1/29/2013

ニャンのモーニングコール

家族で最寄のレストラン、バハマブリーズに行ってきました。(Bahama Breeze Restaurant) 若い頃に職務でホテルやレストランなどの下見で食べ歩きを強いられたせいなのか、私はあまり外食を好みません。しかし、昨夜はボーイズのたってのリクエストで最寄のレストランに出かけました。
バハマ料理は特に好きというわけではないのですが、スパイスの効いた料理もそれはそれでとても美味しく頂く事ができました。
しかし、魚介類はその時の体調によってアレルギー症状が出るこの私は、貝類が少々ばかり夜中に暴れた模様で睡眠をさまたげられて、残念な結果に。哀(写真は魚介パエア)
そんな、こんなで、ちょっぴり朝寝坊を決め込んでいると、カメニャンのモーニングコールもあの手この手で、昨日より新手が加わりましたゾ。
クシュン、クシュンとくしゃみをしてから次は野ウサギ伝達よろしく床を後ろ足でタンタンタカタンと打ち付けて音を出すようになりました。
「お前はウサギか」と起きて睨んだら、「うニャン」ですと。
(アンタはカメニャンだろうが。誰かにウサギとカメの話でも聞かされたのかィ?)

どこのお家のニャンちゃんたちもやはりあの手この手でモーニングコールに励むらしく、ユーチューブに朝の5時にドアストッパーで騒ぐBooちゃんの動画を観て笑ってしまいました。 ハハハハ。

1/28/2013

好天気のチリクックオフデー

私はカントリーミュージックのファンではありませんので、あまり興味を持ってこの日を待っていたわけでは無いのですが、今日はこの街では全国的にお祭り騒ぎをする恒例のチリ・クックオフとローカルラジオ放送局KISS 99.5 主催のカントリーミュウジック祭が催されています。
我が家から車で5分の会場であるCBスミス公園では、朝の1時から開園を待つ人達が行列をなしていたそうですよ。
チリ料理コンテストに参加する全米から集まった人々と応援家族とあち仲間達で2万5000のチケットは3日前に完売したそうな。
今日は野外行事には打って付けの好天気で、北部州では吹雪の害が酷いらしいこの厳冬もここフロリダ・ペンブルックパイン市ではT-シャツに短パン姿の人々が汗を拭き拭き料理の腕をふるっているわけですね。
チリクックオフに参加した事は一度もありませんが、私個人は例えそれがベティクロッカー料理本のレシピー通りのものであって特別工夫を凝らしたクックオフ賞を取ったものではなくとも、いつもの夫の作るチリが一番好きです。

夕食は外でと思っていたのですが、この催しが終わらない事には混雑で交通麻痺でしょうから最寄のレストランに行くにも大変に違いないと即計画を断念しました。

1/23/2013

これって必要なの?

薬局に目薬を取りに行ってきました。
来月初めに左目の(角膜欠損症やら、何やらかにやらを含めての)矯正手術をするにあたり4種類もの目薬を処方されて、面倒くさい事といったら、、。
一つは術前1ヶ月から、次のは術前1週間前から、次のは3日前から投滴で4個目のは術日から術後1ヶ月投滴するものなんですって。薬や手術は保険でカバー後の残高ン百ドル、いえ、千ドルを越す費用がワタシメの懐から出る羽目になってしまいます。
しかし、こんな手術、今の私に本当に必要なのかしら。
今は右目は眼鏡で、普通にみえていますから凹凸がはっきりしないので車の運転がちょっと不都合ではありますが私的にはあまり不便な暮らしではないと思っているのですよ。

