2/26/2015

送別会

あと1日を残すのみとなったDonの勤務だが毎日のように感謝会や飲み会が催されていて何やら贈呈品を持ち帰る此の一週間、一昨日は大学教授会から功績表彰の盾を貰ってきた。
入校の当初は僅か100人足らずの学生であった航空科は今や中国や南米政府教育関連と契約入学受け入れも始まって毎年数百人の学生増加があっての数年が経ち、国内学生は200人以上もの入学待ちになっていて、それら全域での彼の働きは誰もが認めるところとなっている。
昨日午後には秘書課の方々が送別会を開いてくださって、私も息子と孫と一緒に呼ばれて参加してきた。
ユナイテッド航空社勤務の時もそうだったが、彼は何時もとても優秀な秘書に恵まれていて、付き合いの悪い妻の私はいつも安心して全てを彼女等に任せてき、本当に感謝してもしたり無い程お世話になった。
「相手を見ればその人間の人と成りが解る」と云われているが、Donの場合ではその言葉は妻ではなくて、秘書やアシスタントの方々の功績があってのものに相違ない。
「今までDonを支えてくれてありがとう。ご苦労様」の言葉を彼女等に贈りたい。
明日の最後の勤務の後は仲間と皆の溜まり場となっているバーレストランのフーターで本当の意味の送別会が催されるらしい。

明日はDavidが部活のガード州大会でオーランドへ出かける。4月の世界チャンピオンシップに向けてフロリダ州代表の揺るがぬ位置を勝ち取りたいと必死の練習が毎日行われているようだ。
何にでも一生懸命になっている若者を見るのは嬉しい事だと思う。きっと好成績を取るに違いない。
高校卒業までは後2ヶ月だ。

一番毛長のイカイカはそれなりに毛の手入れもしっかりとするせいなのだろうが、今朝は毛玉を吐いていた。
ニャンと毛玉の関係は切っても切れないものね、仕方無い。
3月20日がニャントリオの誕生日だ。
1才になるともう子猫の顔はどこにも見当たらないが、子猫の様にじゃれ回るのは今も健在だ。
世界で一番の熟年ニャンコは現在29才だそう。
カメニャンが24歳近くまでの長生きだったが、ニャントリオはどうなのかしら。
彼等の先はまだ長い。レインボーブリッジ到達は私の方が先なのかもしれないな。3輪車を乗り回してちょっと調子に乗りすぎたのか今日の体調がイマイチで、それほどに体力が無い自分にまた落胆している。
今週末からはDonが在宅で私の体調に目を光らせるのかと思うと、ちょっとストレスになるかも、、だ。

2/24/2015

トライシクル散歩

オーダーのトライシクルが届き、Donが直ぐに組み立てをしてくれたので、今朝は覚悟して(ハハハ、何の覚悟なんだか)近所を一回りしてきた。
Oh、10年一昔と云いますが、その一昔前の感覚とは大違いでした。
以前使用のトライシクルは24インチ車輪で前方ブレーキのみでしたが、今回のは女性用に20インチ車輪の小型で前方と後輪にもブレーキがついている。最近では運動のの字もやらない私の足は力不足でやっとの思いでノロノロと走ってきた。
昔はこれに子供運搬用車輪をつけて、孫二人を乗せてメイン通りまで走って遊びに連れて出たものなのに、あれは夢だったのかと疑うほどに現在は私の筋力は衰えきっている。
昨日は私の体力を知るDavidが「危ないからこの近所だけにしておいてよ。本当に大丈夫なの?」と私のトライシクル・ライドに反対の意を表している。
無理は禁物。徐々に走る道を延ばしていくことにしましょうかね。

外から家に戻るとニャントリオが駆け寄ってきて「何処に行ってたのォ?買い物袋は?何かもってきてくれた?」等とうるさく嗅ぎ回る。
何も目新しいものが無いと解るとしらーっとしてそれぞれに去っていった。

最近ニャントリオはプラステックに興味があるようで、人形の髪飾りや造花の茎、買い物袋や紐類をカジカジする。
昨日はバスルームに造花の花びらがバラバラになって散らかされていて、どうやら♀のアシュリーのせいらしかった。私がバスルームに入ると、アシュリーが得意げにその様子を伺っていたので、生花が好きなのはキオニだが、香りの無い造花をチマチマと触ったりするのはアシュリーに違いない。
次はどんなイタズラを考えているのやら、、、。イヤ、考えも無く何かイタズラをやってのけるのが我が家のニャントリオだね。

