7/31/2006

作った効果はあり?


一昨日の土曜日は夫は休み返上で中央キャンパスにおもむき、南キャンパスにある航空学部・自動車学部移籍転入学生募集フォーラムへ出かけました。
その際にデスプレイに使った自動車エンジンのプラモデルの在庫品を、このところ少し機械に興味を示しだした孫のシャーンのお土産に持ち帰り、早速彼に作らせて「よしよし、メカに強くなるぞ」とほくそえんでいる夫の心思いを知らないシャーン、「でもプラモデルより、レゴがいいな。そして、レゴよりポケモンカードやゲームがいいな。次のお土産には。」とのたまったのでありました。
親の心子知らずの典型例で在ります。(笑)

同じく一昨日から新入店員のトレーニングです。
主任Cさんが簡単な「夜勤部店員職務ガイド」なる書類を作って下さいと云われたので作りました。
本来ならはこれはマネージメント側がやらなくてはならないのでは?と思いましたが、ま、いいか。たいした書類じゃあない。(2年前にも作ったのにねェ~)
ついでに、ランチルーム皆の掲示板にもユーモア写真&文を製作、古いのと交換する事に。
このトレーニングが終わっての来週からは私は日曜日~水曜日午前7時~午後3時半の週4日勤務になります。
30代後半男性新入店員Eさんはアルジェリアからこの国に来てまだ1ヵ月半だそうで、カルチャーショックからもまだ抜けきれずにいて、この仕事に慣れるのも大変だろうなァと、少々同情してしまいました。
例えば、USドル感覚がまだピンときていないので、どれがどのお札やら、コインやらの見分けも難しく、代金の受け取りやお釣りの受け渡しにも四苦八苦といった状態で、又、どの様な商品がこの世間で市販されているのかも知らないのが今は障害となっているようです。
でも、全ては慣れの問題でしょうからね、じき慣れて、生活の一部として何ら変わりなくやっていけるはずです。
英語圏から来ているので、言葉での問題が無いだけいいですよね。

7/28/2006

ナイショね


今週から日中の勤務となるはずだったのが、色々あったらしく、懇意にしていた主任長の急な転勤も加え、今のところ勤務スケジュール表に私の名が無いのです。
私の休暇中に沢山の夜勤応募者が面接に来たのだそうですが、個人調査では皆何やら思わしくない結果が出たとかで、現在男性一人が内定しているようです。
あと、もう一人を雇う事が出来たら、私にその人達のトレーニングをして欲しいとの事で、そのメンバーがそろうまでは、以前と同じスケジュールで勤務して、待機して欲しいとの事でした。
私の休暇中から補足として現在他店勤務希望を提出中で日中勤務のAちゃんが他店へ移るまでを夜勤をするという事らしく、同年代のSちゃんと意気投合してC主任の悪口三昧に苦笑さざる得ません。
久しぶりの勤務が床掃除に日とあって、狭いながら、店内を家具移動やバスケットやカートの設置などに走り回った私の体が痛ッ。
人生体験の浅い若者は、云われない仕事は進んでやるという事はありませんから、こういう平常日課に無い勤務日は少し堪えました。
また体が勤務状態に慣れるまでの体の痛みはグッと笑顔の奥に仕舞っておいて、ナイショ、ナイショ。

休みの今日はゆっくり寝坊をして、午後からはいつもの家事洗濯、それに子供達の始業前の残る2週間をせいぜい楽しませて上げたいと思い、そのショッピングへ。
街中のお店というお店が新学期に向けてのセールでごった返している様子に、私も何だか気ぜわしく成ってしまい、疲れたァ~。

