6/30/2014

焼きのりとニャン

日本のブログお仲間に大の海苔好きニャンちゃんがいると知って、先日アジアマーケットから寿司海苔を買ってきたので、ウチのニャントリオは海苔にどのような反応を示すかと試しにやってみました。
その反応の大きさにWowです。
もしかして海苔にはキャットニップのような刺激要素でも入っているのかしらんと思うほどに3匹の興奮振りにすっかり驚かされました。
おとなしいと思っていた小柄で♀のアシュリーが海苔の一片を他ニャンに取られまいとして唸り声を上げ、爪を立てて防御しながらムシャムシャと海苔を口にほうばる姿に唖然としました。
それぞれが数センチ平方程の海苔を食べた後は3匹が一様に興奮状態でいつにも増して飛び回ってじゃれ合い、駆け回りの大騒動です。
キャットニップは行動がレロレロとスローモーション的感じになるのとは相反して、海苔の場合は暫くは興奮状態でスピーディになり、猫がスルメなどを食べて酔ったような状態になったのに似ていたので、多分海苔を噛み噛みする顎の運動が脳に何らかの成分が作用したに違いないと私の勝手な推測をしてみました。
大騒ぎして駆け回っては、酸欠のカバーに口を半開きにして横に寝そべる様に思わず笑ってしまいます。ははは、、ヤンチャニャントリオでござる。

**********************
子供達が最新新作映画「トランスフォーマー」を見に行ったので帰宅した彼等に感想を聞くと口々に発したのが「とにかく、長い映画でもう嫌になるくらい。楽しいかったというより、疲れたァー」ですと。
で、どのような内容なのかは聞くことは出来なかった。
若者の彼等が言うんだから、私が興味を持って見ようとは到底思えないのでアリマス。
ガンダム・オタクの息子ジョニーには上演開催が待ちきれなかったのでしょうけれど。

***********************



6/26/2014

勝敗あり

今ワールドカップ2014米国vs独国の試合観戦を見終え、独国の勝利がファイナル試合に、米国は次のベルギーとの試合で決着を迎える事となった。
今日のところは勝敗あり。

日本チームが敗退したのは残念な事ではあったけれど、もしかしての栄光も有り得るかもと思わせる頑張り振りを見せたのが素晴らしいものでしたね。
これから上位に昇っていく強い侍サッカーチームに進化していくに違いありません。
サッカー競技に興味を持っていない我が家の家族メンバーも、いざワールドカップが開催されると、結局乗り気になって毎日の対戦をチェックしているのが伺えて面白い。

***********************

昨夜2010年映画「All good things」を観た。
ニューヨークであった実話未解決事件を取り上げたもので、その実行犯は今現在もこのフロリダ州の富豪社交界に現存して尚も余裕生活をしているとあっては、映画を観終えてからも、何だか気分がしっくりこない。
多くの著名人、有名人、スターや富豪界の人々はここから20-30マイル南のマイアミ海岸沿いか又は、同じくらいの距離に北海岸沿いのウェストパームビーチの豪邸区域に住んでいて、私達一般人と交わる機会が無いのが幸いと言えば幸いで、この主人公の様な狂人と対面する事は稀には違いない半面で、いつかは何らかの関連性から狂気的事件に出会う可能性も全く無いと言う訳でもない。
金力と権力をもって大罪から免れるケースは世界中にどこにもあるでしょうが、そのような力に無縁な人々の生活を巻き込んでいかれては困る。
これは無力な人間達がささやかな生活を保持する大前提ですから。
治安に優れているわけでもない犯罪の多いこの州で、貧困から生まれる犯罪よりもこういった人間性の欠落から起きる狂気の事件が年々多くなるのが怖い。
****************

TVのリモコンを枕に寝込んでる。
今日は下手ッピーゴルファーに壊された二階のガラス窓を耐久強化ガラスに付け替える業者さんが来て、ガリガリ、ゴウゴウと音を立てて作業しているので、音に驚いてベッドの下に隠れていた。
とうとう眠い限界が来たのだろう、イカイカがミューミューとなきながら側に来たこと思うと、コトッとテーブルの上に倒れたかと思うと爆睡を始めた。
一番ヤンチャなこのイカイカは眠くなったり、トイレに行きたい時、独りぼっちになったと思った時など、ミューミューと鳴き声を出す甘えニャンだ。
他の2匹は滅多に鳴き声は出さない。そのままベッドの下で眠りこけているに違いない。
暫くの間動物が家にいなくてネコ缶の餌を出しっぱなしにしていなかったので表れなかったゴキブリがまた餌の匂いに誘われて出現するようになり、昨夜はニャントリオが大興奮で追っかけまわしたらしく、タイルの上に3匹ものゴキちゃんがヒックリ返っていた。
これからも勝敗ありの格闘が毎夜なされるに違いない。
ゴキちゃんには勝ち目無しのニャントリオでアリマス。

