7/12/2012

タイトルなし

今朝のニュースで癌細胞を死滅させる新薬の話が放映されていました。
ここ数年の医療科学が進化が頼もしくも思われる話題です。
夫の心臓病にしても、今の進んだ技術あっての命なのだと、つくずく感じています。
今月末には再度頚動脈手術の必要があるとの事で、今週は連日術前身体検査に通院しており、当人も「生命保持想定内の通常必要治療の一環」として楽観しているようです。

数年ぶりでワシントン州に在住の夫の兄嫁ジュデイと電話で会話をしました。夫の兄ジェイムズのアルツハイマー症が進行したので、州の施設に入院させたとの連絡でした。
10代の頃には行き来していたのが、月日と共にそれぞれの生活ですっかり疎遠になってしまい、今こうしてお互いの孫の話と、健康状態を報告し合うのが、『本当に、遠くに来てしまったものだ』と今更ながら感じさせられました。
昨日は一日家の車庫ドアを開けえ放していたので、ずっと車庫の中にお隣のカメールちゃんが外で私を待ちかまえていたようで、食事中に写真を撮るると、家のカメニャン同様に鼻周りに餌をつけたままで、「何?それ、カメラ?何して遊んでくれるの~」とばかりにぐっとカメラに寄って来るので、良いシャッターチャンスが出来ません。笑

家の中にも入って来ようとするのですが、カメニャンとは”大嫌い同士”なので、ここは、長老のカメニャンへの心使いが大事なので、カメールちゃんにはお帰り頂く様にしているので、我が家の前で家人の帰宅を待ち受けているわけですが、このカメールちゃんにも毎日夕方にはお隣の奥さんが病院看護勤務を終えて帰宅後には、お迎えにきます。
毛がフサフサカメールちゃん、今はすっかり夏の薄着コートになってます。