11/25/2007

ゆっくりお休み

感謝祭の後は、どこのご家庭も残り物の七面鳥の処理料理でターキーサンドウィチやターキースープに、皆ちょっとうんざりぎみ食卓だと想像されます。我が家もしかり。
で、今晩はやっと七面鳥が終わり、BBQステーキのあまり肉を利用してカレーです。
パンプキンパイも皆のお腹に納まり、今日はクリスティーナがチョコレートチップクッキーを焼きました。(出来上がりのドウなので、ただ形を整えて焼くだけのものですが)
夫と子供達は4連休だったので、私はこの土、日の休みをゆっくり楽しみましたよ。
夫はTVでフットボール観戦がありますし、私は掃除洗濯に休みはないので、子供達だけをモールにドロップオフしてクリスマスショッピング第一弾としました。
子供達を迎えに行くまでの家事の合間々々にTVを見たり、PCを楽しむことが出来ました。

11/24/2007

次はいよいよ。



感謝祭前日に勤務先のドラッグストアで”ご苦労さんパーティー”があり、皆で料理の持ち寄りランチが開かれました。この日は実は皆の知らない、私の誕生日でして、(多分に支店長&主任長が承知でこの日を選んだと、小鳥が知らせてくれましたデス)多いに皆の自慢料理やら、好みの店料理やらを楽しめるだろうと思いきや、、、ま、トリッキー古参女史に「どうぞ一番先にお昼にいらして下さい」と、してやられましたです。で、私は皆の料理セットをされないうちの私がもってきたフルーツタルト2つ(自分でもってきたのでそれを初めに食べる訳にもいかず)と写真・カメラ課の女性が持ってきてあった大なべの南米パエリアだけとこれまた私がもってきたハニーレモン・パスタサラダで頂きました。
『食べ物の恨みは怖いノダ』という日本の言い回しはこのアメリカ人古参女史には通じないだろうから、仕方ないかッ。
しかし、このパエリアはと~ってもデリシャスでしたよ~。レシピー頂いたので、今度作ってみようかな。
いや、夫にレシピーあげようっと。ははは。

感謝祭とその翌日の全米一大セール日・ブラックフライデーも終わり、ハイ、次に控えるは、いよいよ子供達待望のクリスマスでありますよ。
感謝祭は日本では帰省者や訪問者の多いお盆時期の感覚で、家族・友人達が集う日であり、車ガソリン会社及び航空会社にとっては年一の混雑多忙そして年収上昇時期でもあります。
しかし、今年は例年に比べて不景気らしく、人々のお財布の紐も固いとの報道で、借金で倒産や自己破産者が多く出る暗い年らしいのです。
感謝祭日も出勤でした。支店長及び主任長が祭日休みなので(とにかく家族の日ですから)私が主任のフォロー役をしなくてはならなかったわけです。適当に店は混雑し、300人程の接客をしました。
帰宅すると恒例の夫の七面鳥やキャンデッド・スィートポテトやらが待っていてくれました。
良い感謝祭日でした。

11/17/2007

ブラックフライデー


いやはや、声が出ない出勤は散々でありました。薬局が病人のような声のアナウンスでは、逆宣伝効果というものですッ!しかし、未だに声が戻っていません。
声が出ない部分は余計に過大スマイルを持って接客したのですが、来る人来る人、私をハンデキャップを持つ人間と思ったものか、「貴女の笑顔が何とも素晴らしい」と同情絶賛されてしまいました。(接客係りとしてはこれは減点ですよ)

私のサジェスチョンボックスが各支店に設置されることとなり、今回は飲酒物課のミックスドリンクのレシピをネットサーチして造る事に同意、直ぐサンプルを提出すると大受けされて(とても素人の手造りカードとしか見えないのですけれどね)5枚ほど作りました。
主任長から支店長のリクエストで地区長に私をプロモ(接客、宣伝、セール)のポジションを新年度には組む動きがある事を知らされました。やる事は今と変わらないわけですから、給金が上がるポジションをもうけられるのは多いに嬉しい事です。それが実際にそのようになるかどうかは解りません。何せ大きなチェーン店の小さな一員に過ぎない私ですから。そういう動きがあるという事だけでも、嬉しいです。