このところカメニャンはとてもよく食べるので、すこし丸みをおびてきたようです。家族の誰の顔をみては「にゃんにゃこ~にゃん~~」(訳:何か美味しいものないのぉ~~)と騒ぎ立てます。
あまり自分で毛つくろいをしないので、(うまく自分の姿勢を保てなくて)私の膝に乗ると私はここぞとばかりに、鋤ブラシですくんわけです。やればやるだけゴッソリ毛が抜け落ちて、もう一匹猫ができそうなほどの毛山になります。
でも当人(いや、当猫)はこのブラッシングがとても迷惑らしくて、私がブラシをあてるとそそくさと逃げていきます。
この時の彼女の「にゃんにゃこ~にゃん~~~」は「これって必要なの?やめてよ、好きで毛をボソボソにしてんだから~」です。

今日ちょっとスマホのアプリで遊んでみました。
一番笑えたのが、この翻訳アプリです。
日本語でマイクに言葉を話すと、美しい女性の声でその英訳された言葉が返ってくるのですが、私の私語が聞き取れないのか、又は誤訳されてしまうものか、文法も会話もメチャメチャで、面白いの何の。笑
所詮、機械が人間の声を判断しての決して精巧なしろものではないため、四角四面な会話と単語かお遊びのみにこのアプリは使われるものに違いありません。
どの国の言葉も即座に翻訳するので、使いようでは便利なものだと思われますが、私にこのアプリは必要になるかどうかは今のところ見当もつきませんけれどね。
あと、いろいろ他にもゲームを試してみたりのアプリで楽しい午後でした。


1/22/2013

大統領就任式に思う

昨日は一日を通してオバマ大統領の2期就任式をテレビで観ました。陸軍バンドが厳かに、かつ誇らしげに演奏するのを観て、Kristinaの元彼であった故マイルズが4年前にそこに居たのを思って、つい彼の姿を重ね観た思いです。
4年前の就任式に参加演奏をした彼が私達にワシントンポスト新聞の就任日特別号外を持ち帰ってくれたのでした。
もしもKristinaが私達と同じに就任式をテレビで観ていたとしたら、やはり私と同じに故マイルズを偲び辛く感じているのかもしれないと思うと、ちょっぴり心が痛みました。
ともあれ、感激の就任式の様子を私も心からお祝いし満足の一日でた。
経済立て直し、銃規制法、医療補償制度等々、これからが大変な任務期間となるでしょうが、このオバマ大統領2期目の就任式が富豪者層優先政治を強いるべくロムニーの就任式と成らなかった事が何よりでした。





1/19/2013

過去からのお別れ


私物整理ついでにクローゼットの肥やしにしかなっていないKristinaのボールルームガウン4枚とパフォーマンスドレス5枚を彼女に処分するなり、何なり事由にさせようと思い彼女に渡したらクローゼットの中が急に寂しくなりました。
私自身がデザインしたものや、それを着てクラウンを射止めたものやら、その12年間を彼女と一緒にある時期には大きな夢をもって行動を共にした品々を手放すのは、ちょっとばかりセンチメンタルな気分にさせられましたが、もうパフォーマンスやページェントには関係なくなった今の彼女の暮らしには邪魔物として処分されるのか、それとも自分の生きた証として大事に扱われるかは成人となった彼女の考えに任せることにしました。
私が過去の物に執着をもっていれば、彼女も前には進めないでいるのかもしれません。
いつの時も、ずっとトップで頑張って来た彼女は現在のバイト生活での暮らしぶりギャップが心に何か偲びがたいものを抱えさせているに違いないと私は察しています。

孫3人の親代わりをして20年間中、幸い3人とも学業にも好成績であり、高校では2年の飛び級を許されたにもかかわらず何故か上の二人(Kristina & Shaun)は奨学金授与の飛び級を拒否したのが、私には解せないところでした。しかし昨日末っ子のDavidが夫の大学が受け入れ先である事もあってか、飛び級を受け入れるとの事で、この秋からはボーイズは大学生で、孫3人が大学生となります。
子供達が幼少時代を過ぎ今現在は一応一段落したかの感じはありますが、いえいえ、親代わりというのは一生のものだと心する事にしています。
その時、その時で過去からお別れして前に進むしかありません。