***********************



6/24/2014

素敵だね

あるクリニックに定期健診に表れたカップル。
67年間連れ添って人生を楽しんでいるという90歳と87歳なのですって。
 ユーモア溢れる彼等の演奏にクリニック中が笑みに輝いたにちがいありません。 こんな小さな奇跡が人々の心を救います。
急に訪れた天使だったのかも?
 
***********************

こんな素敵なウェディングドレス。
でもこれはトイレットペーパーでできているのですって。
使い捨てドレス、観賞用ドレスらしいですけれど、なんだかもったいない。
結婚式日が雨だと大変な事になりますもんね。
せっかくの素敵なドレスですからやはり安値で見栄えがするからとしても、布製で後々にも残せる、又はカクテルドレスとして再利用出来る方が話題性に富んでいないとしたって、ずっとお得なんじゃァないのかしらね。
「いいえ、これに本物の真珠やダイヤを縫い付けて、式後にシャンペンでドレスを溶かして、溶かし残された宝石は友人出席者達へのプレゼントするのが私の好みなのよッ」と大富豪の姫が言ったとか、言わなかったとか。
でもそんな気構えを持つ富豪の貴女、式に出席してくれる友人達ともトイレットペーパーのような関係でありませんように、ね。

*******************

先ほどまで散々騒いで走り回っていたニャン3兄弟ですが、すっかり疲れて眠りこけています。
これで、今は静かですが、私が何か食べ物をもってきて食べ出すとその匂いで起きてまた大騒ぎするんです。
そう思うと、ネットサーフしながら食べ物を食するのははばかれるので、私のダイエット効果にも役立っているのかも。ははは。
何にでも興味津々で天真爛漫な3ニャンを見ていると本当に心が和みますよ。
彼らも私に贈られた天使のようだ。
もっとも、昨日のようにトイレットペーパーをクルクルと遊びまわってそこら中に散らかす様は一瞬ちっちゃなデヴィルに早変わりしますゾ。 笑

*************************


6/22/2014

無理、無理、無理

ひゃ~~ッ、これ以上は無理だァ~。
2階で字のごとく日曜大工を始めたドンが「ちょっとだけだから、、」と棚の開き戸をドリルで付鐘に嵌め込むのを支えていて欲しいと言う。
今日のところはこの大棚の一部だけだからと、午後の2,3時間の間に組み立てを終えていたのだが、根が生真面目な人だけに適当な仕事は出来ないらしく、ちょっとばかり苛立っている様にも思えた。
見ているだけでも疲れてしまう私はヘルプなんて考えも及ばない状態なのだけれど、今朝の便でジョニーもNYに戻っていったし、子供達はそれぞれに出かけていては、ウチに3匹の子猫がいるといっても猫の手を借りるわけにもいかず当然残る私にお鉢がまわって来たのであります。
5時起きでジョニーをマイアミ空港まで送っていき、帰宅後はネットで人気の「ルーズヴェルト・ゲーム」の最終回を見てから、朝の好天気のうちにスーパーに食料品の買い物を済ませた。
大汗で帰宅したら、またまた大汗の大工作業補助で、気持ちが悪くなってしまったほどだ。大汗ボタボタ、目はクラーン、頭のが空っぽに白くなった。
あとの中棚と小棚は来週末にするからとドンは張り切っているけれど、こんなじゃ来週のヘルプは到底無理ですッ!
なのに、ドンは「この寝室と書斎エリア(Sitting roomと呼ぶ読書部屋)を分ける壁棚を設えようか」なんて言い出す。
業者さんに来てもらうならまだしも、昔のように自分でやると言う。
簡単な作業なんだからと言うが、アンタねェ、先週に半分以上あの世に近くまで行って戻ってきた事をお忘れじゃァないかい?
私自身もこれ以上の作業サポートなんて、無理、無理、無理!!!