ディビッドがこの同じ敷地近所の旧クラスメート女の子の10才お誕生日パーティーに招待されていて、ウキウキしているのですが、私はちょっと考えてしまいました。
というのは、招待した各家庭にリムジンでお迎えに来るのだそう。
そしてリムジンで何処やらでのパーテー会場へ。
私個人としては、卒業パーテーや結婚パーテーには良くある事ですが、10才誕生パーテーでリムジン送迎というのが、ちょっぴり気に入りません。
考えると、クリスティーナも過去4回程リムジンでのパーテー送迎という招待がありましたが、どうして女の子の親達はこういう贅沢趣味を一種のトレンドとして施行するのかが、ちょっ私の生活思考理解からはみ出てしまうのです。
でも、そいう親御さんも自分が子供の頃に出来なかった事を、してもらえなかった事を、子にして上げられるという自分達への誇りとして実行している方も居られるでしょうし、もしかして無理も承知で一生懸命子供にしてあげる事で生きがいを見ている方もおられるでしょうし、見栄を張っても他の方たちとの付き合いを守ろうとしておられる方もいるでしょうし、人それぞれ、家庭それぞれにその生き方というのがありましょうから、ま、それはそれで良いのでしょう。
他のご家庭の事情をアレコレ思案する気は毛頭なく、デイビッドにはこういうご家庭もあれば、家族だけの暖かい言葉だけで支えられて出来ている誕生会もあるのだという事を解ってもらえるようにしたいと思う私達です。
まだ相手の立場や金額でプレゼントを選ぶ事が出来る年齢ではないディビッドが大得意で選んだ大きな箱に入った、ちょっぴり見かけ打押しかなとも思える、そのプレゼントが大バーゲンの75%オフの品だという事はこの際はナイショ、ナイショ。(笑)

7/24/2006

歓迎されて


孫娘クリスティーナのバトントワーリング全米大会へインデアナに向かう途中、昨年と同様、シカゴ郊外に住む夫の双子兄弟の家に3泊しました。
彼の韓国人ワイフと私は大の仲良しなのです。
いつもながら朝からドッサリとご馳走をテーブルに並べての大歓迎を受け、クリステーナも試合前の緊張感を充分解きほぐして大会にいどむ事ができました。
今韓国人の彼女がはまっているのは「日本のいなり寿司」だそうで、「これはスナックだから」と山ほどもお皿に作って置くのでした。

日中には皆で最寄の映画館で「パイレーツオブカリビアン2」を観に出かけました。
映画から戻るとテレビでその一昨目が放映されていて、なんだか船酔い加減となった私でした。
このテの浪漫冒険夢物語映画が今や私には感動をもたらさなくなっているのが、少々淋しい気持ちにさせられました。
夕方にはワンちゃんが駆け回るこの広い裏庭一面に蛍が飛び交い、それが素晴らしい自然のショーのようでした。

***お知らせ1ー「フロリダの風」ブログ一周年福袋企画実施中です。7月1日掲載応募方を参照下さい。締め切りまであと5日です。ふるってご応募下さいますよう、お待ちしています。

***お知らせ2-「風が見える時」ブログに”亜熱帯生活の強風家計事情 その1”を更新致しました。宜しくご愛読お願いいたします。http://www.windofflorida.blogspot.com/

7/23/2006

ただいま~

唯今戻りました。
今年の我が家一大エベントが無事終了致しました。
結果から申し上げますと、孫娘クリステーナのバトントワーリング全米大会は私達家族にとっては個人的に大成功だったと言えます。
今年からアドバンス・ジュニア(上級・13~15才-彼女はトワーリング年齢13才の最年少)でこの部の各州及び大地区タイトル保持者と次席獲得者の合計出場者は62名でした。(基本級、初級、中級そして上級とありその各級が更にタイニートット、プリテーン、ジュニア、テーンそしてシニアに分かれているのです)
全米タイトルとなるとどの種目も微妙な点数差の争いで、ある種目では上位者が同じパフォーマンスでも違う種目では下位であったりと、波乱に富んでいるわけです。
4種目6パフォーマンスを成し遂げ、総合では全米21位でしたが、そのうちモデル歩行とスピーチが5位という好成績を収めて大満足です。

ワールドオープンではソロが19位、ストラットが13位とちょっと振るわなかったのですが、1日目にあった全米上級者順位ソロが全く失敗だと思って落胆しているとその成績も22位で、好成績を収めたと思っていた彼女の親友ライバルが偶然にも21位だったのが驚きでした。
このようにフロリダ州代表の彼女の同部では彼女のライバル2人が上位だろうと予想されていたにもかかわらず、そして彼女が自分でも満足のパフォーマンスを発揮出来なかったにもかかわらず、クリステーナがトップだったのが皆の驚きともなりました。