1/18/2013

機械音痴の脳誤作動

今朝はいつものように、いつもの時間に、いつものメールチェックからはじまり、これからはまたいつものようにいつもの家事をし、いあつもの日常に入るところです。
お友達ブログにおとずれて、コメント欄に書き込みをしていると、またかぁ、、私の書き込みがサッと消えて、、どこへ行ったものやら、、、。
人間の体には常に微量の電流が流れているのはご承知のとおりですが、何だかなぁ、私は他人よりそこがちっとばかり多量電流らしいのです。
今までに何台のPCやタブレットを駄目にしてきた事やら、、。
それは単に私の機械の扱いが悪いせいじゃないの?と思われた方も多いでしょうが、自身では接客業のPCハンドルで不都合をきたすに至るほどになって、不便な点が多すぎるようになった事もあって、これは私の体調問題であるかもしれないと思っています。
一例を挙げますと、新式のレジに全店が取り替えられた時は、指をレジの文字盤に近くポイントするだけで、勝手にキーが始動したり、打ちもしないキーが勝手にオフィスの親機のレシートキーを操作したりするに至っては、(全て悪い方には表面化しないものでしたが)このままでは私個人の信用にも関わるのではないかと、少なからず、気使いが必要となっていました。
今のところ手でホールドするスマホにはカバーがかかっている時にはさほどの影響が出ていない気がします。
ただ、ボーイズが私がしていないスマホから連絡がはいったとか、向こうからかけても一度は必ず勝手に切れてしまうらしいというのが日常茶飯事です。それで皆は私がかなりの機械音痴だと思っているようです。もっとた、確かに英語の説明書を読んたり(日本語でもですけれど)、書類の解説解読は苦手な私です。
それで、感じや感とだけで物事を学び知ろうとする悪い癖がより、頭脳回転を正しい能力部を妨げて、私の体の中で誤作動を起のかもしれ
ないですね。
「だからアンタが本物の機械音痴なんだってば、認めなさいよ」
はい。

1/17/2013

ハート3プラス

私物整理をしていたら、なんと、この正月日を紛失したと思って再発行に時間を費やした運転免許証が出てきました。
これだよ。洒落にもなりません。
結局無くしたと慌てふためいた日を暮らした社会人証明書と免許書は、実際のところは家の中にあったというお粗末なお話でした。
http://www.graphicsgrotto.com/

2013年はボンヤリもいい加減にして心して生きよ、という天からのお告げなのかもしれませんね。気をつけるようにしましょう。


この一週間はボーイズの期末試験で半ドンの毎日です。
今日は最終試日という事で、下校次第Kristinaのバイト先のイタリアンレストランでランチをする事にしています。近くにすんでいながら滅多に顔を合わせることがなくなってしまった彼女ですが、ボーイズにとっては今も大事な姉なのですよ。
月曜日はマーチンルターキングJrの記念日代休で、明日金曜日は試験採点日ということでお休みですから、ボーイズは4連休です。

最近カメいニャンの体調が良いらしく、眼に輝きが戻っていて、痴呆症的行動が殆どみられなくなりました。
実はですね、昨年秋にフラフラして歩き回っていたカメニャンの足を誤って踏みつけてしまい、その時カメニャンが「ギャオン!!」と驚きの声を上げて飛び上がったのですが、そのショックが脳神経を繋げたものかそれ以来眼に輝きが戻り、普通行動を常に保っているようなのです。
これって、どう思います?

