撮ったのですがご覧のように5分の一も終わっていません。
ストーンを追加オーダーせねばならないようです。
出来上がったら孫娘に着せて写真に収めるツモリです。
青いカラリリーのドレスはある日のGardeningブログのKazuyooさんが素敵なカラリリーをご紹介していたのにヒントを頂いてデザインに使わせて頂いたものです。孫娘がちょっぴり大人びいて見える、優しさの中に力強さも表す事が出来るドレスとなりそうです。
全米大会まであと1ヶ月、しかしその事より今日のクリスティーナはNBAバスケットボールのマイアミヒートへの声援に夢中なのです。(笑)

6/19/2006

熟女の髭
















最近自分の天下になったと思ってか我が家の老女-おっと失礼、熟女、といっても私自身の事ではなくってですね飼い猫カメの事ですが、この彼女この頃少しずつ態度が横柄になりつつあります。
もともと体が大きい種類ではなく鳴き声も「ミ~、ミュ~たらミィ~ッ」という感じで、この得に「ミュ~ったらネ~っ!」というところが肝心なのです。(誰に?)
一時精神不安定につきガリガリにやせ細ったのが最近またフサフサして丸く「あら、お宅の子猫ちゃんおめでたなの~?」と知らぬ人から疑いを掛けられる体型に戻りました。
『子猫でも、おめでたでもないノダ!』とそういう人にはいつものしらーっとした一瞥をくれるだけの愛想が無い性格も10年ほど前までは呼ぶとコロコロと駆け寄るといった可愛い性格であったのですョ。
今はこの写真の通りお髭が立派な熟女。猫で良かったね。人間だと髭が年とともに立派になるのは男性だものね。

***お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.com/ に”軽くお喋り4”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。

6/18/2006

人気スポーツ

しまった、写真を撮るのを忘れて帰宅しちゃった。
勤務先のドラッグストアではワールドカップ・グッズが大売れです。
昨日からサッカーボールどっさり置いてあります。
「ねぇ、フットボール観てる?どうよ、昨日のゲームは。予想と同じだったかい」と客と主任達とが毎日の挨拶のようなものです。
米国でフットボールと云えば普通アメリカン・フットボールの事なのですが、ワールドカップの今は南米移住者の多いこの地区ではサッカーをそう呼ぶのです。
サッカーが本当の意味のフットボールだと口にツバキして云う彼等、本当も嘘も唯のボールゲームに過ぎないと内心で思う私なのですが(スポーツファンの皆さん、ごめんアソアセ)、つい「じゃあ、ラグビーは?」なんて云わずもがを発しては場を白けさせるところであります。

それに、今はNBAプロバスケットボールでマイアミ・ヒートがファイナルゲームに苦戦中、2敗したシャキル・オニールのぶすった顔が一昨日の一勝でやっとにこりとしたところです。
負け勝負の記者会見を勝手にキャンセルして1万ドルの罰金を払ったらしいけれど、彼にとっての1万ドルなんて紙くず同然の価値にしか感じられないのだろうから何て事無いらしい。
私なら1万ドル払うくらいならいくらでも「負けました、負けました、負けました~」とコメントするけれどなァ。(ファンの方、この無責任発言もゴメンナサイ)
私のスポーツの知識はこの程度なのです。

***お知らせー「風が見える時」http://windofflorida.blogspot.com/に”お笑いー手のお話”を更新致しました。宜しくご愛読下さい。
尚、最近ブログの更新に不都合が起きており画像も無く、編集も侭成らない状態ですので多くのミスが書き記されたままになっておりますのでご了承願います。

6/17/2006

色々用意が、、

テーブルの上の これナ~ンダ。
ハイ、わかった方は手を上げて、足上げて、くるりと回って、イザお答えあれッ。(そう力む話ではない)
天道虫の付いているキーチェーンは解ったと思いますが、その側の物はなんじゃらほい、とお思いの方にお答えします。