彼女がメダルを取れたモデル歩行でのスピーチの質問は、「貴女が今のこの世代の若者として、もし、貴女に一つ願いが叶う力を与えられたとしたら、何を願いますか」との事でした。
彼女は「きっとこの大会の為にいい事を言っているのだろうと思われるかも知れませんが、私は学校の課外活動でアメリカ癌協会のメンバーとしての活動をしています。ですから真に心からの声として癌撲滅の治療法発見が私の願いです。」と答えたそうです。
インタビュー後に待ち受けていたモデルのコーチに(カンサス州に在住でモデル歩行、一般マナー、スピーチのコーチとして知名度が高い女性ですが)「こう聞かれて、こう答えました」と報告をするとコーチが「良い答えです。それにとても貴女らしい自然な答えとして私は満足です」とおっしゃったのでクリステーナは成績発表がある前から、その実の成績がどう出ても構わないとすっかり満足していたのでした。
昨年も着た同じ黄色のドレスなのに、今年は彼女が少し大人になった輝きが出たものか、知らない他の州のトワラーのお母さん達からも「お嬢さんのドレスとても映えていて素敵ですね~」と数人の方にお声を掛けて頂けたりで、昨年のとは違って気持ちがずっと明るく持てた大会でした。

7/10/2006

余暇の過ごし方は8?


棚の掃除をちょこっとしていましたらですね、仕舞い忘れていた文庫本が8冊も出てきたのですよ。「わ~ィ、やったりィ!」と思わず声がでましたですよ。
そういえば、このうちの数冊は昨年クリスマスに、吾が優しき甥のワイフ(この彼女がまたとても優しい)がもってきてくれたのを、後の楽しみに~なんて、棚奥にしまったのだったっけ。
今週末の旅のお供にしようと思いつつ、「エイっ、これを見つけて読まずにおられようか。でもちょっとだけね。」と、、。
はい、、結果、8冊ともこの3日で完読してしまいましたデス。
文庫本は薄いのです。文庫本は気楽に読めちゃうのです。文庫本は眠りの前には心地良いのです。文庫本はお勉強ではないのです。文庫本は忙しいスケジュールなんてのには関知しないのです。そして何より文庫本は面白いのです。(この何よりというのは文庫本だけでなくて本一般にいえますけれどね)
ちょっとだけと云うのが以上の言い訳いっぱい掲げての完読でありました。
読む本がなくなった今は旅行途中シカゴの書店に寄るのが楽しみな私です。(陰の声-オイ、オイ。Kristinaのバトン全米大会がメインなのですよ、お忘れなくっ!「ハ~ィ、そこはがってん、心して旅にいって参りやす」と私。)


このところ少し雨天続きなこともあってか、ボーイズの退屈しのぎは、もっぱらTVゲームです。
今日も近所のお友達が集まって、何種類かのゲームを交代で興じています。
それぞれの自宅に同じゲームがあって、集まった家で一緒に遊ぶという形が取られていて、毎日数人のお友達の家を行き来しながらのゲームらしいです。
ゲームをする事でそのゲーム進行の説明を読み進んだり、数字計算をしたり、自分の判断力を必要としたりする点では頭脳運動にはなるかと思うのですが、何せ一方通行思考力要請度が高いですので、現実生活での苦悩や、痛みを体を持って知るという事にはならず、そこが弱点と云えましょうね。今どんなゲームをもっているのか聞いてその種類の多いのにも驚きましたですよ。
PSP、ゲームボーイ・アドヴァンス&SP、任天堂64&任天堂DS, ゲーム・キューブ、プレーステーション2そしてXボックスなんだそうです。
偶然にも8種類のゲーム機が私の8冊の文庫本を思わせましたが、私にはゲームの事はナンノコッチャイで、これじゃァ道理で毎年サンタさんが、毎年大変だったのがうなずけようと思うばかりなのでアリマス。


