1/31/2015

生き物は皆大事

私が風邪を引いて弱っていると聞いたDonの勤務先お仲間がビタミンの代わりにとスターフルーツをもたせてくれました。
私はいつもは熟れていない蒼いままのスターフルーツをスーパーから時々買って酸っぱい物好きのDavidに出すのですが、このように自宅の庭でとれるまで熟された黄色いスターフルーツには滅多におめにかからないわけで、今日はその甘いのを頂く事になりました。
今では日本でも色々なフルーツや野菜が手軽に食するようになっているようですが、私が在日の頃の時代には食卓や八百屋さんでも置かれない珍しいものを知るすべはありませんでした。
その逆で昔良く食したのに今ではお目にかからないものに、ユリの根や銀杏があります。
亡母が大鍋に作ったうま煮の材料に一つであるユリの根は私が大好きな味の一つで、そればかりを摘み取って食べて叱られたりしたものでした。笑
これからも生涯あのユリの根を口に出来ないのかしらと思うと寂しい限りです。

今日も好天気、今日は少しプールの水をたしておかねば、大分蒸発してしまっています。
パテォ沿いに常連アヒル達がやってきて私がパン屑を逸撒くのかとまちかまえているようなので、ひとまずやってきます。
写真をとったのですが、白黒のアヒル達の羽が地面の太陽光と影とで迷彩色となって何がなにやら見違えそう。
真っ白や茶一色のアヒルはここらでは滅多に見ることはありません。
白黒の上に赤い醜い斑点がくちばし上に付いていてお世辞にも可愛いアヒルとは云いがたいのですよ。
写真には写っていないかな、Ashleyが気にしている白とグレーの縞々アヒルちゃん。何故かこのちっちゃなアヒルが私にとてもなついています。
と、今おもったのですが、この頃グレーに白模様のセーターを着ているので、自分の仲間かママと勘違いしているのかも。
それで、Ashleyがそれをセンスして『違うよー。これはアタチのトトロ御婆でシュ。』と見張ってるってとこなのだろうか。笑
野生動物に餌付けをする事は敷地規則で禁じられているので、これは私の密かな楽しみではあるのですが、ブログに書いちゃっても大丈夫かいナと心配してくださる方もいましょう。
動物好きの御婆を多めにみてくれる人は多いとは思いますがね。
私がアヒルの所へ行くと、ニャントリオはとても焼餅をやくようで、家に戻ってからも3匹は文句タラタラなんですよ。
いいじゃない。生き物はみんな大事にしていこうよ。ねェ。

昨夜Davidの高校生最後の部活家族の夕べが催されたのですが、私の体調での参加は無理なので、今日PCでその様子を見させてもらうことにしています。これを始め、今年いっぱいは「高校生活最後の催し」が多くなるDavidはまだまだ忙しそう。せいぜい生活を楽しんでもらいたい。