***************************
こう見ると寝顔は誰が誰だかちょっと区別が付かない3ニャンズだが、よく見ると♂ニャンはひっくり返ったり、お腹を広げて寝ている姿が多く、さすが♀ニャンのアシュリーは長く伸びて寝ている事はあるけれど比較的におしとやかな寝姿だ。
すっかり我が家に落ち着いたものかドンがバンバンと音を立てて大工作業をしている側で3匹が長くなって眠っていた。
昨夜は3匹がクリスティーナと一緒に彼女のベッドの上で寝たらしい。
私が台所で何かをしている音で階下に下りてきて朝食のおねだりをし、朝食後は私がニャントイレを掃除する音で3匹でじゃれ遊んで邪魔をするというルーティンが出来上がっている。
この家に来て約1ヶ月のうちに来た当事からは倍の大きさに成長している。
あとどれ程まで毎日の天真爛漫に転げ回って遊び暮らすのかなァ、、。
ニャンはじっとしていても、走り回っていても、どんなでも可愛いくて、心がホンワカしないでいられるのは無理、無理、無理。

*********************


6/20/2014

ハッピーフライディー

今日はハッピーフライディ(アロハフライディ)です。
特別何をするでもないけれど、何故か現役で勤めていた時と同じに金曜日は好きな日です。
この一週間が何故か私にはとても長く感じられたのですが、体調を回復していつもの頑固生活に戻りつつあるドンには短いと感じられたそうです。  
今が典型的な夏天候の朝は晴天、午後大雨という毎日で昨日の夕刻には嵐のような天候に地域ストーム警報がなされたほどの雲行きの悪さでしたが、今朝はまた清清しい青空天気です。
この調子では今年はまた一嵐を免れない予感がしています。
ここら一帯の並木沿いや庭に植えられている真っ赤な花をつけた木々は雨で散った花でそこらを赤くしています。

***************

昨夜、大雨が上がったのを機にドンとジョニーとで、最寄の工務店に出かけ、寝室のクローゼットを改良するとかでキャビネットセット一式を買ってきた。
そりやァドンの若い頃には家の一軒さえも基盤から建てられる電気や建築知識があって、今まで住んだ家々はあちこち改造したり、新築再建をしたりしてきたけれど、今の年齢と体調では到底無理なんじゃないかと、ちょっと驚き飽きれてもいる。
木材を運ぶだけでもその体力が無いのに、どうやって壁一面の棚を造るつもりなのかなァ。どうしてやる気になったのかが疑問です。ワカラン。
***************

目の周りに白ペンでシャドーをひいたような顔つきでしょう?目の淵は黒く隈取されていて、以前東京都市でガングロに白唇と白シャドーをして闊歩していたヤマンバ女子のメイクみたいだと思いますデス。笑
といっても、ヤマンバ女子よりは俄然君達の顔の方がキュートだよ~。
このアシュリーの麻呂眉は縦長です。これが横長で無くて良かったね。横長だと漫画眉だものね。

*****************

上はサイトに載っていたニャン細工の写真です。
これらはニャンの毛で作られた指人形と根付だそうです。
猫毛細工を楽しむ人が沢山おられるとか。
ン~、どうかなァ。いくら洗浄して衛生的に再利用されたものでも羊の毛とかアンゴラウサギの毛のようには細工し難いんじゃないのかしら。
私はこれらを作ってみようとは思いません。
鳥の羽や、色々な動物の毛がアートにつかわれてはいますが、私はニャン毛細工はプレゼントで頂いても、ちょっと考え物かも。これって偏見?

****************

昨日オカリナの曲を聴いているとこんなコマーシャルを見ました。
ティーカリナと言って茶器に似せた、又は茶器としても使用出来る和製陶器笛なんです。いい音色です。


Happy Fridayです!
*******************

6/18/2014

今日のところ

今日も特別に記載する話題が思いつかないとグーグルであれこれ検索をしてみた。その前にイメージ検索で珍しい花などを見ていたのだが、ペンブルックパインズ市を日本語で検索にかけると画面に私のブログに載せた写真が数枚出てきたのにちょっと驚いた。
いつの写真だ?ドンが古いテレビでスペースシャトル爆破事故のニュースをみている。どうやら2003年のコロンビア号の事故のようだから今から11年前という事になりますね。
それと10代のクリスティーナのバトン大会の衣装姿が私を10年前にリワインドする思いです。
公に出されて困るような写真は無く、今までに数知れず多くの写真をアップしてきた私ですが、でも、どうしてこれらの写真のみが数年間のウェブ歴で山ほどもアップした写真のなかから流れてこの検索画面に表れたのかが、いまひとつ解せません。
♪何でだろう~何でだろう~~♪ってギャグありましたっけ。
今のところ別にそんなに問題でもありませんけれど。