ハ~ィ、これはこうなりますデス。
答えはこのキーチェーンを入れるピラミッド型箱です。
あとキャンデーを3個ほど入れて星のステッカーで止めて丸いカードを留めて出来上がり。
これを100個造ります。(キーチェーンのハート型輪に幸運の天道虫さんをギシギシとスライドしたら指がいたくなりましたですヨ)
7月の孫娘のバトントワーリング全米大会で一緒に競う他州の皆さんとお互いの健闘を祈って交換するグッズなのです。
昨年の天道虫ビーズのブレスレットは100個造るのは数週間かかってしまったので今年は一日でホイホイと造れる簡単なものにしました。
費用もぐ~んと安上がりで上出来アイデアではナイノ、うむ、ヨシヨシ。(誰も誉めてくれないので、自分で誉めたところでアリマス。)

そうだ、この際ついでに皆さんに見せちゃおうっと。 と、写真をアップしようとしたら、またですよ。
アップになりません。う~ん。 仕方ない、じゃァ、せめて文だけ、、。(明日にはこの写真いれられるかな、、、。)
お、ジャーン!写真アップ。
裏ブログに新規投稿をしたら写真が 入ったのでソレッとばかりにそちらをコピーしてこちらに貼り付けました。
オーダーしたサーシが出来上がってきました。
これは各州代表が何のタイトルの代表なのかというタスキ名刺であります。
これを掛けると子等は何とも晴々しい気持ちになるようであります。
側に置いてあるのはスヴァロスキーのライムストーン。
ドレスメーカーから衣装が届き次第このキラキラを貼り付ける作業に入ります。
因みに今回の衣装には一枚に2000個のストーンを使用します。
寄る年私の目が小さなストーンだと扱い難く前回のように4000個の小さいのは大変なので幸い彼女の体も大きくなったことですから大きめストーンでやることにしました。
ちょっと皆さんにはつまらないお話だとお思いの方もおられるでしょうが今の私の生活はこれ等の用意がメインの日常なのでアシカラズご了承を。(ン?何の了承?)

6/16/2006

ダイジョウブ?


お~!良かった~。
ブロガーの調子が悪くこの一週間は更新に手間取り、今朝からもずっとブログ更新を心がけていて何度もトライしても巧くいかず、これはもうこのブログを一旦休止するより他無いと『お知らせ-ブログを閉めます』の記事をスタンドバイしておきました。
新規ブログをオープンするにも一応調べが必要だろうし、その道にプロの甥とも話してから、、と思いもう少しで一周年を迎えるだろうこのブロガーには無料でここまでお世話になったことでもあるし、、と、このブロガーで試しにブログをもう一つ作って移行をしたらどうなのだろうとやってみたところ、何とスンナリ更新可能になっているではナイノ。
再び巧く更新が出来ないとイライラしてせっかちになる私の悪い性格が出るまた暫まではくダイジョウブ、ダイジョウブ。

ちょっと安心しすぎかな、、、。

6/13/2006

曇りの日

嫌々ながら歯科医に今朝行ってきました。
夫の急な外出でアポイントメントをキャンセルする代わりに、なかなか通院したがらない私にその日を利用して埋めることを半ば強制されてしまい行ったという次第です。
歯科医も病院も私がなかなか行きたがらない理由の一つに他患者からのものなのか帰宅後に必ず熱を出すなりの風邪の様な状態の体調を崩す事にあります。
他、親切心のものなのでしょうが一応にお喋り好きなお医者だとか、無愛想なナースだとかに気をくばるのがとても嫌なのです。
待合室でぼんやり待つ間(何故アポイントの時間きっちりには治療できないのか、クリニックは常にオーバーブック状態なのですよね。治療時間に余裕をもさせての予約をしていては収入に響く為か待たされる患者にもスケジュールがあろうものとはおかまいも無しです)小さな待合室ガラス越しに外のハイビスカスが満開なのをぼんやりと眺めたりして番を待つのです。
今朝の歯科医のアシスタントを一目見て「アッ、しまった。手のごつい例の彼だ。」
以前にも彼のゴリゴリした手が何やらの器具で口に入れるたびに私の唇を切った記憶に「今日はあまり熱心にやらなくてもいいかんね。適当でいいのだかんね」と何故か漫画家東海林さだお氏のエッセイ本ショージ君口調で心の中でつぶやいた私であります。
「いいのだかんね」と心に思ったのが通じた(とは思えないけれど)か今日は前よりも短い時間で左上唇を少しばかり切れたに過ぎなかったのに安心しました。
腕は確かなこの歯科医さん。「今日も曇り空だな~。今年はハリケーンシーズンの入って既に熱帯性嵐が数多く発生しているからね、嫌になっちゃうなァ」とお喋り好き歯科医さんはそのごつ手アシスタントとハリケーンシーズンの話に始まりさして重要とは思えないおしゃべりを続け、あまり気の無いあいずちを打ちながら歯科医の椅子に寝そべっている私の心も曇りぎみなのでした。
熱帯性低気圧はアンドリアという名の嵐となりフロリダ州を北上ノースカロライナ州に上陸しているようです。

