8/12/2014

商品無税日

デイヴィッドが戻ると、「誰だァ、この黒い人は?」とニャントリオは仰天しているかのようで、日焼けの黒顔と外からの家族外臭に惑わされているものか右往左往の様子が滑稽だ。
早くも今朝は高校でのカラーガード練習初日とあってデイヴィッドは登校していった。
一週間のガードトレーニングキャンプが終る来週から高校最終学年新学期が始まる。

夏休みの期間も普通出勤のドンだが、大学の新学期がシャーンも同じく25日からということで街はBack to School Saleが盛んに行われていて購入品無税の週であり、食料品や医療品はもともと無税なのだが、その他の衣料品、電化製品や日常生活用品も今がお買い得の時期である。
この州の商品購入税は物価の6パーセントであるので、ジョニーも新しいPC購入時にはセール減額価格に更に税金分の約60ドルをセーブしたことで、お得な気分にさせられたようだ。
でも、この商品無税週が給料日に近くない方々にはお気の毒なセール日となるのは可哀想な方々もいて、この日の為に資金を貯蓄しなければ、何の特にも与れなくてお気の毒でもある。
政府が学期始まりの2週間を商品無税購入を遂行しているのは大いに喜ばしい事だと私は思う。滅多な事では政府からのお世話を受ける機会はないですものね。

***********************
そうなのだ。今日もニャントリオの後始末と、のんびり手抜き家事の他は特別書く事がない。
強いて言えば、私の車がトウされちゃった事かな。
デイヴィッドとジョニーを迎えにマイアミ空港へドンの車で行った際、後方に停めてあった私のポンコツちゃんを動かすのに、片側に停めてあるクリステーナの車の後方に移したら彼女が出かける時に困るだろうと、日曜日の郵便配達が無い日なのをよい事に家の前の郵便箱の側に駐車しておくことにした。
帰宅後私はスーパーに行く予定であったのだが、車がそこに無いッ!
近所の友人宅に居たシャーンからの知らせで、車除去会社の移動運搬機が来て私の車を持って云ったそうな。
車を路上駐車するのは半日は許れているのだが、私の車が郵便箱の前であり、しかも芝生に方輪が乗っていたのが違反だったらしい。
芝生の上駐車禁止といったって、あくまでこの芝生は我が家の敷地庭であるのだが、この住宅敷地管理会社の規制は厳しく、「ちょこっとだって芝生に乗っかっちゃあ、駄目でもんね~~」と云うことらしい。
しかもその私のポンコツちゃんを連れて行った除去会社駐車場所はこの街の向こう側で海岸沿いにあって家からは高速を走っても40分の所である。
ン、もう~ッとジョニーにそこまで連れて行ってもらい、100ドルの罰金を支払って家に戻ってきた。
セレブ住宅地と言うわけでは決して無い、一般家庭外路地なのに自分の庭の芝生にちょこっと車が乗り上げて居ただけで100ドルの罰金かァ~と腹立たしいやら情けないやら、、、。
でも、規則は規則だもんね。ポンコツちゃんにはちょっぴり哀しい気分にさせたのは悪かったと反省してオリマス。
******************************