10/26/2014

面白い違い

左上は毎度お馴染みのタヌキじゃなかった、キオニの寝姿であります。
そして右は写真を撮っている私の顔を冷めた様子で見ているイカイカ。(『なにをまた撮ってんだかサ』と云っちょります。)
今日はこの2匹が一緒で遊んでいるようで、♀ニャンのアシュリーは『うるさいでしゅ。アタチは向うに静かに寝てるから、探さないでって兄ちゃん達に言っといてニャ』らしい、私が外出から家に帰ってきた時の物音と私が声を上げてブラザーニャンズに話しかけている時以外は顔を表さないようにしているみたいだ。
時には3匹で散々家中を駆け回って遊びジャレをするのに、時々は期間的にペア組みを変えては2対1になることもあって、このトトロオババにはそこんところのニャントリオのルールなんかはイマイチ解からないところなのであります。でも人間も動物もその多くは♀が♂をうっとおしくて避けたい感情が根底にあるような、、、ないような、、、。(実はあるんだヮ)
寝起きに自分が独り残されていると寂しいのかミュ~ッと鳴いて皆を探す仕草をするのはキオニとイカイカで、アシュリーなんかだと『あら、他の皆は何処かへ行っちゃったか、それじゃ、もう一眠りしましょうっと。』といった様子だ。仲間意識が薄いと云えば、そうなんだろうが、体は小さいのに♀の方が肝が据わってる感じは否めない。笑

*******************
あるサイトでHoya Wax Flowersの画像を見て、ちょっと面白いと思ったのでここにご紹介します。
植物の知識のある方には珍しい花ではないのかもしれませんが、私が始めて見知る花としては上位に上がる楽しい外見の花です。
沢山の画像から9個だけをコピペしたのですが、それはもう色々な形や色があって、一つ一つをワイドスクリーンにしてみると、どれもがワックスの名のようにロウか粘土で作られた造花みたいなのが面白いですよね。
バラや桜や他の沢山の花や植物だって、色々な種類、色、形があるのですから、当たり前と云えばそれまでかもしれませんが、こうまでツルツルのとフサフサのとがあるのもこの花の違いに驚きを感じたりしています。
あれ、珍しい花とよくよく見たこの画像、Moon Flowerとある。
でも、Morning Glory朝顔の花が開花する前の蕾を固めてある感じだから朝顔の種類だろうな、というか、夕顔の蕾を一箇所に集めたのじゃないの?


Checker Flowerという点々模様の花は、どうやら黒百合と同じ仲間らしい。
チェックというより、私には水玉模様にみえるけどなァ、、、。

まだまだ、世の中には私の知らない、見た事のない植物や動物がいっぱいいるのですねぇ。
それとも私が博学ではなく、薄学の世間知らず人間であるって事なのかも知れないね。
同じハクガクでも博学ではなく薄学って、これは面白くない違いだろうけれど。

*************************