10/21/2014

もう、いやっのお話

昨夜寝室のドアをロックし忘れたので、(開き戸上部についているロックは私では手が届かないので、ドンが就寝前にはいつもしてくれるはずだったのだが、つい忘れたに違いない)例によって、ニャントリオは朝の3時に私を起こしにかかり、家具をガリガリするは、ダダーッと駆けるは、ガサゴソと紙袋にアタックするは、パタパタとベランダ戸のカーテンで遊ぶはの大暴れ。
階下へ眠い目をこすりながら降りると一緒にドドどーッと駆け下りたニャントリオが『ほらーっ。水もカリカリもなーんにも無くなっちゃったってば。』だと。
そうかい。ならば水を容器に入れ、餌皿を満杯にし、これでいいんでしょう。

二度寝した私の耳にまたもやガリガリ、ダダーッ、ガサゴソ&パタパタの不調和音である。
時計はまだ6時をさしているから、あれから3時間後だ。
さすが今回は水も餌もちゃんと残っているけれど、『退屈なんだわーィ。窓を開けてよ、パテォで遊びたいからニャン。』と云う。(そう云ったと思う)
へいへい、かしこまりましたでゴザイ。私はニャントリオの”飼育係兼お手伝い”でありますからしてェ、どうしてもこのような”要求する者”とそれに”対応する者”といった現実的な縦列関係に陥るのでアリマス。

窓を開けて3匹が探検に出かけたのを後ろ目に寝室に戻ると、ややッ、何、アシュリーや、アンタついてきちゃったのォ?
こうなると仕方無い。どうせもうすぐ起床の時間だ。
ドンはもう少し横になっていたいのだろうから、再三大騒ぎをさせないためには、もうちゃんと着替えて、起きる事にしましょうかね。

私を再三騒いで起こす君達にお仕置きを考えちゃったもんねー。
「イヤだってばァ、やめてよォー』って逃げた君達の嫌いなハロウィンの帽子、かぶせちゃうもんね。
あら、お似合いだ事。参ったかァ。
もう、いやっと云いたいのは朝早く起こされるこの私の方ナノダど。
今晩はドンにしっかりとロックを忘れないようにいわなくっちゃァデス。
*********************

今日一日この2,3日とは変わって、どんより曇り空。
冷房はつけっぱなしで、窓や戸を開け放しても外気と室内の温度差が微妙に生ぬるくて苦にならない。
やはり、秋だなァ、とそんな思いを感ずる今日の曇り空だ。
街はハロウィンと収穫の秋の飾り付けでうまっているなァと感じ入っていたら、なんと一つの店先には早くもクリスマスの飾りものが置いてある。
まだ、10月だってのに。気が早い。
年々こうして行事の飾り付けが早くなっていくのには、理由があるのかしらん。
どうしても何だか生きるのをせかされているようで、私にはそんな早足で時に追い越されては困るんだけどな。
でも小さなお子さんがおられる家庭だと、こんなホリデーシーズンが待ち遠しいのかしら。
お向かいのオタクの緑の木々に綿でくもの巣をあしらった、ハロウィンの飾り付けがつけられたのは先週だもの。
もうすぐハロウィン用にキャンデイを沢山買い込まなくっちゃァだね。
***********************