********************


今日も三銃士は大暴れです。
一番大きい体のキオニ、ちょっと太めでヤンチャなイカイカ、そして一番小さくて神経質キシャな感じのアシュリー、性格も遊び方も3匹三様で面白い。
朝食後は2階の部屋から部屋へと駆け回り、私が台所で何やらするのを聞き付けてはオヤツをねだり、食後はまた居間を走り回って飾り物を相手にじゃれ、やがて疲れてビリヤード台の上でお腹を広げて爆睡というのがニャンの一日といったところですか。
体中を使って遊ぶ一心不乱なところは人間の幼児も同じですね。
たとえちょっぴりヤンチャが過ぎてもですね、「これ、これッ!」としか叱れないのが今のところはそこが私の弱点なのデス。

**********************

6/16/2014

困ったもんだとよき事の合間

昨日の父の日は主役のドン自身がお祝いされるというより、久しぶりの料理人となってデナーを仕切りました。
早朝にジョニーを空港まで送っていった私は何故かどっと疲れが押し寄せてきてニャン達の相手をしながら午後にはベッドの上で読書するつもりが、すっかり熟睡してしまいました。(それぞれのニャンも遊びつかれて爆睡中)
夕食後もまだ睡魔は抜けず、早い時間にベッドにつき、またもや爆睡してしまった。
何だか昨日今日とで10才は老け込んだ気分になりました。*浦島花子状態*ざます。*って、どんな状態と聞かれると、どっと白髪になった気分とでも言いましょうかねェ、、、。

主治医の血液検査やもろもろの検査でもどこにも異常値が見当たらないという極めて健康体なはずなので、これはただただレージィ病(モノグサ病?)なのでアリマス。困ったもんだ。
***********************

外で鳥のさえずりがするのを聞いて、興味深げに木々を眺め怪しむニャン達の姿が可愛い。
子供、子猫は無邪気に遊ぶのが仕事にようなものですから、こればかりは困ったもんだとは思いませんけれどね。
外の様子を見飽きると、その後は椅子から椅子、部屋から部屋を走り回ってじゃれあう事といったら、もう腕白でやりたい放題といったぐあいの大暴れです。
楽しいことはよき事なり~。
健康で行動できるのは更によき事なり~~。

今日の私はいつもと同じで、これといって書く事がない。
困ったもんだとよき事の合間に生きている。
************************

6/12/2014

Three Musketeers 暴れ三銃士

今日は窓枠の業者さんが我が家のガタピシしていた窓を数箇所修繕整備しにやってきた。
修理が終って業者さんが家から出た直後に、怖くて隠れていたちびニャン達はストレス発散とばかりに走り回ること、走り回ること。
修理の為に窓の側に飾っていた小物やドライフラワーなんかを下に下ろしていたのも格好の遊び場となり、かくれんぼ宜しく追っかけたり追っかけられたりの大騒ぎです。
遊び騒ぐのは一考に構わないのですが、困るのは直ぐに家具の下や隅に落ちているゴミや埃をみつけてはじゃれまわり、小さな虫でも見つけようものなら更に興奮し、かじったり、舐めたりで、いつ変なものを口にするのではないかと気がかりで、人間の幼児のように目が離せないんです。
昨日は階下のトイレットペーパーがめちゃめちゃに遊ばれていて、犯人は一目瞭然 --Three  Musketeers(三銃士)がやったな。
そんなで、我が家がいかに隅々が掃除されていない、酷い状態であるかを毎日のちびニャンの騒ぎ具合に暴き立てられっぱなしです。(苦笑)
今はもうすっかり私の手を離れたクリスティーナ・アシュリー、シャーン・キオニとデイヴィッド・イカイカの幼い頃のやんちゃな出来事がこのアシュリーにゃん、キオニにゃんとイカイカにゃんにちょっぴり重ねて思ったりする。

