3/31/2014

どうなる?

もーっ、さっきから何度も繰り返し書き直ししている。
慣れないスマホでの更新は思ったとおりに大変だ。
あまりにもスローでしかも目にストレスをかけてしまい、とうとう諦めてドンのラップトップを使用することにした。言語キーをEnglishに戻すのを忘れないようにしなければ、彼の困り顔が見えるようです。彼はたったこれくらいの変更も受け入れられないというか、四角四面の几帳面さんでありますからして、私のズボラな行動にイラッとくるのでしょう。端的に云えば、彼は融通が利かないのでアリマス。
今朝はどういった調子なのか良く解らないのですが、私のラップトップがグーグルのインターネットに接続しないのです。
今週は息子ジョニーは帰省しないので(復活祭の休日のせいで空席が無いようで)私のPCを治すのは来週になりそう。
映画や動画はタブレットで見ることが可能なのでラップトップの故障にはあまり動じてはいないのですが、せっかくタブレットにもキーパッドのシステムを接続したのに、私の頭の中は大きめなキーに慣れてしまっていて、機種が小さくなるとどうも不便で打ち難くてなりません。
って、私の頭もなかなか融通がきかないわけで、、、。

今日で3月も終わり、明日はエープリルフールデー。
なのにって特別気にしているわけではないのですが、明日はデイヴィッドとクリステーナがWGI(ワールドガードインターナショナル)の世界大会へ遠征旅行に出かけます。
2013年の総体性を発揮できる大事な大会ですので、二人ともとても張り切っているようです。デイヴィッドのフラナガン高校チームは夕刻の飛行機でネブラスカ州に行くのですが、成人部の金欠チームであるクリスティーナの方はバスを借切って出かけるようです。
現在クリステーナはレストランのウェイトレスをしながら週2で最寄の高校でカラーガード部のインストラクターをしており、それに加え、週2の事務秘書のバイトもしているので、なかなかの多忙ぶりにめったにこの家にもこられなくなっていたのが、このところアパートのオーナーの不当な対応を受けて大変らしくここしばらくはトラブルを避けて友人宅に身を寄せており、一緒にそのアパートに住みだした彼女のママとも巧く対策を練られぬまま、またもや冷戦状態になっているようです。
この大会が終わったら、アパートには戻らないそうで、この家にまた戻ってくる事になりそう。
ママの方はボーイフレンドとの同居を始めるとか。
孫クリスティーナは生まれてから18歳半までを私達の保護下にありましたので、いつも家族愛に欠けているような思いを抱えていての現実生活をママと1年間過ごしてみても、やはりちょっと無理があったのかもしれないと私には思えますが、彼女の今はもう成人ですからこの家に戻っても昔の私達家族とはまた違ったものを感じることでしょう。
でも、家族は減っていくより、増えていくのがいい。
おかえりなさい。この3年間で少しばかりは大人になったことでしょうしね。

3/27/2014

どう見える?