この週は恒例のブラックフライデーがあります。(赤字経営を黒字に出来るほどの全米年中一大セール日)
金曜は私の定休日なのですけれど、朝7時からの半日大セールの助っ人として半日出勤する事になりました。
この日は他デパート等も開店朝5時といった具合なのですよ。

余談ですけれど、16日は私達夫婦の39回目の結婚記念日であります。
毎年『マア、お互いよく持ったこと』と言うのは同じですけれど、39年前には、『フロリダ住まい、夫大学務め、妻ドラッグストア、3人の孫の世話』とはまさかの、マサカのMASAKAの世界でありました。笑 本当に人生は侭ならない。

11/11/2007

愚痴にお付き合いを

夫が休暇であったり、私が体調をちとばかり崩したりで、殆どこの所夫の手料理です。どうです、このBBQリブとコーン、美味しそうでしょう?特別なタレで美味しかったですよ。でも明日からはまた私にバトンタッチ。
声が出なくなって一週間、明日はいよいよ平常出勤だというのに、今日の調子は1/3といった感じだ。
こういう時にはどこかの宗教家(?)の方だと、「貴女は言ってはいけない事を話し過ぎた事があるでしょう。それが災いして戒められたのかもしれませんよ。」とおっしゃるかもしれない。
ふ~ム、心覚えが無いでもない。
だとしたら、ここに内輪話でもゴシップ的憤懣を書くのは、私の腕や指を痛める原因をつくるかもしれないねェ。
でも、いい。今日は明日の勤務に向けて、ストレス解消といきますゾ!

実は子供達のママのママ、つまりもう一人の彼等のグランマが9月からママの所に来ています。
といっても、来週にはハワイに戻られるらしい。
一昨年も9月に娘と同居するつもりでやって来て、娘とはソリが合わないと2ヶ月で帰っていったのです。その時も私達の所へ来て、「貴方達が孫の生活を守ってくれている事に感謝します。しょうがない娘ですが、自分の娘には違いなく可愛いものですが、私とは考えが違いすぎます。どうか今後も孫達のことを宜しくお願いします」と頭を下げておられた。
今回はお顔を合わせてもいない。このまま合わないでお帰りになるようだ。
フィリピン人の彼女は一昨年まで長年に渡り高校で掃除婦をしておられ、生活は決して楽なものではない。しかし、働き者の彼女はフィリピンの親族に仕送りをしたり、また、もう一人の娘(つまり、孫達の叔母)家族と同居で娘夫婦、その母親と共同生活で孫3人男の子達の世話をしている。
娘の生活での借金を肩代わりに来て、今後来春までは同居するつもりだったらしい。
娘が孫達の生活費には一セントも支払いもしていないのに驚いたようだ。たぶん、それで私達には顔向け出来ないと思っているものか、または娘の苦しい生活は私達に裁判決議の教育費を支払っている為と思ったのかは解らない。(無論私達への法的判決の教育費など一切支払われてはおらず、今現在で彼女の返済額は15,000ドルにもなります。)
と、言う訳で、私のいい加減性格もこの吾が3人の孫が不憫と思うが故の義務&愛情から何とか普通に保たれていっているのかもしれませんね。(それと、律儀夫のコントロールもあって?)
今日は思いっきり内輪ゴシップ公開記事でした。

11/10/2007

甘えたいのね




風邪をひいたせいで、声が出なくなってしまった。今日で6日目のヒソヒソ声である。
医者に抗生物質をもらい、なるべく声を出さないで会話などしないようと云われました。こういう時は世の夫達は「へへ、これでうるさくない」と喜ぶのでしょうね。笑
これが、とても不便です。電話に出られない。出るとヒソヒソ声で答えるものだから、相手がいたずら電話受信と思ってか、聞こえない為か、すぐ切られてしまうか、何度も「ハロー、ハロー」を繰り返すのです。
明後日までに声が出てくれないことには、出勤時に不都合はなはだしい。困ったァ!
カメニャンもクシュン、クシュンと鼻水垂らして調子が悪いのです。(画像は”ァ、またクシャミ出そうッ”の顔)