*********************
我が家のメンバーは誰もサッカーのファンではないので、誰一人FIFAブラジル大会の開催を話題にはしない。
私自身もサッカーをフォローは日ごろしていないのだが、スポーツはオリンピックと他は多くの世界大会が気になるといった少し中途半端のスポーツファンである。
このサッカーのワールドカップは大いに気になる。
むろん多くの世界大会は第一に日本を応援し、第二が米国に声援を送る事になるのは私は日本人だもの、しょうがないよね。
(世界政治政策に関してのみ、私は突如に米国人となるようだ。それが私の今の人生だからこれも仕方ない)
頑張ってほしいなァ、日本チーム。
今日からネットやニュースで勝敗をフォローするのが楽しみです。

**************************

6/11/2014

外の様子は?

初めての外の様子は、、なんだ?これどうなってるの?なんだか広くて不思議な世界だなァとおそるおそるパテオに出て見る3兄弟。
一番先に出たのがオチビちゃんのアシュリーだったのが面白い。(実は♀は♂より神経が強いのか、それとも何にでも興味深々なのかも)
何とは無い木々の葉が風に揺れるのを見て驚き、プールの水面に波紋が出来るのを怪しみ、鳥が飛ぶのを数奇の目で眺めるその姿は心癒される想いにさせられました。
毎日の新しい体験を体中で感じている子猫達の姿はとても新鮮で心洗われる感じにさせられます。
外気は清々しく、先日のフィールドファイアも治まって、煙は雨に浄化されたので今朝はすっかり青空を取り戻した典型的てなフロリダの夏天候といったところです。(午後には大雨が予想される)

************************


今週末からディヴィッドは高校最終学年生としての活動が始まるようです。(学校はまだ夏休み中ですが) キャプテンとして大張り切りのようです。 彼等をみていると本当に青春を精一杯生きているようで、応援するこちらまで元気にさせられますよ。
 

6/09/2014

頑張れのエール

朝霧が晴れないなァと思って外へ出て見ると霧ではなくて、どうやら煙である。中国のPM2.5というのはこのようなくらいなのかと一瞬考えたほどの薄煙風景でよく見ると車の上に灰が雪のように落ちている。
エヴァグレイズで一昨日の雷落により2500ヘクタールもの野原が燃えて今日は下火になったけれど、煙の視覚被害でルート27の一部が道路閉鎖されたそうです。
ニュースでは肺器官に障害がある人や動物、子供や老人もなるべく屋外に出ないようにとの予報がなされました。
フロリダ州には山がありませんので、山火事というものはありませんが、沼地に広大な区域に森林が茂る世界遺産にもなっているエヴァグレーズ国立公園では、時折落電や自然発火などで大火事になるのですが、消防処置にも不便な広大な原始林沼地とあって、いつも消火作業が大困難な状態になるようで、完全消火に3日以上かかる事は稀ではないようです。
夕刻になって大雨が降り、煙は綺麗に静まったようです。良かった。良かった。
でも大規模な火事で多くの野生動物達はうまく逃げおおせたかが少し心配です。明日にでも自然保護環境協会などが被害のデーターを調査に入るようです。頑張れ動物達!

*********************

夏休みで帰省中のシャーンは今日から最寄の教会教育学級で夏キャンプの指導員のパートを始めました。
週4日で4歳~10歳までの子供達と一緒にゲームをしたり、本を読んだりして過ごすらしい。
シャーンは人当たりが柔らかい性分なので、子供達から好かれる指導員になることだろうと思いますよ。
デイヴィッドもレストランでキャッシヤーをしているので、それぞれの勤務時間が重なったりするとどちらかが車で送迎をしなくてはならないので、昨夜は皆のスケジュール合わせで家族会議が必要でした。
日本のようにはこちらの交通機関は優れていないので各自が車を持っていない場合は本当に四苦八苦です。
私のポンコツ車はあえぎあえぎながらも、家族のスケジュールに合わせて毎日を律儀にこなしてくれています。オーバーワークにならない事を祈るほどに、よく活躍してくれていますが車に過労で倒れられたりすると困ります。
そこで誰よりも私のポンコツちゃんに「頑張れ!!」とエールを送っている私なのでアリマス。
********************