2/22/2015

マーケットへ

目的の品だけを求めてスーパーに買い物をするのは一店舗の往復だけに留めている私には珍しく、今日は2店舗の梯子買いをしてきました。
生チョコレートチーズケーキが食べたくなって買いに出かけたのでしたが、運転中に昨夜の夢で美味しいキムチが出てきた事を思い出すと、どうしてもキムチと納豆が欲しくなってアジアマーケットまで足を伸ばす事にしたわけです。
ニャン達への特別オヤツの裂きイカのおつまみと味付け海苔も買いました。

ゴメィ・フード・マーケットではチョコチーズケーキが売り切れていたので、フルーツタルトを買いましたが、タルト底は生クリームのみという残念な結果でしたが、浅い焼き物の器が可愛いので、これは再利用が出来そう。
ニャン達のカリカリ食入れ器にでも使えそうです。
イタリアン、グリーク、アメリカン惣菜が並ぶ中、いつものオリーブのオイル漬けや枝豆とチックピーのサラダ、炒めニンニクなども少々。

帰宅して早速キムチを頂く事に。
今では体調が回復して毎日の胃腸薬の効果もあってか辛い物も、とても美味しく頂けて、一時を満腹の幸せを心から楽しんだ私でした。

日本の今の食品物価がどれほどなのかイマイチ見当が付かない私ですが、上記のフルーツタルトは一皿が$3.99(約480円)に対し、アポロチョコは1個がその倍のお値段がつけられていて、こちらでは日本のチョコは割高です。

熟年には色に走ったり、食べ物に走ったりする傾向があると聞きますが、さしずめ私は後者ですね。ストレスも無い代わりに話題に欠ける私の日常です。


2/21/2015

一桁温度

北部からの寒波到来で昨夜は摂氏14度程から一ケタ台にぐっと温度が下がり、昨年は一年を通して切っていたセントラル温調のスィッチを年中Onにしてあるエアコンから切り替えてヒーターを入れる程になった。
「こう寒いとハワイが恋しくなる」とDonはセーターを出して溜息。
分厚い毛皮コート着用のニャントリオは犬コロのようにはしゃぎまわっている。
多分寒さに強い血筋なのだろう。(それだけ暑さには弱いかもしれないね)
太陽があまりにも燦々と輝いていて目が痛いくらいで、家の中からは外が寒いとは予想が侭ならない。

ニャンの事と気温の話をしたら、既に何も書く事がなくなってしまった。
午後にkristinaが仕事から帰宅したらJohnnieと連れ立って趣味の店にでも出かけてこようかしら。 それとも、、、。 2月19日記********

この2日間ほど寒くて何やら冬眠状態で日永ぼんやりと暮らした。
今日21日(土曜)は北風が治まり、東風の何時もの暖かさに戻り、家中の窓を開け放して新鮮な空気を楽しんでいる。
早朝5時、Johnnieをマイアミ空港に送る途中、Davidも部活の州大会予選が
彼の高校で開催されるとかで送ってきた。
高校生活最後の数ヶ月を心から楽しんで暮らしているDavidの青春だ。
Donの勤務は来週1週間を残すのみとなり、毎日同僚や関連者からの飲み会に誘われていて、水曜日には学校内でアシスタントの方が私達夫婦に感謝会を開きたいのだそうで私も参加を誘われている。
一昨日には教授会会議の際に10年間勤続のバッチを貰って帰宅したのだが、それをつけるのは1日でもあるのかしら、彼は「退職記念バッチ」だと笑っている。
ユナイテッド航空の35年退職の時はチッチャィながらもダイアモンドが付いたバッチだった。大学は教授が多いからコマーシャル航空社のように管理職には左程の気使いはないのかもしれない。
どちらも大事な職務ではあるけれど、もっとも大学は将来のある学生達の未来を守っているけれど、航空会社では多くの人命そのものを守っているものね。

こうしてブログ更新をしようとしている私にキオニがニャンニャコ何やら訴えてくるのだが、いったい何を彼は欲しているのかがワカラン。
砂箱掃除も済んでいるし、水とカリカリもウエットフードもちゃんと取り揃えてあり文句の言われようが理解し難い。なんなのか、後で解るのかもしれないが、単に甘えているのかもしれない。
さてっと、今日はゴメィショップにでもスウィートを見に行ってきましょうっと。