この2,3日とても素敵な秋晴れです。家中の窓を開けて空気の入れ替えもして爽やかな天候に日が眩しいのです。が、ちょっぴり肌寒く、風が少し強いので亜熱帯性気候独特な湿気も低くて、私には心地良く感じられるのも、高湿気に慣れたフロレディアンには寒すぎると感じているようで、もっぱら北からの(寒い地方に住んでいる方々)出身者がこの秋空を楽しんでいるなか、地元の人は風邪にかかっていて、薬局が大繁盛の状態です。風邪予防接種が各地で無料摂取日を設定しています。

我が家の子供達が元気であるのが、幸い。彼等はそれぞれにアレルギー体質ではあるものの、混血である為も助けとなって、または、雑菌の免疫抵抗力が少しばかり強いようで、滅多に寝込むほどの病気にはかかることが少ないようですよ。

タイル床が老犬ロキシーに冷たいだろうと、猫枕をおいて一眠りしたところを写真に撮りました。数分後アップの写真を撮ろうと思って見ると、ヤキモチクッキーがすっかり猫枕を占領して寝ていました。
最近私達家族が老犬ロキシーの体調を気使うのが、クッキーにはとても口惜しいところらしく、ロキシーを撫ぜたりすると側に来てキューン、キューンと甘え鳴きをするようになりました。
これは、未だに、というより今はもっと敵意態度、行動をあらわにして私の気を自分に向けようとするディビッド(10才半)とシャーン(もう直ぐ14才)の戦いのようでもあります。
彼等の心の中は愛されるという事が不確かであり、競争動物本能の様であり、(両親が自分を愛してくれているかが常に心配でもあり)なんとも不憫です。


11/04/2007

ハイ、まだ次がある




ハロウィンセールを終えて勤務スケジュールをみると、アレ、私の休暇は無く、普通に勤務していることになってる。
やれやれ、と思っていると、ブックキーパーから「支店長がスケジュールしわすれたのですって。ヴァケーションは休みに続けて来週とって下さい。こちらはなんとかしますから」と家に電話があった。
で、一昨日の定休日に続けると10日間のお休みで~す。

と、ここまでは良かったのですが、あろうことか、風邪にかかって床にふしてしまったのでアリマス。ウンがついてないったらありゃしない!
2日間ゼィ、ゼィ・ウン、ウンのありさまは、無様でありますねェ。
何故か気が引き締まっていない私です。
横になっている私の大窓から秋風が心地良く吹き晴天大空の下ではスポーツを興じたり、散歩したりには最適な天候なのです。
この一週間は夫がヴァケーションをとってありましたので、ずっと夕食つくりをうけもってくれたのですよ。数年前とは違い、体力にも限度を感じていますから、家の修理などはあまりしませんでした。
水道蛇口が甘くなっていたのを直し、新しいブラインドを子供達の部屋につけたり、シャワーカーテンを取り替えたりしたくらいです。

して、わたしの一週間はというと、う~ん、何も新しい事はしないでしょうね。
家事をしたり、山となった洗濯物と奮闘したり、せめて少し本は読みたいなとは、おもっているのですけれど。
ブログに何か新鮮な記事を載せたいものだと思っていても、な~んにも起きない平常生活、、。(色々廻りを探し回ったりしないのでね。根がモノグサなもので。)
じゃあ、今日のタイトルの「次がある」とはなんじゃいね?ごもっとも。これは私の忙しい日々こと。
(子供達の迎え、山の洗濯、仕事場でのセール設定、それにゴホンと出る咳をぐっと飲み込む術‐等など、、笑)

諸事次がひかえている私の人生、まだ続きそうですよ。