帰宅後子供達とランチに最寄のサラダバーに出かけました。
客の入りが少ないこの時間はファーストフードの方が人気なのでしょう。
子供達は自分で勝手に好きなものだけ取れるここのサラダとチリとヨーグルトアイスクリームがお気に入りなのですが夫と私には好きなレストランではないのです。
ファーストフードを食べる感覚でサラダを食べられるのが野菜好きの我が家の3人はいつもは好物のパスタやピザもここではパスするのです。

先日よりBlogspot.comの調子が悪く写真がアップ出来ずにおります。
写真がアップにならなかったり記事の編集がスンナリトとはいかなくなってもう数週間になり、気長にアレコレやってみたり待っていた私もだんだんこのブログプロバイダーの対応の遅さに嫌気がさしてきていますが無料でお借りしている場であり文句不平をウダウダ述べるのがちょっとばかり気が引けています。(といいながらこの赤文字はナンナノダ 笑)
アップ可能になりましたら随時写真を追加したいと思いますが、その時にはこのブログに訪問の方もいなくなっているのかもしれませんね。(哀&溜息)

6/11/2006

Good Job

あら~、どうしてシンクの中で寝てるの~カメちゃん。
暗がりのバスルームで電気をパッチンとつけたらニャンが「ン?寝てたのに~」といった顔で私を見上げています。
しかも2つ並んだシンクの奥側のに寝ています。
これ、私のシンクなのです。
どうせなら留守にしている夫の方を使えばいいのに、、「ママ洗顔なの?だったらそっちの使ってよ」ですって。

勤め先に着くや否や「月曜日からシフトに一人加わりますよ。あともう一人雇い入れる予定もありますから」と主任Cさん。
あんに『ちゃんとやっていますからお店を辞めないで下さいよ』と云っているようでちょっと可笑しい。
しかも他の主任Sさんが日頃から私が壊れたままの部品設えで整頓し難い、何とかならないものかと云っていた写真額の棚を一掃し真新しいのを入れ直した。
以前の支店長は店内美化に資金を出す事がなかったので主任達は出来なかった事だったのだが2年前からの新店長はそのバジット繰りには無頓着で本社基本に沿っていれば主任達の アイデアを自由に取り入れたやり方が出来るのです。
ところがそれも入れ替わって入ってきた若い新しい主任達にはアイデアもやる気もなくてそのままになったいたのでした。
今年になって50代の主任Cさんが私の意見を基に(彼女は働き者です)棚整理が成されるようになって今では嫌々仕事をしている向きの主任長も彼なりの腰を上げる事となり、店内は確実に以前のゴタゴタさが無くなりつつあります。
結果先々週には私の一時退社中にあった昨年の無残な店舗点検査定結果に比する高成績で今年の査定成績を収めたのです。(盗難のあった薬局と酒部門は低迷、昨年と立場が入れ替わってしまいましたが)
自分の得にも成らない事ではありますけれど、何か目に見えて物事が良い方に変わっていくのは何故か心楽しい気分にさせられます。

6/09/2006

早起きの理由


体が夜勤時間体制である為なのでしょう、飛び石勤務中間の休みの日は日中に家事や諸事を済ませてホッとする午後8時頃には睡魔に襲われ早くにベッドについてしまうので朝3時頃には目が冴えてしまいます。
夏休みの退屈しのぎに私のPCでゲームを興じる孫シャーン(11才)のゲームサイトから導入されてしまう何か悪しきものが最近私のPCの調子が悪くしていて今朝もその一掃にちょっと時間を費やし、ふと窓から外を見やると明けようとしている景色が平穏です。
二階のベランダに出て朝の空気を吸ってきました。
だんだん空に明るさが増していきます。