2/18/2015

寒波が来るらしい

昨日、今日とではまるで打って変わってグズグズの空模様。
北部の州では寒波が猛吹雪の積雪で彼方此方に被害が及んでいるらしい。
何時もの透き通った青空が見えないと、何か気落ちしてしまう。
こんなドンヨリ曇り空ではウィンター病になってしまう危うい状態に今朝はニャントリオも何を訴えてかニャゥ~ニャゥ~とキオニの口数が多いようだ。
多分にして「外は薄暗くて、何かつまらないよ~。何して遊んだらいいのさァ~~」ってな、くだらない文句を言っているに違いない。
私がもう触っていないせいなのだろう毛糸玉にも飽きたのか放ったらかしになっている。あんた達も飽きっぽいねェ、何にでも夢中になっていたかと思うと、直ぐに飽きるものね。私と同じか。飽きっぽいのは私も猫並みだ。

一昨年まではコミックの「サイモンの猫」を見ても「こんなヤンチャで暴れん坊のニャンなんて、飼い猫で実在しないに違いない」と思っていたのが、今年は「いる、いる。こんなヤンチャ猫。ウチのニャントリオみたいだもの」という考えに変った。
このクリスマスのマタタビで遊ぶサイモンの猫がウチのキオニにそっくりなヤンチャぶりに笑ってしまった。
明日の肌寒さはもっと低温となるとの予報だが、さすがにモフモフニャン達でも外で遊ぶのは控えるかもしれない。
ヤンチャせずにヌクヌクと爆睡しているモフモフニャンは可愛いなァ~~。
寝ていると何やら構ってやりたくなるし、騒いでいれば、何とか寝かしつけたくなるのがニャンのニャンたる不思議な魅力の一環では在りませんか。笑



2/17/2015

毛糸でクッションカバー

友人の車で出かけたDavidの旅行中に私の車のオイルチェンジやらして調子を整えておいたので、乗り心地を試すのにもちょこっと外出をすることにして久しぶりに趣味の店に寄ってきた。
楽しくあれこれ見たり、触ったりしていいなァ~と思ったけれど特別作りたいものも考えられずに、何をするでもなく毛糸と編み棒を買ってきた。
極太でザクザクやれば何とか飽きる前に作り上げられるやもと甘い期待をして大きな毛糸球を抱えて帰宅すると、ニャントリオが早速駆け寄ってきて「ナーァに、その袋の中。見せて、見せて。」と騒ぐ。
目作りを始めると、「わーい、楽しそう。触らせてよ。何?面白い玩具だね。」と代わる代わるに手やら、鼻やらを押し付けてきてウルサイほどの邪魔をしてくる。ニャンは毛糸好きだものね。

最初はシンプルに長編みでモチーフを作って、それを何枚か繋ぎ合わせて小さな膝掛けでも作ろうかななんて思ったのだが、もっと簡単中の簡単にと云う事で、クッションカバーをつくることにした。
ザク、ザク、コシ、コシで、あっという間に出来上がっちゃったもんね。
でもその雑でお粗末な作品と云えば御幣がある、写真に撮ろうものなら皆様のお目の毒となろうもので、さすがコッ恥ずかしい代物なので、それはご免下さいましィ~。
残った毛糸は少ないので、何か他の物を作るのは無理みたい。あとはニャン達の遊び玉にしましょうか。
一つの物を完成はできたけど、これでもうやる事がなくなっちゃったなァ、、、。




2/16/2015

後ろにも目

今月のFriday the 13thと14日のValentine's Dayも無事過ぎ(毎年2月と3月にFriday the 13thがありますから)今日はPresident Day(大統領の日)という祭日で、今日も連休のDavidは散々休日を楽しんで今晩に帰宅するとフェイスブックで報告をしていた。(写真はUniversal Studioの乗り物で興奮の様子)
全米の祭日であっても政府関連と特定の教育・学校は休日であるが、Broward Collegeは州立校であって、国立では無いので、Donは普通出勤である。もっとも退職まではあと10日の出勤を残すのみ。