***フロリダの風1周年記念福袋実施中、7月1日記参照の上どしどしご応募下さい。お待ちしています。

7/09/2006

とりあえず


孫娘の虫歯が痛みバトン練習に支障をきたしています。
それで歯医者さんへ。
一応救急手当てをしてもらい大会後に全面的に治療が必要らしいです。
救急手当ては係りつけ歯医者さんから連絡のその専門オフィスの方に出向いたのですが、このビル4階角治療室の眺めがとても良くて、それに南米移住者のアシスタントの女性がとても親切で、彼女はリラックスして治療を受ける事ができましたよ。

ワールドカップ熱が煮詰まってきた感じで、昨夜出勤すると主任Dさんが興奮冷めやらないおももちで話していました。「昨日スポーツTV観た?許せない!ハイチの国旗にXXチしたんだ。そして汚い言葉で黒人種を冒涜したんだよ」と、「うん、他国はヒットラーの真似までして殺人者国呼ばわりもあったぜ。」
しかしその誰もが「人生そのものの勝負と同じでさ、とりあえず仲良しにスポーツ競技の勝敗声援ができますかってんだ!」との仰せでした。
う~ん、熱狂的ファンはどこの国にも狂人的言動に走る輩が出るのは、困ったものだと冷めた私は思うのですけれどね~。

お話変わって。こちらでスイカと云えば縞模様のない細長い大きなのが普通なので、日本でよく見た小ぶりで丸く縞模様の入ったのが店頭にあったので買ってみました。
この形が珍しかったのでしょう、9才のディビッドは「あれ~、これ何?」
割ってみると皮が薄くて、種が無く、とても甘くジューシーでしたよ。


***フロリダの風一周年記念福袋実施中7月1日記参照の上、どしどしご応募下さい。お待ちしています。

7/07/2006

無理、無理

コーチから衣装のOKが出ず、また1000個のストーンを加えて貼り付けました。
今度はどうだっ!もう大丈夫だろうか。I hope.
これ以上はもう資金的にも衣装の重量にも無理というものです。
このコーチMr. Brooks Goingは先週フランスチームのコーチに招待されていてパリにあるトワラーグループの数人をコーチする予定だったのが肺炎になってしまい2日間入院してしまいコーチに行けなかったのです。
当年とって69才、高血圧、糖尿病、白内障(手術後左目に支障が)等の体力維持治療に耐えながらのコーチです。かの有名なジュリアート学校をその昔に卒業し、その温和な性格は教える子に一度でも声を荒げた事はなく、しかし向上心を見せない子や内面に光がないと判断したら「私はコーチという職業をしているので教えてくださいと親御さんに以来されればやりますがその代わり才能があると勘違いをしないように願います。才能のある子供にはそれをはっきりそう伝えてあります」との事でした。
それでクリスティーナにはコーチ代はお金があれば払えばいいし、なかったらそれでもいいしと云ってくれたのが彼女の心の支えとなってまだ続けるにいたった次第です。
さ~て、全米大会までは来週の一回が最後のコーチ付き練習です。

無理と云えば、職場での新人Hさんがとうとうお暇を出されました。
「私、この仕事が、お金が、必要なのです。でも体調も良くなくって、、。普通でない凄い出血があるんです。今は左耳に雑音が聞こえてきて、どうにも立って仕事をするのが難しい状態で、、。」と、私が心配で様子を見る度に顔色も悪く「まずは健康を取り戻すのが先決では?」と云う私に真っ向から「でも、お金が必要なんです」を繰り返すばかり。
この職場で2人のパートナーを病死で失った私はもう気が気ではないのです。
「やはり出血がひどくてこれ以上立っていられません。今日はこれで帰らせて下さい」と主任Cに申し出たのでした。彼女たった6日目の出勤でした。
「それではお帰りなさい。しかし健康が挽回するまで職場には戻らないで下さい。スケジュールに合わせて勤務を遂行できないのであれば色々他の面にも我々に不都合が出来ます。それでいいですね。健康を挽回し100パーセント勤務が出来る状態になったら支店長にその由連絡下さい。」
この主任Cさんの判断はむろん正しいものだと私も同意です。
ところがHさんは不満です。「私は雇われたからには自分の意思で仕事をし、体調が良くなければそれを報告して手立てをする権利があるはず」と。
彼女の母国パキスタンでは病身の人が職場には沢山いて各自が出来る限りでその場その場を勤めているそうな。
仕事をするのも、病死するほど身体を使うのも個人の自由であるはず、ましてやここは自由の国アメリカではないかと言うのです。
それは人権とか個人の自由とか、職場での雇用関係とかを何か勘違いしているのではないかしら。

