4/20/2014

ま、協力し合おうョ

「アレルギー症だと思うのだけど体調が悪いので今日は帰りません。来週は何時ものとおりの便に乗る予定でいます。」とのジョニーからのメッセージが入りました。ふーム。
体調が悪いって本当のところは怠け病が災いしてるだけじゃないのョ、とドンも私も同時に思いました。
こんな事を言ったら、彼は目くじら立てて「本当に具合悪いんだってばぁ」と言うのだろう事は解ってますともサ。彼の性格はよーくしってますとも。

何せジョニーは几帳面なドンに全く似ず、面倒がりのズボラ性格は私にそっくりですからシテ。
もっとも彼自身に言わせると「僕は断然Momほど適当惰性的性格じゃあないよ!」とのこと。(彼はそう信じてやまないのでしょうけれど、、。)
先週の帰省の時に寝室の荷かたずけを手伝わせて重い物を沢山運び出してもらったのを、また今週も引き続けられて行われるのを大いに恐れているのだと、そこんところは彼の心情は見抜いておりますゾ。

昔私達がエクササイズにはまっていた時期があって、寝室続きの一角に体操場を設け、重量挙げ機やらトレッドウォークやらの運動機具を6-8機が用意されていたので、3機程は既に人手に渡した残りの機械を解体した後もずっと彼方此方に置いたままにしていたのをやっと階下に降ろして来週には慈善事業ヴァンに取りに来てもらうことになっているのです。

今朝ドンに小言を言われたディヴィッドが渋々自室掃除をしながら「シャーンとクリステーナはジャンクを山程残してかたずける気がまるで無いのに、僕ばかり叱られてる感じで面白くないッ!」とふくれていました。
皆は逃げ上手ナノダ。アンタは一番年少者で、まだこの家に最短でもあと1年間居ることになるんだから、仕方ないと思って諦めたまえ。
まだ皆がこの家にいた頃は私ももっとバリバリ働けたけど、今はソロソロ&チョコチコ程度の動きで息切れるんだもの、アンタがこの家を出る頃までを生きているので精一杯の状態ってこと解るでしょう?って実際はアンタにも私がズボラ怠け性格であるのがわかっちゃった?
でも、そこは一緒に暮らして行く上では何とか協力して行こうよ。ネぇ。
おこずかいをくれたら、考えないでもないって?
しかしそりゃ駄目ダ。そんじゃあ、今までに私がヘルプした分におこずかいを出してくれるのかィ?今までって、アンタの成長の16年間分だよ。
あぁ、そりゃそうでしょう。
黙って協力し合って暮らして行くのが懸命だよねぇ。はははは。