9/17/2013

しっちゃか・めっちゃか

しっちゃか・めっちゃか1
息子Johnnie(43)は彼の仲間の間では「一番歳をくった12歳児」と呼ばれるほどの日本で承認されるところのいわゆる”おたく”人間といいますか、ピーターパン・シンドローム(決して精神が老いることなく、ずーっと夢見がち)といいますか、兎に角自分の10代の子供達より子供っぱいところがあって、そのコレクター癖も並みとはいえません。
40代にして未だ日本のアニメファンで、今は「ガンダム」にはまっています。
無論、ポケモンにも夢中ですし、それにトトロなんてのも大好きなので、毎日ネットショップでそれらのフィギャーやら、小物を買い捲っているようです。
来年のヴァケーションには東京に行って、アニメの発祥地を歩きたいとか、ガンダムの大きな建造物を目で確かめたいなどどホザイテじゃない、云っております。
先日さしてもこれらに興味をもっていない自分の息子David(16)にアマゾンからガンダムのプラモデルを直送させて、「一緒に造ろうぜ」ですって。
で、昨夜は二人して、遅くまでやっていたようです。(写真参照)
今までもDavidShaunはこうして結構ダディに乗せられて、色々やり(やらされ)ましたが、そんなこんなでは彼等の趣味は長続きしません。(幸いにも)
近々ニューヨークで世界アニメ祭りが催されるとかで、そのチケットをゲットしたと大喜びの女よりアニメ好きの40代男ってどうなのよサって云いたいワ。
でもですよ、お酒や薬や、女遊びをする男でないのが、救いといえば救いかもでありんすネ。

しっちゃか・めっちゃか2
ネットサーフィン中に数年前の私のブログに掲載したのとものに似た猫の写真をみつけ、あれは何時の時のだったろうと昔のブログを改めてバックし読み返してみました。
このサイトを開ける前に他会社のブログを2、3程開けていたのですが、それらのサイトは今や何処へ消えたものやら見ることが不可です。
それで、このブログに変更した初期の2005年度のを開けたという次第ですが読み返してみると、何ともこっぱずかしいやら、、。
その時も、それから8年も経った今でも、大したことを書いていないのに赤面の思いでありンシタ。
日頃からの思考漫散癖は産れつきの性分に違いないでしょうね。あれやこれやと支離滅裂な文章を書き散らして生きてきているわけでアリマスね。
何せ日本語でのブログ記載が私の何よりのストレス解消法の一環とあっては、何時の時にもつい支離滅裂な事柄をほざいていて書き散らかすのも仕方ないと許してやって欲しいと思っては虫が良すぎますか。
日本を出て言語活用の必要性と毎日の暮らしからの文化に違いが起きては日本思慕と飢餓感は渡米後45年を過ぎた今でもそれは時折、活字禁断症状として日常生活に見え隠れし続けており、しかし、哀しいかな頭の中は英語力と日本語力が双方とも中途半端な知識で止まったままで今日を送っているという現状が常時私の生活に一喜一憂をもたらしているというのが在米日本人(しかも古い人間)のサガなのかもしれません。