Hさんが帰った後、Sちゃんが主任Cさんに大声で言いました。
「私、自分の仕事は全部かたずけました。これからレジ前に待機しますから私にこれ以上他の人の仕事を追加して私をHさんの二の舞にしないで下さい!既に健康を崩しているのです。」
これは私は異存は無く、それまで主任達の仕事の一端に区切りをつけて私はSちゃんにレジをまかせてHさんの遣り残しをかたずける事にしました。
主任CさんはSちゃんの態度のこれにも驚き「貴女はレジだけをするというのですか!他にも色々する事があるというのに。Hさんの分担をこの人だけにさせて貴女は何もしないで座っているというのですか!」と怒ったのであります。
以前にも云ったとおり、私が出来る事でも彼女に出来ないという事もありますし。
帰宅してこの話をしたら夫は「でもね、Cさんは上司でその上司が与える仕事をしようとしないSちゃんは間違っているよ。それにアンタと同じ職種であるのにアンタがやってSちゃんがやらないというのはやはりおかしいよ」と云うのです。 ふ~ム、どうなんだろう。
私は他の人が出来る事が私に出来ないという事がちょっと恥ずかしかったりして無理をするところがあるからSちゃんのこの態度「無理は無理」と言ったのが悪い事だとは思えませんよ。




***フロリダの風一周年福袋企画行使中(下記7月1日記事参照)どしどしご応募下さい!

7/04/2006

宇宙へ~~


独立記念日にはとっておきの企画でした。
スペースシャトルデスカバリーが発射され宇宙へ出立したのです。
航空関係になじみの我が家では欠かせないTV中継放映です。
昔夫がNASAの採用を断ってU航空会社に入社した事を「あの時の選択は間違ったものだった」との夫の思いは今さながら言ってもしょうがない。

内輪の話しついでに、
最近付き合いだした息子の彼女が最近NASAに採用されたそうだがオーランド市に移るのを迷っているとの事。
ふ~ム、私が彼女なら行きますねオーランドへ。



夫のクッキングが始まり、とうもろこしのハスクを結んで置いてあるのが何だか長い髪を結んお喋りを興じている野菜キャラのようでとてもユーモラスな感じに思えます。
このトウモロコシとステーキと海老を串にしたものをそれぞれの下味をつけてからバーベキューします。
私はアボカド・トマト・レタスのサラダ作りです。

と、夫の友人夫婦が急用が出来て来られなくなったとの連絡。
その代わり(?)息子のガールフレンドの17才の息子さんが一緒に参加する事となりました。
また、また、と、が、、私の勤務先からの連絡で健康状態の悪いスタッフ2人が出勤するに当たってスムーズに勤務が終了出来ないのを恐れて少し早めに出勤してはくれないだろうかとの要請がありました。
で、私は花火大会を断念。
今週で新人G君も大学フットボールキャンプとかで勤務を辞めるのです。
来週の私の休み期間この健康を害した二人のスケジュールはどうなるのだろう。
主任Cさんの顔が更に険しくなってきているのもちょっと心配。

***皆様フロリダの風一周年記念フロリダの風福袋企画実施中です。
詳細は7月1日掲載参照の通り。ご応募お待ちしています。

7/02/2006

独立記念日

今日7月4日は米国独立記念日です。
7月4日は全米裏々どこでもその地区のピクニックやカーニバルそして夜は花火大会に音楽の夕べと決まっています。
ニューヨークフィルやフィラデルフィアフィァハーモニーがテレビ生中継で行う音楽の夕べは毎年それは素晴らしいもので、日頃はロックやカントリーしか聴かない人達もこの日ばかりはTシャツに短パンといったいでたちに幼子を肩車したりしてこのクラシック音楽を心から楽しむのです。
ドレスアップしたり気取ってプログラムを目で追いつつのコンサートではなく、この広場の草に銘々が寝そべったり、肩をくみあって、恋人や友人そして家族達とが老いも若きも一緒に集うこの年に一回の大コンサートはそれは素晴らしい企画なのです。
このペンブルックパインズ市も例年の花火大会は盛大で南海岸沿いにはマイアミ市の花火、南東にミラマー市、東にハリウッド市、北にフォートローダデール市の花火が見えそれが終わってもまだグランドフィナーレが高々と鳴り響いているという状態です。
公園の草むらに毛布を敷き寝そべって見上げる大花火は何とも痛快なものです。

