9/29/2014

どうしたの?

先週からどうしたわけか家の電話が不通です。
何か最近静かだなと思っていたら、家庭電話機が繋がっていない。
テレビをつけている時は外線が入った知らせが画面に現れるのですが、電話機は電源ライトは光っていてもコール音が出ないし、回線不通のようで受話器からは何の音信が無い。
電話機本体が故障したものかと新しい機種に取り替えても結果は同じ事で、今朝電電公社に携帯からその不調を連絡を入れると、4の5とちっとも拉致が明かない。
家族はそれぞれ自分の携帯を使っているので家の電話回線不通でも別状無いのだが、この敷地警備ゲートは来客があると各家庭の電話通知で家人の許可を得なければゲートを開けない事になっていてる。
結局家の回線ボックスのネットやテレビの電源はOKだが電話線がコネクトしていないのだろうという事で、2,3日中に新しいボックスを配送してくれるそうだ。
暫くはクリスティーナのボーイフレンドやディヴィッドの校友達など来客がある際には前もってゲートに開門許可を知らせる必要がありそうだ。

今朝はずっとその電話機不通の件でかかりっきりになっていると、平常の朝の様子と違うとニャントリオが察したものか、特にキオニが私の周りでゴロニャンとしつこく迫って来て離れない。
『どうしたの?何かあったのォ?まさかオイラを邪魔になったから家から追い出す相談なんかしてるんじゃないよね。なんで、こっち視てくれないの?なんでいつものようにPCの前に座ってるんじゃないの?なんで?何で、ナンデ~~??』ってな具合に体をスリスリしたりゴロリと足元に広がったりする。
OK,OKもう終ったから、いつもどおりねとPCの前へ。
どうやらやっと安心したらしく他のニャン達のところへじゃれに行った。

*********************
   
ユウチューブであれこれ視ていたら、この懐かしい歌に出合い、つい、いつもの私の世界で遊んでしまいました。
永禄輔&中村八大が作った歌の数々は私の青春の想い出が詰まっています。もうこのような曲を聴く人は少ないのでしょうね。

先日物真似歌手達が出演のバラェティを視て思ったのですが、元々音楽番組には興味があったわけでもありませんので、しかも在米が長くなった今では誰が誰の真似をしているのか、当の本人歌手やその代表曲なんかがまるで解からなくなっていて、ちょっと寂しい感じです。
渡米後も沢山の日本の新曲を聴く機会はあって、勤務先などでも色々な情報は得てきてはいますが、やはりそれらは私が実際に体験して実生活に決続してはいないものなので体感事実が少ないわけですものね。
昔の曲を聴いて回想に耽る考えは私ばかりでは無くて一般的に昭和人間の悲哀でもありますか。
良い曲、歌というものはどの時代にもありますし、人の好みもまたそれぞれでしょうから「昔はよかったァ」なんて事は言いませんけれど、唯これは今も私の大好きな歌ですよ。
********************