4/07/2014

戻りました

やぁ、やっとこさの思いでついにPC回復しましたゾ。
三日三晩の格闘でありました。
その間は動画や映画視聴はタブレットとスマホを代わる代わる充電しながら忙しいの何の。(って、2,3日間はそんなもん見なくてもいいんじゃないのと思われた方、貴方の暮らしはさぞかし多種多様多忙な毎日なんでしょうョ)
どうせ、私はPCが命綱って、寂しい人生なのですッ。ホロリ。
動画を見ている途中で通話やメッセージが入ると、ハイハイとそちらに回答しているうちに動画面が何処へ行ったものやらと、あくせくしているうちに何やら違うものをみつけてはそれに見入っちゃったりで、多くのストーリの後半部は解らずじまいで諦めたりで、何ともしっくりしない。
ジョニーが言うには昨今ではPCの持命も新しい機能が発表されるのに従ってそのオリジナルの機種回復率が少なくなっているので、3年も使用したらもう古くて使いものにならなくなってくるのですって。
な、なんと?それは困ります。私の人生残高、懐残高、知能起用残高が全てにおいてぐーっと下がってきております。
その度新しいものを取り入れなければならない速さは自持ちのものにはとても追いつきませぬ。
車しかり、PCや家電そして家具までもしかりでアリマス。
皆共よ、ここは心して修繕、回復、修正にかかりましょうぞッ!エイ、エイ、オーッ!!(って、この掛け声に合わせて声を挙げたのは私だけかいっ。)

ネブラスカ州での世界大会が終了したディヴィッドとクリスティーナが戻りました。
ディヴィッドの高校チームは4位、クリステイーナの成人チームは9位だったそうです。今年こそ2年前のように世界チャンピョンに帰り咲きたかったデイヴィッドにはちょっぴり残念な結果のようでしたが、1000チーム以上を勝ち抜いての4位ですから、まぁそう気落ちしなくても大丈夫。
当人は来年が最後の年なので絶対に次は優勝してみせると言ってます。
でも、遠征練習中に仲間のトス失敗で彼の唇を切ってしまい救急病院で手当を施されたとの連絡が入った時は驚かされましたが、なんとか縫わないで貼り付ける医療法で外見を保ち大会に望めたのでそれは良かったとか。(顔や体の表情も採点の一つに数えられているので)
楽しい旅をしたのでそれはそれで青春の思い出にはプラスです。