1/20/2014

祭日誕生日

昨日は一桁温度に下がるだろうと云われた天候は最低温度でも摂氏10度を下らず屋外でスポーツ観戦をする夫と息子には安堵の一日となったようです。もっとも彼らが応援するサンフランシスコ・ナイナーが負け、惜しくも今年のスーパーボールには出場不可となり大落胆。
「アレは審判が賄賂を受けてると思える程のモンキー審判ゲーム負けだったよ」と憤懣遣るかたないといった風で、普段は冷静沈着な夫も眼鏡をへし折ってしまいましたデス。笑
今朝は少し肌寒い程度の清々しい摂氏20度代の観光シーズン日和。
今日は末孫ディヴィッドの17才の誕生日です。
今週末は黒人人権運動の先駆者マーティン・ルサーの記念日の祭日で学校や職場は3連休なので、ディヴィッドも友人達とマイアミ動物園に出かけるそうです。「親類に(モンキー)挨拶しに行くのダ」と当人は言ってます。

上の写真は或るサイトで見たプロのケーキ屋さんが作ったケーキなんですって。デスプレイ用かコンテスト用にちがいありませんけれど、凄いですね。 これほどの素晴らしいアートケーキはともかくとして、あとで最寄のスーパーでバースデーケーキを買ってきて家族で頂くことします。
今年からはプレゼントはキャッシュでというので、楽には楽なんですけれど、子供達がどんどん成長していくのがちょっと淋しい。
「そんなに育ち急がなくたっていいじゃないの」と云う私に「あと1年も一緒に生活出来るんだから、淋しいことないじゃない」とディヴィッド。
あのねー、アンタは若いから一年が長く思えるのでしょうけれど、私にすれば、一年なんて目をしばたく間に過ぎるンよ。

クリスマスにディヴィッドからもらったフェアリとイヤフォンプラグのニャンの写真とってみました。
可愛いですよね。

もっと色々な写真を撮りたいかなぁ、と思ってはいるのですが、廻りに適当な被写体も無く、しかも毎日が平々凡々としているのが難と言えば難の毎日でブログ更新にも窮しています。
ディヴィッドが動物園から戻ったら話を聞かせてもらいましょうっと。
動物園の親類達はこの好天気を楽しんでいるじゃないのかしらね。