カメニャンを含め家族や友人達皆が日常を健康で暮らして欲しいと願う毎日です。

1/14/2013

エンタテイメントでのプチ知識

日本各地は都心も含めこの成人式の今日は大雪とか聞き及びました。
こちらでは少しの肌寒さを感じるこの頃を室内エアコン無しの暮らしぶりで、「僕の部屋は暑くてかなわないよっ」とShaunが不平を述べています。

そんな中でフロリダ州始め、全国で大変危険なインフルエンザが死亡者を出している様子で、ニューヨークから菌を持ち帰り気味な息子に今週は来なくてもいいと思っていた矢先の帰省で、ホラ見たことか、当人はゴホゴホ咳を出して迷惑な事、甚だしいといった風です。

日本のお正月番組をネットで夢中になっている間に2013年ゴールデングローブ・アカデミー賞を見落としました。
日本の番組も本当はテレビの大画面にPCを繋げて観たいのですが、夫と息子が来週末でシーズンが終了するプロフットボール観戦に夢中ですから、私はその間にPCを自室小部屋に持ち込んでのお正月番組鑑賞となります。(ボーイズは各自室でPCとTVを繋げていて、テレビの画面で映画をみているようです。)

アカデミー賞受賞作のラーゴ観ましたか?夫と息子がテレビ保存のその映画を見ている間、私は例によって、お正月番組をみていたので、今週にでもあらためて見ることにしましょうっと。
レ・ミゼラブルの方はDavidは先日映画館で友人達と見に行って、若い彼にはちょっぴり理解がし難いところもおおかったようです。
私も彼と同じ年の時、図書館で借りた本で読んだのを思い出し、内容が定かでないほどストーリーがぼやけてしまっているので彼に質問してみたりしました。
Davidの映画鑑賞は開口一番「兎に角、長ーィ映画だったので、疲れたぁ」とのこと。笑

私の日本の知識は日本を出た10代知識で完全に止まってしまっていますので、日本のテレビ番組で自分をためしてみる事が多く、「Qさま」とか、「平成教育委員会」だとか、「タイムショック」やらでみると、国語の熟語や、漢字の意味や読みは少しは増しな方ですが、書き自体は駄目ですし、計算問題はまるで駄目で理数系の問題だと、殆ど全滅。
尊敬語と謙譲語を取り違える事はしばしばですが、比較的に言葉遊びが好きで、「ぺけポン」「オモジャン」とか、「世界は言葉でできている」なんてのが、大好き。
やはり、私にとって賢い人間、できる人間とは総合的に知識全般の事より、心&センスの問題であると思っていますが、いかがでしょうか。でも、それは学業知識が微々たる私の負け惜しみのことばなのかもしれませんね。


1/11/2013

赤穂浪士

たまたまつけたテレビのJN日本語放送番組で中村勘三郎を偲んで、氏が大石倉之助を演じた忠臣蔵が放映されていました。吉良上野介役は石坂浩二で、NHK大河ドラマらしい他多くの豪華な顔ぶれのキャスチングでした。
勘三郎氏はあまりにも早い旅立ちでしたが、この作品でも彼の名優ぶりが充分に感じる事ができました。

今までにも中村金之助、長谷川和夫等が大石役を演じた数多い忠臣蔵のドラマ化を見ましたが、そのどれをとってもひとつとて期待を裏切られた思いをした作品はありません。
スィッチオンしてからは画面から眼を離せず、何度も見てもうすっかり
お馴染みのストーリーなのに、その場面、その言葉に心奪われ、体がゾクゾクしました。

同じ映画や同じ話を再度改めて見るのを良しとしない私でも、アメリカの名画「オズの魔法使い」と日本の「47士」は放映されていると、何度でも見通してしまうのは何故なのかしら。それらは単に好き嫌いの域を出て、ただただ魅了されてしまうのが不思議です。
「オズのーーー」の話は単に夢物語で、その主役のドロシーはどうしてもジュデーガーランドでなくてはなりません。対して「47士」は実在の歴史上の事件でもあったわけですから、それとこれとではまるで意図の違った訴えが私の心に共鳴感を及ぼしているのでしょう。