6/08/2014

始まり

すっかり青空「やはり家から眺める景色が一番だね」とドン。
100%とは云えないかも知れないが、それに近い体調に戻り、明日の月曜日から出勤する。
彼は1週間のヴァケーションが病室で過ごすというアホみたいな結果になってしまったが、これは性分から来る運のようなものなのかもしれない。
そういえば、私も勤務している時のヴァケーション中にインフルエンザで丸10日間ほど寝込んだ事がありましたっけ。
格別の幸運は持ち合わせていないけれど、格別の不運にも負けない運命っていうのか、大儲けもしなくて、大損もしない、普通の人生かな。
どの人も、個々にその人なりの様々な体験や語りくさがあるものです。
面白い人生とは主観の問題ですものね。
毎日が人生の始まりです。

*****************

こんな楽しい夏のケーキのサイトをみました。
これらの花々もシュガーペーストを使って作った食べられるケーキ用の飾り花です。 本物のお花かと見間違うくらいにきれいですよね。


粘土細工でこのようなお花を作る方がおられますよね。
私も数年前にパン屑に糊を練り込みこのような花を造った事があります。
でもその際に着色用のアクリルポースターカラーを混ぜて良い色に仕上がったのですが、それを素手で形つくりをしたことが私のアレルギー体質に影響を及ぼしたらしく呼吸困難に陥るというドジをしたのでした。ありゃ~ですよ。
それからは何にアレルギー症状が出るのかもわからないので、もっぱら自分で作ることはしないようにして、サイトで他の方が作ったのを見て楽しむことになりました。ってのは口実で、だんだん自分で何かを始めるのが面倒になっただけなのかも、、。笑
自己満足したいとか、誰かに自慢したいとか、友人達作ってあげたいとかで、若い時のように作品を見て、「これなら私にも作れる」と思って始める事も全く無くなりましたもン。(年に数回はちょっぴり「何か作ろうかなァ」と考える事はありますが。半端な考えで、器用とも云えない私が今更何かを始めてはオカシイダロ)

********************

おやっ!2階から何かが倒れた音がした。
ニャン3兄弟の仕業に違いない。何かをテーブルから落としたようだ。
天真爛漫に大暴れの一日が始まっている。

******************




6/06/2014

力ずくは無理

今日は家に戻るドーと意気込んでいたドンだが、心臓専門主治医から「この際、ついでに心臓のカメラを通しましょう」とかで、今日はその手術が施されることと相成り、どうやらまた一夜をこの病院のベッドで過ごさなければならなくて、彼のくさる事といったら、また高血圧を起こすほど。
明日退院できるとしたら丁度一週間目となる入院生活がなんとも腹立たしくてならないようだ。
朝の手術の予定時間になっても手術室に向かう気配が無いのにまたイライラ。
体調はすこぶる良好らしく「早く手術を終えて、即帰宅したい!明日には退院出来なかったらここから力ずくでも歩いてでも家に帰る」と彼はいきまいている。
イヤハヤ。力ずくって、駄目でしょ。
*******************

美味しそうでしょう?
肥るのを覚悟でスペシャルチーズケーキを買ってきました。
スーパーのべカリーで買ういつものやつには飽きてきて、いつまでも冷蔵庫におきっぱなしになってしまうのが、これはそうも甘党でもない子供達も食べてみる気になるはず。

何か少しでも美味しそうな匂いがするとニャン達が目掛けて走りよって来て、そのウルサイことと言ったら、、。「コレ、ちょっと向こうに行っててちょうだいョ」との私の言葉も何のその。
躾をちゃんとすることが必要なのでしょうけれど、恐れ知らずの子猫達に私の声は子守唄程度にしか聞こえないのかもしれない。
コレ、コレッ!と叱りながらもチビ達を力ずくで押し退けられない私であります。

新しい遊び場と玩具が気に入ったのだろう、散々じゃれ遊んで、疲れておねむのようだ。天真爛漫とはこのことだねェ。

************************

6/05/2014

好天気

今日はここ久しぶりの朝の太陽がまぶしい好天気です。
主治医のOKが出たら今日の午後にはドンが退院出来る様だ。

シャーンがウクレレの練習をしていると、その音色が心地良かったものか、最初は物珍しそうに眺めていたニャン達はそのままスヤスヤと寝てしまった。
彼は「子猫を眠らせる事が出来る腕前なのさ」と大いに満足げだったけれど、本当のところはニャン達には大して興味がないものだったのかもしれないよ。笑

