6/10/2012

修理と掃除

数ヶ月ぶりでママが迎えにきて、一緒にビーチに行くとかで、嬉しそうに出かけていったボーイズです。大きくなっても母親が恋しいのは、人間の本能でもあるのでしょうから、ボーイズがせいぜい母親に甘えて一日を楽しく過ごす事を私も心から希望しています。
今日はビーチ日和です。
ボーイズの洗面場のシャワーの水漏れがあるとかで、夫は昨日、今日と2日間でシャワー蛇口の取り替え作業をしています。完全に直るまでの間は私達寝室のシャワールームをボーイズに使わせているのですが、やはり落ち着かないものか二人ともカラスの行水のごとく短時間で終わらせているようです。
夫が心臓の病気を抱えるまでは、日曜大工が趣味で家の一軒をまるまる建てる事が出来るほどの知識と技術をもっていて、ハワイ在住の頃は遊戯ルームをこしらえたり、新しくシャワールームを建て増したり、石タイルでファミリールームと台所を改造したり、家の外装、内装の大掛かりな作業も人を雇わずに独りでやってのけたものです。
今は体力的に無理がありますので、家のあちらこちらにガタがきているのですが、殆どの修復は半分でずっと先延ばしにしたままですが、緊急事態でない限りには生活に支障がないので、そのままの状態が続いています。根が極貧出身者であることからも、よほどの事でもないと、人を雇ってまでは作業を終わらせたいとは思えないのでしょう。

さて、これからスティーム・クリーナーで台所のタイルの汚れをケアしなくてはいけません。
雨天が多いと、それだけ多くのアリの群がカメニャンの餌に列をなしているわけで、殺虫剤では退治をするわけにはいかないだけに、毎日の床掃除に汗だくの私なわけですよ。
今日は修理と掃除の話だけで、つまらないですね。
でも、私のまわりでは興味深い事件や、面白い話やらが起きそうにない、極ふつーうの暮らしぶりなのですもン。