来月の孫娘クリスティーナ(14才)のバトントワーリング全米大会出場に勤務から10日間ほど休みを貰っているのですが、それが終了後には夜勤から日中のスケジュールに変えてもらうつもりでそのリクエストを出しました。
幼少時代から体質的に睡眠が巧くバランスよく調整出来ずにいる私です。
最近では寄る年齢での疲れもあってやはり夜間睡眠の癖をつけ易いのではないかと思っての健康管理の試みでもあります。
以前の私の一時退社時にもスケジュール変えをリクエストしてなかなかそのリクエストに応えてもらえなかったのが理由で間に合わず私の退社となったと思い込んでいる支店長は今回は即時にスケジュール変え希望者を募る張り紙を出し、更に店員募集を始めたのに、少しばかりあわてさせてしまったかと恐縮もします。

6/07/2006

夏の始まり

夏はなんていったてアイスクリームが一番!とアイスクリームパーラーに顔を出した私達です。
あれ、でも冬にも「冬に食べるアイスクリームっていいね」といってたでしょう、あなた達。

毎年ながらプール遊びに忙しいデイビット(9才)は真っ黒に日焼けして写真を撮るとその後の処理をしなければ顔の表情が見え難くなってきた夏です。

日中はエアコンのきいている家の中で寝ている犬達も夜はちょっとは涼しくて空気がいっぱい吸える外がいいだろうと思うのだが「やはり皆の居る家の中の方がいいよ~」なんだそう。

カリフォルニアの夫の話では今が一番過ごしやすいらしい。
ドライなカリフォルニアも湿気の多いこちらフロリダも来月からはウンザリする猛暑がやってきます。
子供達のアイスクリームとプールの時間が増える事でしょう。



****お知らせー「風が見える時」ブログhttp://windofflorida.blogspot.com/ に”易い考え、、、” と”軽くお喋り”を更新致しました。 宜しくご愛読頂けたら幸いです。

6/06/2006

トリプル6の日


今日は2006年6月6日ということでキリスト教徒のあいだでは忌み嫌われるトリップル6の日です。
この日は6が人間の絵文字、次の6が神を指し、そしてそれらを制しようとする悪魔が3つ目の6とされある人達の間では世界破滅の人も噂されていたようです。
我が家は特に教会や日曜学校に通う宗教家ではありませんのでこの日を注しても忌み嫌い云々という事はないのですが、しかし明け方にホスピス入院中の義母の死亡連絡を受けたのがやはりこの日は私達にとっても何らかの特別な日となった次第です。
温厚純粋な天使のような心を持ち続けた義母がこの日を選んで天使の加勢の為に悪魔との戦いに挑みに行ったなどとは考えがたく、やはり天使に手を取られながら笑みを浮かべて自由に空を飛びあの世に旅立っただろう義母の顔が私の脳裏には浮かびます。
今窓から見える外の景色は雲ひとつ無い晴天で太陽がまぶしいのです。
皆様方、按ずる事はありません。今日は世の終わりではありませんよ。
今日は大きな羽根を持った天使をお供に義母の自由な旅立ちの日です。

6/04/2006

義母を想う


昨年11月の私の他ブログ「風が見える時」に掲載した事のある義母が病院チャペルに移されたとの連絡を受け夫がシカゴの双子兄弟と連れ立ってカリフォルニアに行く事となりました。
長い苦しい延命治療からやっと開放され天国へと旅立つ準備のチャペルでの日々なのです。
延命治療を施すか否かで意見が対立していた家族も今回は医者の進めもあってやっとその道を受け入れたのでした。
「これで心静かに眠りに付く事ができるのだから、これでいいのだ」と云う夫の眼にも涙が、、。
季節労働者としてテキサスからワゴン車で移動しながらの落ち着き先がカリフォルニアのシェラネバダ山脈ふもと田舎で地主の小作人小屋生活はサンウォーキング・バレーでの農作物収穫という厳しい労働条件の毎日であり、無学で極貧のそのような生活を一生を送らなければならなかった波乱の義母の一生が今静かに、しかし確かにその幕を閉じようとしているのです。
いつか義母は私に云った事があります。「私は無学で何も解らない事ばかりだけれどね、人にも大いに自慢できる事があるよ。この世に優秀だと人から誉められる子供達を産んだんだ。」
人には哀れに思える彼女の一生も多分彼女にとっては幸せだと私は信じています。

奇しくも今朝は「風が見える時」ブログhttp://www.windofflorida.blogspot.com/ に幸せと不幸についての記載を取り上げて書いたところでした。