9/08/2012

記念リング

来年が卒業12年生のShaunは昨年のうちにクラスリングを受理しましたが、9年生のDavidにも2015クラス・リングのオーダー書類が送られてきましたが、ちょっと変わった性格というか、3人兄弟のなかでも、彼だけが、クラスリングは別に欲しくないと云います。
その代わりに部活で優勝を収めたチャンピオン・リングが欲しいと云うので、その購入に行ってきました。
姉のKristinaが2008年の世界チャンピョン優勝の時は高校がメンバー全員にこの栄誉を称えて贈ってくれたのですが、2012年優勝者には学校の予算が無いとかで、希望者のみの自費購入となったわけです。
全米どの地域でもクラスリング、スクールアイテムなど、昔からずっとありますが、今の日本での学生生活はどうなのか定かではありませんけれど、私の高校時代にはクラスリングとか部活記念グッズなど全く無かったと記憶しています。
このりングをはめたら、また少し大人に近くなったと思ってか、今日の彼の目は輝いています。(でも、すぐに無くしたり、他に代わるリングになるのかも、、ですね。)

今晩の夕食はDavidが彼の少ないレーパートリーのなかから簡単料理のメキシカンハヒタをつくってくれるようです。