孫娘クリスティーナ(21)の先週のパフォーマンスの様子がフェイスブックに載っていました。早速私のファイルにも保管してっと。
まだ誰もユーチューブにその大会の様子をアップロードしていないので、プロモ専門撮影会社が撮ったDVDを購入するのは可能ですが、私はチーム仲間が撮ったこのインスタグラムの写真でも充分彼女の魅力を知ることは出来るのでこれでいい。
他の人にどう見えても、She is my Angel.
**********
美味しそうなスモークサーモンが出ていたので買ってきました。
孫達は魚嫌いなので、夫のランチにベーグルサンドにしてもたせました。
ベーグルをトーストしたのにクリームチーズを塗り、レタスの上にサーモンをのせてスライストマトに玉葱のスライスとをはさみ一面に少し多めのケーパーをちらしたロックサンドウィッチと云われるものです。
日本でも上の写真のように花の飾りつけにしたりスモークサーモンとアボカドとでお寿司が作られているようですね。でも和食には鮭とクリームチーズをドッキングして料理されるのは少ないかもしれませんね。
上右写真の大根の薄切りとサーモンの小花のお飾りは酢漬けになっているものなのかしら。私にはどちらも美味しそうに見えます。
***********
ちょっと下の写真をご覧ください。
私が時々訪れるブログI love natureに載せられていた滝の写真。
この写真をじっと見ているとちょっと不思議な気分にさせられるのは私個人の脳作用のせいらしいです。
「ちょっと、こっちに来て此れ見てェ。」と孫のデイヴィッドにも見せたのですが、「グランマの脳は変な捉え方をするんだぁ~~。変だねェ。僕にはそんな風には写ってないもの。只の滝の水の流れと岩の写真でしょ。」と一笑に伏されてしまいました。
あのですねー、写真を拡大して見るともっと鮮明に写りますが、私の目には色々な人の姿や、沢山の猫、猿、鳥、犬、狼、熊などの動物達の姿があちらこちらに散らばった神秘的な森の中の風景に見えます。
といっても心霊写真の部類のような陰の感じはなくて邪悪さは何も感じられません。
人間の脳というのは目に写ったものを自分の知識領域から記憶を引き出してそれに当てはめて確認する学習がなされるのだそうで、今の私の脳内には過去ン十年間で見聞きした記憶が仕舞われて眠っているのでしょうね。
私の目にも、デイヴィッドと同じように美しい森の滝の景色は見えていますが、私はそれよりも深く魅入っているのかもしれませんね。
それで若年16年間を生きてきたディヴィッドとは色々な意味相でも誤差があるのかもしれません。
Novaか何かのドキュメンタリーで脳医学上の新しい症状が発見されたとあり、それまでは霊ショウとかいわれて信じる人達の脳内にはMRIにも見えないほ点のように何らかの脳神経障害が散らばっているのが特別脳内顕眼機で見えるのだそうで、人には見えないものが見えているのはその脳障害によるものだと解ったそうです。
幻聴や幻視がある神経科にかかっている病状の人と特異体質で霊障を見る人との区別は今の科学では解明出来るところまできているのかもしれませんが。
目の錯覚や脳障の表れであれ、狂気が成せるものではなく加齢での深い思慮心から起きて来る現象であると思いたい。

でもね、これって光を通して自然を万華鏡のような見方ができるようになったってことかナ。いいように解釈しておきましょうっと。
まだまだ沢山の美しいものをみて行くことでしょうから何がどう見えようとそれを心の万華鏡でしっかり楽しまなくっちゃぁね。








3/26/2014

自然がいい

左上の写真は先日フェイスブックに載っていたCG加工で作られた富士山にかかったレンズ状高積雲の景色ですが、右上の写真はその加工前のオリジナル写真でこちらは本物なのだそうです。
稀に見られる自然現象のレンズ状高積雲を数年前に一度ラスベガスで偶然にも見て写真の捉えた事があります。
その時の雲は上の写真にあるような平たいキノコのカサ上のものではなく、夕焼けに照らされた赤い大きなお饅頭かハンバーガーの様に厚さのあるもので、山にかかったものとは違いヴァリー大空のど真ん中に浮いている状態でしたから、この高積雲とは別の名の雲だったのかもしれません。
数年前の私のブログに載せたのでその写真はどこかにファイルしてあるのでしょうが、今はちょっと見当たりません。
CG写真はToo Muchで嘘くさいので鼻につく感じですが、オリジナルの方は見て楽しいし多いに驚くに値している感がありますね。稀な自然現象ですから。

左の写真はナショナルジオグラフィック撮影のカリフォルニア州セコアイア公園にある樹令300年の大木です。
木の頂点近くと根元に赤いポチンと点の様に見えるのが探検家の方々で、この木がいかに大きいのかが伺えるというところです。
日本にも樹令千年なんていう大木を御神木として祭っている地方もありますね。
本当に大自然の力には圧倒されることが多々あります。