お話変わって、、。
この2,3日調子が良さそうなカメニャンです。
お隣のカメールちゃんがニャンニャンとドアの外から私を呼ぶのもカメニャンはもう聞こえないので、耳が聞こえない分、眼に輝きというか、正気さが増してきているようです。今年も元気にやっていって欲しいと願ってやみません。

1/05/2013

早々、行列スタンドバイ

お正月早々、まったく私らしい失敗の年明けで、社会人証明書を見失ったと思い、3日の午前中をずっと3時間半ほど役所で再発行に並んだ末、いざ面談の順番が来たその場で今度は免許証が見当たらず、再発行を断念し、唯時間を無駄にして帰宅した私でした。
ところが、その証明書が帰宅してひょんなところから出てきて、4日の昨日は免許証の再発行要請でまた別のオフィスで3時間半並んで、やっとヤレヤレと帰宅してきました。
今日5日はなにも紛失していない事を期待しながら、ブログの更新に時間を費やす事ができたという次第の、おバカ全開の2013年明けとなりました。(ったっく~と、自分に怒っています)
それにしてもDMVはいつ行っても大混雑です。住人の数だけその殆どの多人が行く場所なので、政府はもっと利用しやすいように計らえないのかしらンと行くたびに思います。
それにしても、あの指名手配人のように写る、証明写真には思わず「ヒェ~~っ」と目をそらせるものがありますしね。(この年になると真実を真っ向視するのは辛い)

子供達にはこの週末でホリデー休みが終り、4学期がはじまります。
夫は一昨日から出勤していますが、休みの間に何方かが、無名でホリデーギフトを彼の郵便箱に入れて行ってくれたとかで、チョコレートワインを持ち帰りました。
夫は甘いワインが苦手なので、これは私が頂く事になり、早速お味見をば、、。これが甘くて美味しいのです。カルワココのよう。よ
さて、ストーブの釜に鳥のスープの準備をして3時間ほど煮込む必要があります。
この週末と来週末の2回でフットボールシーズンが終わるそうで、今朝から夫は午後からのテレビ観戦に余念がありません。
料理に手間隙をかけたくないので、鳥の野菜とパスタスープを鍋に仕掛けておくだけの夕食準備なのです。(時間を見計らいながら、鶏肉をほぐしたり、野菜を足したり、味付けしたりの自在鍋です)

今年は2日間思いっきり長い行列に並びましたので、これ以上に並ぶ時間はもういらないと思っています。でも、私の事です。また、何やら紛失をこれからも繰り返しそうな予感は免れません。






1/01/2013

2013年は巳年

http://www.graphicsgrotto.com/
新年明けましておめでとうございます。
皆様も良い年をお迎えの事と思います。

2013年は巳年という事で、今年が年女である亡母が「巳年が年女って嫌だわぁ」とよく自分の干支を嫌がって云っていたのを思い出しましたが、「羊や兎年は可愛いから良いとして私も自分の干支の猪は嫌だぁ」と言い合ったものでした。
でも、干支でその人成りや性格が決まっているわけでもないしね、どの干支の年でも飛躍の年として生きる事が賢明でしょうね。
他の国では日本の干支にない「猫年」があるんですってね
干支の現代版が出来るとしたら、熊、ペンギン、パンダ、キリン、ライオンといったところが選ばれるかもですね。
オリンピックみたいに世界中の子供達から人気投票選挙で選ぶというアイデアはどうです?(別に大した意味の無いエベントだよの声有り。はははは)

NHK紅白歌合戦を見ました。やはり思ったとおり、常からあまり歌謡音楽番組を見ない私にはイマイチ知らない歌手が多くて、古顔はそれはそれで、やはりそれなりの時代錯誤感があったりで、感動の対象とはなり得ませんでした。残念。
でも、日本のエンターテイメントの大出しの時期が年末年始とあって、このところPCに張り付いて見ている私の生活は、ちょっといつもより充実課感み満たされているかもしれません。これにオセチがあれば、云う事無しなんですけれどね。それは無いもの欲しがりというところです。