10/31/2012

ハッピーハロウィーン

http://www.graphicsgrotto.com/
広域にわたる米北東部3州が嵐サンディによる膨大な被害を負ったようで、復興が急がされています。
家屋と街を失い、多くの負傷者・行方不明者がいまだ大勢いるという現在時点、子供達にはお楽しみ年中行事のハロウィーンを迎える事が出来ない被害地の方々の生活が案じられるばかりです。

ハロウィーンの今日、この近辺は、暑苦しい着包みや、特殊化粧やらの仮装姿で騒ぐ日には、うってつけの涼しい天候に恵まれています。
何時と違い、肌寒さが身に感じられるからなのか、この数日間のカメニャンは人肌密着を決め込んでいて、隙あらば私の胸部よじ登っては私に張り付いてきて、私は思うように動きが取れない事も、、。
今夜のキャンディ配りは夫がやってくれる事を期待していますが、どのようなトリック・オア・トリーター達がやってくるのかは、ちょっぴり楽しみです。

今日夫は有給休暇を取って、スクリーンハウス(プールとパテオを囲んだ網戸ハウス)掃除をしています。
心臓に爆弾を抱えて生きている人ですので、若い時のように大きなハウスプロジェクトはもう出来ないのですが、土を舐めるような極貧幼少生活を送ってきて今ある彼にとっては、それなりの資金を賭けて人を雇っても半端な仕事をされるのが我慢ならないのでしょう。プロの掃除会社がやった昨年の掃除には不満があって、自分の作業技術がもっと長けている事を自負し、昨日はより高性能な噴射清掃機を購入してきて作業を始めた次第です。
プール写真手前に渡された鉄橋は2年前に購入した3段式渡り橋なのですが、これを購入して掃除にかかろうとした矢先一旦ドクターストップで、以来この重い渡し橋を動かしていません。いつか息子がこれを使って、外掃除をしてくれるといいのですけれど、「ンなわけ、ないよね~」です。