昨日は摂氏33度という夏の暑さでしたが、今朝は15度の肌寒い風がサワサワと木々をゆすっています。
日本では桜前線が北上しつつあるのでしょうね。
あちらこちらではお花見の人々で賑わっているようです。
昨日はアマゾンで売っているこれらのティーポットを買おうかと迷いました。
カップが蓋、又は底になっている2対が一人用のポットです。
お値段も手ごろで、なんといってもお花の柄が可愛い。
でもなぁ、今の私は陶器やガラスのものを落としたり、ぶつけたりの失敗が多くて直ぐに壊してしまいそうで、独りのお茶会にはもったいないのかもとまだ迷ってます。
そんなこんなで、外にショッピングに出ても素敵な品をみると「オッ、いいんでないの~」と手には取るけれど、「アブナイ、アブナイ。前にも同じの買った事があるかも。」とそっと元の位置に戻すのがセイゼイなのであります。
でも、綺麗な物、可愛い置物、気が利いた楽しい品を見るとその度「こんなの欲しいなぁ~~」と溜息が出ます。
物欲がなかなか抜けない自分に喝をいれましょうゾッ。かーっつ!!!!”






3/23/2014

このーッ!負けないもンネ。

しまったッ、またやられちゃったぁ。
 

PC使用30数年にして未だに初級技能しか持たない私の事です。いつも何やら怪しげなサイバー商法の的にされているのダ。
一昨日の夜はいつものようにウェブサーフをしていると、確かなソース(とその時は思ったのだが)からのメッセージが *重要なシステムアップ有り*と画面端に出現。
軽い気持ちで「アイよっ。後で見とくネ」ってな具合で、一応OKのポチッ。
それから数秒後にそのソース(を装った)からメールが入った。
ま、私もまるでアホというわけでもないのでそのメールに目を通したものの、その夜はうっちゃっておいた。
翌朝、「どれどれ、何だって?」と改めてメールを読むと色鮮やかな某社のロゴトップが載っているお知らせのお手紙。
内容もメール全部オープンしなくても読めるように添付されている。
『グーグルサポーターの貴女のGメールが今月のラッキーアドレスに選ばれました。貴女に500ドルとアイパッドが贈呈されます。下記の通りの返信をお願いします。1.お名前、2.住所、3.ローカル地区名
(サイン)***でした。』
なんじゃこりゃぁ。いくらアホでもこれが由緒正しい所から送られてきたはずが無いと考えるのは当たり前じゃん。
この三つの質問はあまりにもバカげているもんネ。グーグルがそのどの部署にしろ私自身の登録から名前や住所、地区なんて最初から解ってる事じゃないのサ。バーカ、とそのメールをポチッとグーグルの方にスパム報告してやった。
そういえば、一昨日は国税省(IRS)の係員と云う人からも電話メッセージが入ってましたっけ。”国税省の***です。ちょっとした手違いがあったのではないかと調査しています。***-*****に至急連絡頂きたく思います。”
最近所得税の戻し金が私達の方に入っていることを知っての電話なのでしょう。この手の電話で多くの老人達がお金を騙し取られているとニュースでも云ってましたっけ。マイア・ミヘラルド新聞に寄ると特にカリフォルニア州の被害が続出しているとか。
うっかり電話を返すと『最近所得税申告をなさいましたね。戻し金を間違った口座に送った可能性があります。そちらの口座番号を改めてお知らせ願います。当人である事の確認も必要となりますので、お名前、住所、社会保障番号を云って下さい。』ってなことで、まんまとその口座から多額な金額を他口座に移すというものでしょう。
これも、バーカです。メールであれ、電話であれホイホイ自分の身元をさらけ出すって、ちょっと考えたら「ナンダこりぁ」と思わないほうが不自然なんじゃないかなぁ。
無論私もこの手の伝言は直消去でアリマス。
で、なに、冒頭のしまったッってのは。
それはそのスパム報告の後、このPCにオートで欲しくもないサイバー商品がしつこく入り、画面から消えなくなった訳です。
にゃろめーッ、私もこんな詐欺商法に負けてはいられません。
と云う事で、昨日はアレコレ調整に一日を費やしてしまいました。
腹立つーッ!
結局はスパムが入る前の日までをバックアップして直すほか無かったのですが、一応元のところへ落着といった次第。
私だけなのでしょうかね。変なサイバー商法にアタフタしてるのは。
でも、負けないかんなッ!