バラと向日葵という一風変ったフラワーアレンジの花束を貰った。
多分残り花を合わせた品なのかもしれないが、これはこれで色合いが面白い。バラの花の香り大好きなニャントリオは目を離すと直ぐにバラの花を齧ったり、添え枝でジャレ遊ぶので暫くは私の頭の後ろにも目玉が必要の様だ。
見て楽しむより、味で楽しむのが好きなニャンの癖は解らないでもないが、私は長く見て楽しみたいもの。

トライシィクルをプレゼントに買ってくれた。こうなると否が応でも外に出て乗り回さなければならなくなったのが、ちょっとばかり心苦しい。毎日30分は敷地内をヨロヨロとしても走りまわらなくっちゃあ、散財に申し訳が立たない。少々困ってる。
注意満散になりがちな私の今日この頃、こちらの方でも後ろに目が必要になってきた。

2/14/2015

猫がもう一匹出来るね

バラは赤くて
スミレは蒼い
アナタの家庭は恵まれている
何故ならそれは
アナタが居るから

ヴァレンタイン・デーの今日、ブログお仲間の皆さんに此の言葉を捧げます。

ヴァレンタインを祝う年令でもないと云われますか。そんな事はありません。人に感謝し、愛を告げるのは日と言うのは何日あってもいいじゃありませか。

この2,3日肌寒い事もあってか、ニャンの毛がフワフワと立っているばかりか彼方此方ドタバタと駆け回るので、家中にフワフワと毛玉がちらかっているのを見てKristinaがニャントリオの毛鋤をして「抜けた毛玉で余りにも多くって猫がもう一匹出来そう」と言ってます。笑
主治医が「貴女はアレルギー体質なので、猫の側に行かないように」と云いますが、我が家の状況では側に行かないわけにもいきませんし、第一、ニャンの方からスリスリと寄って来ますから、到底猫を避けての生活は無理というものです。大丈夫、動物の毛には慣れる様にしますから、、って我が家に動物が居ない時期はわずか数ヶ月の事ですから、もうとっくに動物の毛には体が慣れていても良さそうなものに、、、と、あまり気にはしていません。
体にあらゆるものに対応できる免疫力が必要なのだと思われますから、なんてニャンを側に置くいい訳をしています。

どうやらDavidは無事にオーランドの友人宅に着いたようで、フェイスブックに元気な報告がありました。
この辺が肌寒いので、北中央部のォランドはここより何時も寒いので、風邪を引いたりして持ち帰らないよう要注意です。

そろそろお花なんかが届いても良いと思っているのですが、今の所なーんのそんな様子がない、、。ふむ、どうしてかしらん。




2/12/2015

して見たいアイデア手袋

私が何やらヴァレンタイン・チョコの用意をしてアレコレ紙袋に積めていると、いつもの何にでも興味津々のニャントリオが入れ替わり立ち代り私の手元の邪魔をするので、Johnnieに邪魔者を連れ出してもらうと、一匹を連れて行けば次の一匹が来ると云う状態で、3匹目のAshleyに袋をガサリと音を立てて脅かすと、それに驚いたAshleyは袋紐取っ手に首を丁度突っ込んだ形で飛び上がって更に自分が立てた音で驚いて、紙袋をスーパーマンのマントよろしくひっかけたまま駆け回ってその様子があまりにも可笑しくって当ニャンの仰天振りにJohnnieと二人で大笑いしてしまいました。取り押さえてマントをとりはずしてやったその後のAshleyのガックリ顔がまた可笑しいのなんの。笑

サイトにヴァレンタインと関係が無さそうなこのような手作りクッキーが載っていました。
市販のピーナッツクッキーと大小2種類のキスチョコレートを貼り付けて「どんぐり」のような形のアイデアクッキーです。面白いですね。

今日は寒波が近くなってきたとかで、少々肌寒い。
昨夜からベッドカバーをもう一枚増やしてかけています。寒さに本当に弱いDonは今朝は子供達からクリスマスプレゼントに貰ったセーターを羽織って勤務にでかけました。プレゼントを貰った頃はこんな厚めのセーターを着る機会がやってくるとは少々考えがたかったので、今日のDonはそれが着れた事で嬉しそうでしたよ。
もっともサイトにあった指先カバーのあるアイデア物の編み手袋を感心して見る事はあっても多分これを嵌めるほどの気候にはここらではならないだろうなァ。若者がアイススケートリンクに遊びにでかけるのには良いでしょうが。
私もこんな可愛さと実用が兼ねている素敵な手袋をつけてみたいと思いますがね。多分世ではもうそれほど目新しいアイデアではなくて、既に沢山出回っているのかもしれません。このフロリダで見る機会がないだけなのでしょうね。

