4/29/2014

フルハウス

まったく考えてもいませんでした。再び我が家がフルハウスになるなんて。
明日にはシャーンが学期末も終了という事で大学寮を出て、8月まで我が家での帰省滞在とになり、加え週末にはクリスティーナが戻ってくるとの話で、ジョニーがニューヨーク勤務からの定休日帰省すると家族5人が全員揃う事になります。
あと1年でデイヴィッドが高校を卒業するとどこかの大学寮に移り住んで同居人が私達夫婦だけを残して皆この家を出ると思っていたのが、クリスティーナが戻ってくる事と合いなりあとどの位この家に同居するものか、結婚願望がまるで無いとの事で、それは私達にとっては幸か不幸かは解りかねています。
今の時点では来年のそれぞれの暮らし振りが皆目検討がつかないので、『来年の話をすると鬼が笑う』といった状況でしょうかね。
専門家事家政婦オババになりきっていない私は、さて、食事の支度はどのようにしたら良いのやら、、とかそれぞれの日常スケジュールはどういう時間帯なのかいねとか考えあぐねております。ちーッとばかり面倒くさッ。
でも、離れ離れの生活でそれぞれの安否を思って悩むよりは同居することでお互いの居所や行動が把握できる点ではこのフルハウス状態はなんといっても嬉しいかもデス。
私達家族が皆が皆断固とした頑固者であり、内面気性が激しいので幼稚な気持ちのすれ違いで仲たがいが起きないよう、皆が心して同居しましょうゾ。
****************************

おい!オイ!おいッ!!
君はナンチュウやつなんじゃィ!!と怒り爆発に額には青筋、頭からは湯気が出ておりますぞッ。って少し大袈裟だけれど、、。
でも、聞いてくださいナ。今朝は4時半起きでジョニーをマイアミ空港に送って行った際に「カーペットの敷き代えの為に家具類は移動し易いようにかたずけて置いてくれた?」と聞くと「電灯が一個のっかてるだけで、あとの物は(例のガンダムゲームの小型模型やオタクアイタムがぞろりとそろっているので)引き出しにしまっておいたよ。」とヤツメは応えたのだ。が、帰宅して部屋に入ると棚の上段は確かに綺麗にかたずけられているけれど、その下の2段にはぎっしりと本やら、ゲームやら、プラモデルの作りかけやら、オタク人形やらが詰まりに詰まってるじゃぁないのサ。
2つの本棚は同様に色々な物が置き去りのままだ。
「引き出しの中の物はそのままでいいよ」とは言ったけれど、棚の上におかれている物は全て取り去らなければ、家具を移動した時に落っこちるじゃないのさ。常識で考えても解りそうなものを!これが40男のする事か?
で、夕刻に大汗かきながらそれらの棚整理をした私でした。
ジ~カレタぁぁ~~~。
さてっと嫌味のメッセージでも送りつけてやらねばシメシがつかヌ --と長々テックスしたら返事は Oh, sorry の一言だけって、、、。
しょうも無ッ。モノグサ母とマヌケ息子の無駄通話に終わりましたデス。