******************************

そうそう、ニューヨークから帰っているジョニーの話を紹介しましょう。
先週クイーンズ地区の地下鉄から入った階段の真ん中の休み場の端にベビーカーに乗せられた幼児が(多分2歳未満)置き去りにされていたようです。
その階段通路は人通りも多く、沢山の人々が行き来しているなか誰もが側を足早に通りずぎるのみで、ベビーカーの持ち主のような人が見当たらない。
階段下から上ってきたジョニーはそれを見て驚きベビーカーの幼児に「マミーはどうしたの?誰に連れられてきたの?」と幼児に話しかけたけれど、その小さい子の言葉が解る訳もなく、はて、どうしたものかと思っている所に上の方から携帯を耳にした男性が階段を下りてきて、ジョニーに「それは君の子供なのか?」と大声で呼んだので、「ノー!誰も側に居なかったのでどうしたのかと様子を見にきただけなんだ。これは君の子なのかい?」と応えると「アァ、やっぱり放置された子供なんだね。今ポリスに連絡中だったのさ」とのこと。そして暫くして警察が来て子供を保護していったそうだ。
その日はその地区でもう一人の幼児が置き去りにされたとニュースで伝えていた。
先進国の裕福な国のような感覚があるけれど、このように生活苦から置き去りにされる子供が毎日大勢いるのが哀しい現状といえます。

****************************
今朝ネットで見た楽しい写真です。
左のは何の鳥なんでしょうか。固まって木に連なっているのが何だか笑えます。
右のは亀のカップケーキ。
ガミーゼリーで飾られた可愛いものです。楽しいですね。

**********************



6/04/2014

厭きたァ

何だか私の心模様のような雨空がドンの入院日の夜から3日続いていて、うっとうしく気分までが滅入ります。
せめて太陽が顔をみせてくれると、この蒸し暑さから少しは治まるのでしょうが、でもギラギラ暑いなかの外出はこれはこれで困るのですけれどね。
トイレ・シャワー付きの個室ではあっても家での退屈と退屈の質が違うのだろう。が、「今日退院できなければここからの脱走を考えるよ」なんて脅し文句も主治医と心臓外科医の訪問であと少なくともあと2,3日は「退院させません」と強く打ち消されたらしい。
毎日の喫煙、飲酒に加えワークホリックでもあるドンをこの機会に強制的に休養させるとの医者達の意向であるのが見て取れる。
「退院許可を出してくださいよー」「いや、いや、もう少しここに居て検査の
結果が安定となるまでは駄目ですっ」とのやり取りで、前にもこれと同じ状態に何年か置きのデジャブーのような会話がなされていて、少し滑稽さもある。
こちらの病院のシステムでは重病患者でも救急処置や検査が終れば2週間もの入院は稀であるから、ドンも検査が終れば帰宅を許可されることは解っている。重病患者ではないドンの入院は長く引き伸ばされてもせいぜい1週間というところだろう。
一日三食する習慣の無いドンには病院では食べてばかりいるような気がして気が重いのかもしれない。
丁度入院日の午後に二人でマーケットに出かけ、翌日のデナーにはロンドンブロイルを作ると張り切ってお肉を仕入れた彼が、翌日のデナーは病院食のロンドンブロイルが夕食メニューで食べる事になったのが何とも皮肉というか、ちょっと笑える。
彼が退院してくるまで私達のロンドンブロイルはおあずけです。笑
「Oh,こうしてるのが厭きたァ!!」と彼の声が聞こえるようです。

***********************


♀ニャンのアシュリーが私にすっかりなついて私がPCの前に座ると遊びつかれた時には私の膝にのって、徐々に胸から首にかけての居心地定めスポットをみつけようと擦り寄ってくるのでPCの使用をしばしば中断することになります。
昨日から二階にも駆け上がって三匹で大暴れしているらしく、タオルやシーツなんかを引っ張りおろしたり、部屋を突っ走る音が階下にも聞こえてきます。
でも時にはどこから何処へ走ったのか解らなくなって、階下に下りる所が解らなくなるらしく、ミーミーと私達を呼ぶ声が聞こえたり、もう、暴れてはZZZ転げまわってはZZZの一日で、見ていて飽きません。
ニャンの姿を見るのは、こればかりは絶対に飽きない。

************************