やっぱり編み物をしてみようかな。それとも毛糸を購入したらそれからは見向きもしなくなるかもなァ、、私の飽き性の悪い性格です。



2/11/2015

ヴァレンタイン・デーが近いので

最寄のスーパーにDonの仕事仲間へのヴァレンタイン・チョコレートを買いに出かけてきた。
今年のバレンタイン・デーは土曜日なので、金曜日の出勤に持っていくようにしようとの事である。
毎年Donが秘書や、アシスタント学生や守衛の方にもちょっとした小さなチョコレート箱とプレゼントを上げるのに私がそれらを準備する役目で、今年は10回目になるが、これが最後のヴァレンタイン・デーの用意となるわけで私のプレゼント買いの役目を一旦終了となるわけだ。
ハロウィンやクリスマスと同じくらい今では日本でもヴァレンタイン・デーを楽しむ方が多くなっているとか聞きます。
こちらでは低学年の子供達はヴァレンタイン・デーも学校を挙げての行事に一環ですから大人も子供も老若男女が友人や家族と知人に愛と感謝を交わす日として育てられてきているわけですね。
子供達が大きくなった今はもう彼等にプレゼントを渡す事も無くなったのですが、家に帰ってから、「ニャン達にもヴァレンタインのプレゼントをかってきてあげればよかったな」なんて迎えに飛んできた3匹の顔をみて思いました。誰に何をするでもなくとも私はこのような全国的行事が何故か心浮かれる私です。

若いKristinaは恋人か友人かで一緒に楽しい週末を送るでしょうし、Davidは数人の友人達と一緒にオーランドのユニヴァーサル・スタジオに2泊旅行にゆくそうで、何の計画も知らせてこないのは内気なShaun独り、彼はどういうヴァレンタイン・デーを過ごすものやら私の知る限りではまだガールフレンドを作れずにいるようですよ。大学生時代が日本では一番楽しめる時期なのだろうとおもうのですが、ShaunはちょっぴりOutgoing性が足りないのかもしれません。
Outgoing性が足りないといえば、他の人の事を言っている場合でもないのかもしれません。
私があまりにも家に引っ込んでばかりいるので、Donが散歩でも何か軽いスポーツをすることを勧めてうるさいので、数年前にこの地域内で乗り回していたトライシクル(大人用3輪車)をまた購入してもらおうかなァと考えています。
でもウチの車庫にはJohnnieのヤマハ750のバイクとDonとKristinaの車でキチキチなので、(私の車は車庫前専用路にとめている)トライシクルの置くところが無いので考え直してはどうかなんて云ってます。
う~ん、でも散歩って退屈なんだもの、、、。スポーツ自転車は私は乗り切れないし、、、。3輪車が私には一番楽チンなんですがねェ。
日中はゴルフ場の小路を散歩するのは禁じられていますが、早朝か日没
には敷地住人は誰でも自由に27ホールの小路を回る事が出来ます。

しかしですよ。昨日今日は膝の調子が良好なのでこんな事を考えた私ですが、また痛みが出るようになったら、3輪車の3も言わなくなる矢も知れませんね。やはりまた新しいのを買うのは早まらないほうがいいかもデス。


2/10/2015

何かしたいのですけれど、、、

今日は好天気で体調も上々。
家のかた付けを終えて、ニャンとアヒル達に餌を与えると、もうなにもする事が無い。
日本のブログお仲間が色々な手料理を作ったり、編み物や陶器作りに趣味を広げているのを横目に、私はこれと言って何にもしないし、出来ない。
エーと、先日Donがチキン・ダンプリングを作った際に作り残したブロスを使って、何か時間をかけてコトコトと煮込んでみましょうか。と、冷凍庫を見るとけっこうな牛肉の塊袋が2袋あったので、これをコトコトとビーフシチィユーでもと下拵えに早速取り掛かった。
いつものらりくらりの私がサッと事を起こすのはまァ、珍しい。って事は明日は雨かな。
ポテトを出して皮を剥いていると、ニャントリオがポテトを珍しげに眺めては、側に寄ってきて、それぞれが鼻や手をちょちょっとポテトに触らせてくる。
「危ないから向うで遊んで来てよ」と私の言葉にも耳をかそうとせず、ちょこっと、ちょちょっと顔や手を出してくる。
ストーブの上でスロークックの時には、ポテトの研究に飽きたニャントリオはパテォの脇でガーガーと派手に喧嘩中のアヒルの観戦に行った。

