12/27/2014

良い一日

宗教家ではないけれど、集う日として家族一緒に一日を楽しく過ごせたクリスマスでした。
ニャントリオも新しいプレゼントのジャレ玩具に夢中で、ものの3,4時間後には全部があちらを壊し、こちらを齧り取り、咥えて走り回ったりで、もうメタメタ状態になっています。
クリスマスプレゼントを期待したいたわけでは無い私にも子供達からそれぞれに私が日常に使えるものを(ソックスやスリッパやら)を揃えてくれて、もう数年前にコレクトを辞めていたトリンケット・ボックス(ピルボックスとか小物入れ箱)をJohnnieが通販でオーダーしたくれたのが、ちょっと予想外でした。

大層な豪華デナーではないものの、Donが焼いたハム料理もお味は抜群で、皆が満足の一日でした。

寒いクリスマスが予想されていたのが、なんとも蒸し暑くて、周りも長袖の服やジャケットをつけている人は少ないですよ。
冬服が一枚もないので、先日ネットで数枚オーダーしたのですが、いま、やはりここで長袖を着る機会は余り無いので、ちょっと失敗したかもと考えはじめています。

今年もあと4日を残す限りとなり、今頃が日本では大晦日に向けて多忙を極める頃なのでしょうが、こちらでは大晦日の大人の飲み会以外では大したアクティヴィテイはありませんし、特に子供達にとってはただの静かな何も無いホリデーというところですね。
あっという間に過ぎ去る一年の2014年。来年もまたあっと言う間に来て、あっと言う間に過ぎ去るのかしらね、多分そうに違いないですけれどね。
皆様どうか良い暮をお過ごし下さって、2015年はより良い年となってお暮らしくださいますよう。


これからJohnnieがネットで例のソニーの問題作「インタビュー」をダウンロードしたので家族で見ることに。
孫達は昨日のリリースと同時に友人宅でそれぞれもう観たのだそうで、私の知る多くの人達が今話題にしているところです。
後に感想を述べるのはちょっと控えましょう。
良いも、悪いも、好きも嫌いも別として、あくまでもコメデイ、オハナシ、作り事、冗談、戯れワザ演技ですしね。フフフッ。