9/10/2014

ノーわだい

”書く事ない時の猫頼み”と思っていたのが肝心のニャントリオの今日は少々大人しくて、ちょっと当てが外れた感じです。
新しい鈴ネックベルトを買ってきて付けたのが急に駆け回らなくなった理由なのかは解かりませんが、前の鈴より小さくチリチリと鳴るだけで音があまり響かないのが気に入ってか入らずか、前のようにドタンバタンと駆け回ることが少なくなり、互いをミャオ~~と鳴いて探しての確認を取り合うことも無くなって、日中起きている時間もゴロンと横になってばかりの、安心顔というよりも何だかつまらなさそうな顔をしている。何なのだ?
生後6ヶ月のあたりで急に大人猫になったってわけでもないのだろうに、どうやらキオニは自分の図体が大きい事に気が付きだしてきているようだ。
今までに何匹もの猫を飼ってきたが、キオニは際立ってのデカニャンだ。
図体が大きいと見られるのはキオニだが、同じに大きめで短めのイカイカの体重はキオニ以上にへビィ。
「キオニはデカニャンだね~。尻尾もフサフサでリスみたいというか、君はスカンクか。」と、この2,3日は何度も云ったので、それを気にしてるのかなア。(マサカァ。)
キオニ=デカニャン、イカイカ=フトニャン、アシュリー=ヒメニャン。
遊びが少なくなってきてはいても、よく食べ、よく寝、よく出す。
ニャンの食べるのとトイレ用砂の無くなるのが早くて、早くて、、。なんせ、食っちゃ寝、食っちゃ寝のニャントリオ。
と、いっても、私自身が食っちゃ寝のニャンに似たような生活をしているわけですから、なんとも言い訳は出来ないところでもありますが。

ニャントリオがヤンチャ以外の何かの面白い話題を提供してくれると良いのですが、当てにはできないでしょうね。とかくニャンとは気まぐれ者ですから。

********************

今日見たサイトにあった鳥がお昼寝をしているように駆られた庭木。
アンヨはなんの植物で出来ているのかしら。
足指の節目がよく出ていますから、蘭の茎のようにも見えますね。
広いお庭でゆっくりとお昼寝している姿はユーモアたっぷりで一緒にお昼寝したくなりますよね。
それと市販のピーナッツクッキーを耳にして作られたチョコレートクッキー。
口の回りも市販のピーナッツチョコですから、これはクッキー・オン・クッキーですね。
今ウチに小さな子供がいたのなら、私も早速これを真似てワンコクッキーを作ってみたかもしれませんが、ウチのニャンコ等はチーズケーキは好きですが、クッキー類は苦手のようです。
クッキーまでねだる様なニャンだと、ちょっと困るか。
*******************