さて、たしか数年前に大量に買った毛糸がまだ残っていたのではなかったかとクローゼットに探しに行ったが、子供達が学校のプロジェクトがある度にそれを使って何かを作った際に彼方此方に行ってしまったのか見当たらない。
急に何かを編んでみようかと思ったのはこれで言い訳が出来たようだね。笑

床や椅子の上に出してあった人形達の髪の毛が凄い事になっているのは解かっていたけれど、どうしようもないなァと思っていたので何もせずに放っておいたのだけれど、さっきとても哀しい目と合ってしまった。
これらの髪がボーボーになってしまった原因はといえば、夜な夜なキオニが人形を見るとママを思い出すらしく、つい髪の毛に鼻を埋めては口でチュウチュウと吸いまくり、デカイ手でモミモミをして悦に入っているからだ。
そこでオルゴール人形の一体のもみくちゃ頭にブラシをかけて、クルクルカールが元に戻れないのは、チョッキンと短髪にしたら、なかなか愛くるしい別の顔になった。
ドイツ旅行の際に買ったコザック娘人形は髪をならしてまた三つ編みにもどして可愛いリボンをつけてあげた。
このヨーロッパ風娘の髪はさすが短髪にするのは似合わないかもとおもって両脇にバンを作って止めた。
Kristina人形に一体の髪もくちゃくちゃになっているが、これは元々短髪スタイルなので、くちゃくちゃが巧く元に戻らない。ウィッグを被せるか、可愛い帽子でもみつけなくっちゃあです。
収集中だったらキオニにトンデモ発奮ですけれど、ま、今はどうって事無いと思うのですが、人形達のクチャクチャ頭を見る度に可愛そうだなァと考えてしまう。クチャクチャになっても捨てるに捨てられないのが人形好きの弱みで、そういうところが人形嫌い人間に言い訳でもありますよね。捨てるに捨てられない。

何か他にすること無いかなァと考えた。これはアクまで考えるだけに留まるのですけどね。
若い頃だと、あとヴァレンタイン・デーまで4日なんて時は、チョコレートやヴァレンタイン小物集めに夢中になっていただろうに、、、。
一応バラのカップケーキをサイトに見ておきましたけれどね、多分作らない。多分じゃなくて絶対作らない。このチョコレートバラだと何時も買ってますしね。
明日は明日で「何をしようかな、、。何か作りたい」とまた思うのでしょう。
でも解かってるんです。またなーんにもしたくないと思う日がそんなに遠くないうちに来そうです。



2/07/2015

簡単夕食だよ

ここ数年間何度が和食が食べたい時に食材を求めて通っていたアジアマーケットが最近品薄で古い品ばかりと思っていたら、先々週には店頭に大きな「閉店」の看板がありました。
そこは韓国人経営であったのですが、その一ブロック先に中国人経営のアジアマーケットがあるので、思ったほどの不便は来たさないのですが、やはりちょっと残念です。
以前の店では和製の食品、「キューピーマヨネーズ」「大福餅」なんかもおいてあったですが、今日はキューピーマヨネーズならず、ハッピーマヨネーズを買う羽目になってしまった。
和製食品に似せて作ってある商品はやはり味が落ちますし、品によってはまるで違う物を食べている感じがしたりして、、、。
通販でもネットで和食を購入するすべはあるのですが、やはりそこへ行って買い物が出来る方がうれしいものですから。
パッゲージの日本製の「うどん」がDonの好きなので、今晩は「うどん」に「たくあん」という彼のお好み夕食です。安上がりでしょう?笑
DavidとKristinaには「焼きそば」をつくってあげましょうっと。

寒波のせいなのか、この頃は眠くて仕様がない。
いよいよアブナイのかもしれない。頭がすっきりとはいかない。
昨日人形棚のなかに羊のペンダントを見つけた話をしたが、今日また一個見つけた。こんなのをいつ買ったのだろう、もうこれをつけて外出でもあるまい。でも、出てきた事が干支の年で、縁起は良いのだろうから、良いことなのかもしれない。
それにしても、若い頃はこんなチャラチャラした装飾品を身に付けて外出したのかと思うと、今の自分が別人のような気がしてくる。
若い時だと、なんでも自分の思うとおりに突き進む気力もあって、他人の目などはあまり気にしなかったもの。