3/21/2014

食べられる飾り2

今デイヴィッドを高校まで送ってきたところです。
 マーチングバンドの遠征旅行は200人近いメンバーが一連となって移動するはバス会社のツアーバスを4,5台も使われますが、カラーガードの大会ではメンバー26人にスタッフが役20人という小規模なツアーになり、学校私有の大型バスと機材用バンだけなのでの移動となります。
今回の大会会場は前回と同じオーランドにあるユニヴァーシティ・オブ・セントラルフロリダ(UCF)のアリーナ(前回のは別館のジムでしたが)です。 
姉クリスティーナのブラッドフォード成人部チームは今回も参加出場するらしいので、会場でお互いを応援し合えるのは心強くもあります。(写真はUCFのアリーナ)
 この大会で一旦シーズンが終了し、4月の世界大会で今年の総体制を取られることになります。
今年の世界大会はまた日本、カナダ、ドイツ、イギリスから出場があるようですよ。いってらっしゃ~い、本領発揮できますように!
******************

楽しくて時間が過ぎるのを忘れてこれらの野菜、果物、お菓子などの食べられる飾り物を見入ってしまいました。
どれも良く見ると自分でも簡単に作れそうな気がして来るではありませんか。
(もっともスイカの柄彫りは無理だぁ。プロの料理家や美術系のねアート感がでていますもんネ)
他にきゅうりで出来たサメやナスの象さんなんかがありましたが、きゅうりとナスの動物は日本でのお盆の供え物にと亡母と一緒に作った遠い夏の夜の記憶がよみがえります。
食物類を飾り物として使う習慣は太古の頃から世界各地にもあったようですから決して食べ物を粗末に扱っているという事ではないのですよね。

1) イチゴのネズちゃん、チェリーチョコとマーブルキスチョコとアーモンド耳のネズちゃん、キーウィー2個のコアラ君、イチゴのクマさん。

2)ナスのペンギン、洋梨のネズちゃん、バナナとパイナップルのフクロウさん、モヤシタテガミとスクワッシュ体にバナナ足の優しい顔のライオンさん。

3)カリフラワーの羊さん、ナス2個のシマウマさん、キャベツで出来たワンと花柄にくり抜かれたスイカのセンターフルーツボール

3/20/2014

グルメなん?

「パティオに2匹もリスが君を待ってるねェ。困るなぁ。スクリーンの穴が益々大きく破かれる。やはり野生動物の餌付けは良くないよオ!」とドンに思いっきり叱られました。
でもねェ、つぶらな瞳でお座りして「おねが~い、何かない?」と見つめられると私はつい「は~ィ、ちょっと待っててねェ~~」と云っちゃうのダ。
昨日中は固くなってきたらまずいかもとちょっと高値のポピーシーズのバンを置いたら、5回もいそいそとやって来て何個もぺロリ。
ところが今朝はドンが出勤したのを見計らって置いたのはリスちゃん用にと一番安値の食パンを買い置きしていたのをあげたのが、行ったり来たりを何往復かしても食べ出す気配を見せない。
「何か、美味しそうな匂いでないし、これって昨日のとは寸断に違いがあるよね。大丈夫かなぁ、ちゃんと食べられるものなんだろうか?」ってな態度を見せているのでアリマス。
グルメか、君達はぁ!
いつもいつも高額美味のものばかり上げる訳にも行かないのだド。解っとるんかィ。って、やっぱり安いのも食べるのね。

