10/12/2012

番組チェック

昨日ShaunとDavidが遠征大会に出かけていき、今朝は早起きして朝食を作る事をしなくても良くて、寝室から出るのが遅かったので、モーニングコールがいつもより長くせねばならなかったカメニャンはすっかり疲れ顔で寝入ってるようです。
マーチングバンドのパフォーマンスをユーチューブで調べていると、日本体育大学の集団行動のパフォーマンスの動画があってそれを観て、とても感動しました。
と、いつものTV番組ブログに「集団行動3時間スペシャル」とあるではないですか。
私個人は大抵のスポーツを見るのが好きなほうですが、特に、オリンピックの新体操にも夢中になったように、ダンスやマーチや音楽が関わったスポーツを鑑賞するのが大好きなんです。
今頃、我が家のボーイズは必死になってパフォーマンスを繰り広げていることでしょう。
優勝しても、しなくてもその場、その時を全力を注いで青春を謳歌してもらいたいと心から願っています。



昨夜の副大統領候補選のデベイトは面白いものでした。
経験豊かで心から大衆の生活向上に努める賢者現副大統領バイドンと富豪社会形成に肩入れをするロムニー氏の支持者の実践不可企画を打ち出す若手ライアン氏では完全なるバイドン副大統領が有利とみました。
多くの視聴者や評論家がバイドン副大統領の笑顔と笑いに批判的な表現をしていましたが、あれこそ私にはライアン氏の上面で真実を塗り替えたトークにあきれ返った副大統領の様子だったのだと容易に察しられました。
オバマ大統領、バイドン副大統領は両者とも司会者の質問には即答するのに対し、ロムニー議員、ライアン議員には共通して質問を他の話に摩り替えたり、身近な手頃ほのぼの話しをしたりで、結局はその質問に対してハッキリと答えを出さないといった、実際の腹に含むものを出せないといった煮え切らなさがあり、どうにも信用ならないといった感じでした。
来週のオバマVsロムニー第2回戦が注目です。