今日も相変わらずニャントリオはドタトダと走り回っている。
ヤヤッ、何?羽虫でもライトのまわりにとんでいるのか、3匹の怪しい動きが気になる。ライトに飛び乗ったりしちゃあ困るよッ!
「これッ!!その小虫の事は諦めなさい。」と猫じゃらし作戦に出た私。
目が離せないニャントリオである。

今日も、格別取り上げてお話するような事が無い。

2/05/2015

ちょぴり考えあぐねる事

今日は会議でマイアミ市に行くので遅くなるので夕食はいらないよと言っていたDonが風船とケーキを抱えて帰宅した。
?何??
どうやら秘書の方達が中心となって大学関連者を含めてマイアミのレストランでDonの定年退職のサプライズパーテーを開いてくれたらしい。
Donが定年退職の発表と同時に3ヶ月も前からこれを計画していてくれたらしいと照れながらも感極まった様子で話してくれた。
風船にはプレゼントが結び付けられていた。
何だったかは誰もが納得の彼の好みの品で、ビールのケース入り箱だ。

10年前にUnited Airlinesの会社経営困難内状態での定年退職当時より精神的にかなり余裕のある今回の退職はDonには本当の意味での職から遠ざかるという気持ちなのだろうと思われる。(生活資金にリミットが出きることでは同じ状態なのかもしれないけれど)
あと16日間の出勤日を残すのみ。嬉しくもちょっぴり寂しいと考えあぐねる。

色々動物グッツを収集している方がおられるようで、猫、犬、蛙、熊、アヒル、ウサギ、鳥、牛や馬が多いかもしれません。
長年馴染みにつきあってきた品達だが、棚や部屋がかたずかないのをどうしたらよいものかと考えあぐねる。

いつものように退屈しのぎにネットサーフしていると、今年の干支ということで可愛い羊ちゃんフィギャが目に付いたところで、そういえば私は羊の縫いぐるみが人形がたくさんあるけれど、陶器の人形は一体しかなかったかと棚を久しぶりに開けると、どこにもメーメーちゃんは見当たらない。さてと、、、。
羊のペンダントが何故か置かれていた。
いつ私がおいたものやら、、、。これらの雑貨品をどう整頓処分しようか、人形収集など始めようと思ったのが間違いである事に、今更気が付いてもしょうがない。孫達は私の収集品にはまるで興味がなくて「遺品としてのこさなくても結構」なんて陰口を言っているようだ。新人間世代には無用の収集品はゴミより始末が悪いらしい。捨てるに捨てがたく、古い物では慈善事業にも提出拒否をくらうのだろうし、ほんと、どうしたものか。
このまま放っておいたら、孫達がいつか適当に処分してくれるかしらん。
これまたこの品々が哀れで、可哀想な話だ。

2/04/2015

OKの尾印

パテォでキオニがゆったり夕刻時を楽しんでいるのを写真に撮ろうとすると、
『此処に一緒に座っても良いよ~OK』とばかりに立ってしまった。
みると彼の尾がOの形だ。ははは、、、。君は面白いねェ。
暫くOの尾のままで私を招いていたが、私が座らないと思ったのか、私の足元にきてじゃれる。今日はOKの尾で、いつもは?マークのように曲げ立てているのが愛嬌たっぷりのキオニの尾でアル。
イカイカの尾は多分産後か産時に事故ったものか、キオニの4分の3位の長さしかないのでOKの尾は出来ない。(その足りない長さ分、顔のタテガミのような毛が長いイカイカのライオン顔だ。)
スラリとした細長い尾を持つアシュリーは『尾を丸めてサイン出すなんて、下品よ』とばかりに尾で感情を示す事は余りないようだ。

Kristinaが新しい猫じゃらしを買ってきて一緒に遊んでやったら、ニャントリオはすっかりKristina の遊びに夢中になって大興奮でお遊びが終った後でも犬のように口をハアハアして駆け回ることしきり。(と、ガチャンとまた何かを落とした様な音がしている。ヤレヤレ)

2月に入った今日も相変わらず特に書き記しておきたい事柄が無い。
Johnnieのマイアミ空港転勤の話に少しの進展があったらしいが、これも単なる噂話で終るのかもしれないしね。