******************
トマトを切ると中の模様が「天使」でしたとサイトにありました。
世の人々は偶然にもこのようなものに当たると何となく嬉しくなるものですね。
野菜ばかりではなくても雲のような自然現象の天使もあちこちに出没していますしね。
ゲン担ぎなのでしょうがこういったのに当たるとなにか幸運が舞い降りてくるような気がしますもの。
虹でも木々の影でも、人の心を和ませる現象は大歓迎ですね。
明日はディビッドがカラーガード大会の遠征旅行に再度オーランドへ出かけるのですが、集合時間が朝の4時半なのですって。
送迎の保護者達にとってはち~っと辛い時間だが、それだけ早く現地に到着してからまた厳しい練習があるのでしょうし、精々大会には優勝したいとの意気込みも感じられますし、ここは協力しましょうぞ。
この大会が終ると春休み休校なのですが、その春休み明け第一日目がネブラスカ州での世界大会とあっては安穏と休みは取れないことでしょうし。


3/19/2014

今日もおなじくユルユル

朝目覚めて体が重いなぁと感じていたら、やはり今朝は湿気が多く、台所窓を通してゴルフ場芝生が一面露にぬれ朝日に照らされて様子は雪野原を思わせる真っ白に見えます。
その露の降りたフィールドではゴルフ好きの数人がもう早くから競技を楽しんでおり、芝生の上をカートが造った幾何模様の筋が面白く浮き出されています。
今日も静かで好天気の一日になりそう。

以前にも春のケーキでこれと違った水仙をあしらったケーキがありましたっけ。このお花の中身はチョコレートケーキなのかしら。
ニャンのオレンジとスイカのハリネズミの工夫が楽しいですね。
ハリネズミのハリの爪楊枝は子供のパーテーだとちょっと危ないかもしれないのでプラステックのドリンクマドラーを刺したらいいでしょうか。

お弁当箱のサイトにこんな可愛いニャンのおにぎり弁当が載っていました。
日本ではお子さんがいるご家庭ではママがキャラクター弁当を作って持たせてくれるんですってね。
私の時代では運動会や遠足なんかでも梅干おにぎりが精々のものでしたが。

ということで、何も書くことが無い今日もこんなユルユル日誌となりました。
アシカラズ・・・・・・****・・・・・



3/17/2014

映画とバラ


2012年の映画『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をご覧になりました?
実は私はこの手の動物を扱った映画(キングコングやフリーウィリーなんかも)は不得手で進んで映画鑑賞をしたりはしません。
1960年代に実話小説を全巻読んだライオンとの生活『ボーン・フリー』がありましたが、このように心温まる話であれ、ドキュメントフィルムであれ、どんなに素晴らしい設定でも実描写であろうと動物が戦ったり、傷つく様を見るのが辛いので、私は駄目です。
ドンがテレビに食いつくように見入っている側でその映画を私は片目でチラチラと見ながらユーチューブで青山繁晴氏と堀江貴文氏が激論を交わした北海道放送での生中継「朝まで生討論」を見ていました。
映画鑑賞の邪魔をしないように、私はイヤプラグをつけてPCを見ていましたがそのバックにテレビの大画面で様様なシーンが繰り広げられており、それなりに美しいシーンや話の成り行きなどが目で追えており、耳では生放送の両氏の白熱する討論を聴くという心は別のガード状態なわけです。
毎週末には大抵がこのようにドンがテレビのプログラムから映画を選び、その映画に興味が沸いた時には私も手前に控えているパソコンを切って一緒に楽しむこととなります。

ここで、質問です。(急にナンダぁ??)
下の薔薇の写真の違いは何でしょう。薔薇の種類ではありません。
1)2)
3)4)
5)6)

答えは***1)3D壁紙アプリにあった生花の写真
2)グーグルショップから購入出来るガムペーストで作られた、デコレーションケーキ用の食べられるお菓子の花
3)ユーチューブにアップされている紙で作る花
4)お友達がベランダで育てているバラ、ピンクレース。
5)ユーチューブにアップされているクレ-プ紙で作られたバラ
6)これもお友達が育ててご自身のブログにアップして下さったバラ

つまり、この質問の答えは「花の材質がみな一緒ではない」でした。
しかし、どれもみなとても綺麗ですよね。生花もお菓子も、紙で出来たのもどれも見劣りしませんもの。
でも、生花が一番良い香りを放っていることでしょうね。

ちなみに今日のセントパトリックデー、ドンは淡い緑のシャツに茶色に近い緑色のジャケットで出勤しましたよ。皆様に幸運が訪れますように、ハッピーセントパティデー!

