10/13/2013

好天気の秋日

今朝は好天気です。
年中殆どの四季感が変わらないこの地で、こういうのを秋晴れと言うのかしらンと10月半ばの青空を見上げてちょっぴり感傷的になったのが秋到来の証明のようなものかもしれません。
もっともこの年になると、年中通してなにやら感傷的な欝気分になるのも事実ではありますけれど。でも今朝ははっきりと「秋だね」と感じたのは確かな事です。
秋の枯葉とは無関係ですけれど、昨日はお隣との境に植えられている椰子の木の葉がバッサ、バッサと落ちてきて山となり、裏の小路が通行不能になるほどでした。
来月にはハリケーンシーズンを無事に過ぎるわけでから、強風での椰子の葉落ちに今までより気をつけなくともよくなるでしょうけれど。

昨夜手持ちの医療単行本を読み終えて思ったのですが、現代医療科学の進歩やら新しい学説が出たことによる記載が止まっている期間分、その内容に微妙な違いが多く、一冊の単行本を読んだ知識がどれほど今の私の生活に適しているものかは多いに考えねばならないと感じました。
最新医療とは何なのか、そして何を知り、何を信じるのかは私個人のちっちゃな脳をもっては到底計り知れないものがあるんだろうなぁ、、、とつくずく思いましたデス。

自分用に仕込み味入り味噌、卵、刻みネギを入れたお粥を作りました。(本当は卵を食べては駄目なのかなぁ)お味噌汁のような良い香りに、「日本人はお味噌とお醤油でしょ!」と何だか心が癒され満足でアリマス。
朝早く出て、夜中に帰宅するので久しぶりに顔を合わせるベーコン好きのDavidにはBLT(ベーコン・レタス・トマトサンドウィッチ)を作っておきました。
いつもの事ながら、今日もブログに書くことが特別にありません。
でも、それが救急車で病院に搬送されるような事態が無い、平凡で平和な生活を無事に生きているのだと言えますものネ。