我が家の今日は夫の勤務先カップルと息子のガールフレンドも参加しての夫のバーベキュー夕食の後ペンブルック市の花火大会へ行く予定です。
私はそれから勤務先へ直行となります。
先週は勤めだして5日で新人Hさんがダウン、数日休んでしまいオマケにパートナーSちゃんも高血圧(若さに相反して)で数日間を休んでいて昨日の一日だけが私の休みとなる忙しい週でした。
さて、今晩の勤務にはどのメンバーがきているものやら、いないやら、、。

私のPCの調子が戻りつつあります。
今朝は長らくご無沙汰していた数人の方のブログのコンタクトが出来て、本当に一安心です。
どうやら私のサイトURLを受け付けてくれない事が解り、URLを表示しなければコメント欄に書き込みが出来る事が判明したのです。
多分にブログスポット自体に怪しいメンバーが入り込みすぎていたものでしょうか、インターネットエクスプローラーを通して繋がってもお相手プロバイダー側ではブログスポットは受け入れ拒否URLの一つだとされているのかもしれませんね。
私自身にPCの知識があれば問題は簡単な事なのかもしれません。
ここ数ヶ月はご迷惑をおかけした皆様にこの場を借りてご連絡報告とさせて頂きました。

***フロリダの風一周年福袋企画行使中(下記7月1日記事参照)どしどしご応募下さい!

7/01/2006

ブログ一周年企画です


6月は終わり、いよいよあと10日程でこのブログ建設一周年となります。
特別に趣味やタレントがあるわけではない私の唯々思うがままの、生活のの風を受けて生きるがままの毎日の自分勝手気まま寄稿にもかかわらず、心優しい方達の訪問と交流で今日まで迎えてこられました。
ここで今ある私の感謝の気持ちを少しでもこのブログに反映したいと心から願い何かお楽しみ企画を催したいと思いながらもこれといってとりえの無い私にはその名案が浮かびません。
しかもその一周年を迎える日には孫娘クリステイーナのバトントワーリング全米大会出場の付き添いで10日間程ブログ休載をしなくてはならないのです。
そこで内容を隠して’フロリダの風福袋’なるものを用意することに致しました。
何が入っているか解らないというのが受け取って嬉しいのかどうかですが、しかし、受け取るまでの「何かな~ワクワク感」だけでも味わってもらえるというのが私の思惑でアリマス。(ははは、手抜き企画です)
どうぞ皆様いつも私とお話をしている人も、そうでなくて初めて何故か今このブログにたどり着いて読んでいる方もどしどしご応募ください。
応募方は私のプロファイルにあるメール先にそちらの住所(日本語かな振り付きでお願いいたします)と「こんなのが当たったら嬉しいなァ~。でも違うだろうなァ~」というような内容のメール頂きたいです。
先に一つ云っておきますが、この福袋には車、エレクトロニックス製品、美術骨董品、高価宝石、家、土地等は入っておりません。
アシカラズ(笑)
締め切りは7月いっぱいです。皆様からのメールお待ちしています。

さて、2週間後に迫った孫娘のバトントワーリング全米大会、衣装のストーン貼り付けも終わりました。
左がソロ(トワーリング技術)に着用ので当初計画より追加で訳3000個、右のはストラット(フォームバトンダンス)用で約4000個のキラキラです。
今年は少し大人になった彼女がストラットドレスの石の貼り付け作業をしました。
写真では光の反射が巧く見えないのですが実物はキラりキラキラ輝くのです。
この石の1000ドルかかったのが私の(懐具合の痛恨による)涙と同じくらいにキラキララ・・・。 笑
そして又これが彼女には練習の汗と同じ位に輝いてくれるものだと思われ、成果はどう出ても彼女が誇りをもってこの衣装を着ることには違いは無いものと信じています。