3/16/2014

セントパトリックデー

3月17日はアイルランドのお祭りのセントパトリックデーということで、お馴染みの象徴を表現満点のケーキの写真を載せました。
私が在日の時代にはこのお祭りの話題は聞いた事もありませんでしたが、昨今では日本でもセントパティのパレードなどの催しや緑の飾りつけなどもされているらしいですね。
シャムロックや金の幸運ポット、虹とかラッキーカラーの緑色に染まる一日です。
この日は何か一つ緑の物を身につけたり、持ち合わせていなければ「緑が無いのは幸運が呼べない」との建前で人につねられて青あざをつけても良いという冗談事がなされたりします。
冗談のつもりでのユーモア行動ですが、ずっと以前に勤務先の同僚から「緑を付けてない人みっけ~~」と手の甲をつねられて、アザがつき易い体質の私は本当に青アザが出来た事がありました。
ドンは母方がマクドナルド、父方がブレラックと両方がスコットランド・アイルランド北部系とドイツ移動農民のダッチであり、ヨーロッパからこの新天地アメリカに流れてきた開墾農民ですので、この祭日を祝う家庭であっても良いはずなのですが、由緒ある家系があるわけでもない貧困移住農民の4世達ではもう他国民混血の自分のルーツはもう探しようが無くなっているのが現状なのでしょう。
「緑のシャツで出勤したほうがいいんじゃない?」と云うと、「いいよ、この日だけ急にアイルランド血筋を強調するのもオカシイしね」とのこと。
ふーむ、そんなものなのかねェ。
我が家では月2-3の割りでアイルランド料理のコーンビーフとキャベツ煮も普通に食しますし、この日を特に盛大に祝い事をやるやらないは別として、どこの国のどこのお祭りでもこういう何らかに皆が参加出来る行事って楽しいものなので、それで善しとしましょうね。
私個人の観念にはありませんが虹の根元に黄金の壷があるって考えるのもロマンチックですしね。笑



3/15/2014

春のケーキ達

平々凡々ないつもの暮らしに戻り、またブログにアップするような話がなーいッ。こんな日はいつものウェブサーフといきますか。

見つけたのは大の甘党の私、春のケーキ類を目で楽しむことに。

血圧が少々高めでコレステロール値の高い私ですが、何故か糖尿病の心配は無いのがちょっと不思議な気がしないでもないのだが、とにかく甘いものが大好きです。

ケーキやクッキーやパイを焼くベーキングにはまった一時期もありますし、(その時はベティクロッカー料理本にあるその部の全てを試してみて、食べさせられる夫は迷惑したことでしょう。その時彼の体重増量が後の体の不調を招いたのかも。)子供達が小さい頃にはよく楽しくケーキも焼いたものですが、今は家族は皆甘いものをそれほど好まないので作ることもなくなり、たまにスーパーで美味しそうなケーキを購入すると私独りが食べることになってしまい、多くが残って固くなり罪悪感に強い舐めながらも泣く泣く捨てるといったところです。
楽しい春のカップケーキやらデコレーションケーキやらを見ると心がホンワリと春模様です。
デコレーションケーキに至っては食べるものというより、飾りにしたいですねェ。粘土細工か焼き物で出来ていたら食せずにずっと飾っておける。
こんなのもみつけました。
ゆで卵のヒヨコちゃんと野菜とフルーツで出来たフクロウさん。
ヒヨコのくちばしはチーズかしら。
それにしても好く出来たフクロウですよね。尾の赤いのはトウガラシかな。