2/02/2015

洗濯物

Tシャツ25着、下着24着、ジャケットにショートパンツ類12着、大タオル2枚、靴下16足-を今畳み終わった。
最近高校生のDavidが洗濯・乾燥機を自分のものは自分でやるように決めたのだろう日曜日の夜に仕掛けてあるので、月曜日の朝は私が取り出してたたんでおいてあげるのだが、これらのどっさりの洗濯物は彼の5日分の物だ。
どんなけ汚れ物を部屋にためて置くのかと思われるでしょうね。
5日間で25着のシャツって、一日に5着毎に着替えてるのかしらね。
だったら下着の24着というのは?
なんだかカウントが合わない気がするのだが、、、。??

実家にいるからこうしてどっさりと洗濯物をだすのだろうね。夏からの大学寮生活ではそうそう洗濯物を溜め込むほどの無駄な着替えもすくなくなるだろうと察しられる。寮ではコインランドリーだろうから有料だしね。それにほうっておいても出して畳んで置いてくれる人は側にいないだろうし。
NYから毎週帰宅するJohnnieも自宅に洗濯物を持ち帰って定休日の一日は洗濯の日としているようだ。
どうりで家族が多い我が家の洗濯機の故障が早いのも毎日のように動かされているこう使用度の高い洗濯機は他ではないのかもしれないからだね。

昨夜はプロフットボールの全米一を決めるスーパーボールであちらでもこちらでも観戦パーテーがもよおされているようで、寝室にいても外から近所の応援人々の歓声が始終響いていました。
ウチもご他聞にもれず、Don, Johnnie, Kristinaと友人Chrisがワイワイと観戦している中、興味の無い私とニャントリオはソソクサと2階寝室へむかったわけでありました。
特にスポーツ観戦の騒動に場慣れしていないニャントリオは『ニャンダ、あの騒ぎようは~ァ?なんかとばっちりを受けないように退避していようね。』と私の目に何度も合図をおくってきたのでした。笑
寝て本を読んでいる私のお腹に飛び乗ったキオニに、「きゃ~~、アンタ、重すぎる~~」と思わず押し退けた私でありました。デカタヌキオニであります。

2/01/2015

今もケセラセラます

風邪が治りかけてきたので早めに就寝を決め込んでいたら、タブレットで日本のお正月番組を見ている側に、ウチのタヌキじゃなかった、ニャンが3匹代わる代わるに寝室を出入りしては一暴れして、飽きると階下へ戻るというのを何度が繰り返していた。
可愛いのは可愛いのだけれども、ボアボアの尾で私の顔を撫でてみたり、ドタドタと枕の周りを歩いたり、かといって「なーにィ、遊んで欲しいの?」と抱っこしようとすると『違うも~ン、抱かないでちょうらい、迷惑ッ』とばかりにスルりとにげていく、といった具合。いったい何なのさァ。
お笑いショーに声を立てて笑おうものなら、『なに、なにがそんなに面白いのさァ、見せてよォ』とばかりにタブレットの前に立ちはだかったりする。
何を考えているんだか。ヤツラの行動は不可思議でアル。

今月いっぱいでDonがBC(Broward College)を退職する。
あと、4週間を残すのみ。
United Air Linesを35年勤務で定年退職した後の10年間勤務であったので、そろそろ職遂行のストレスと戦うには力尽きてきたところでもあるだろう。
大学側ではもう彼の後釜の募集を閉め切って、もう直ぐ決まる事だろう。
後任者は大学院卒の資格が無ければ採用されないんですって。それでも数10人の応募があったらしいですよ。世は職不足なんでしょうね。

休日や日常でもぼんやりと仕事の事ばかり考えていたDonだけにきっと凄く退屈で時間をもてあますのではないかと当人さえもちょっと心配している。
行き当たりばったりの米国横断旅行でもまたしようと話を私にもちかけてくるのだが、私にはそんな体力が残っているとは思えないのが事実で、どうしたものか、少々心配でもある。
旅行関連の仕事に携わってきた私ですが、どうも旅行好きになれないのですよ。なんせ面倒が先にたつ、それに自己体調を巧く調整出きる年齢は、党にすぎてしまっているんだよなぁ、、。

そうそう、来月にはDavidが進学するFCU(Florida Central University)でのオリエンテーションにオーランドにでかけてくるつもりです。
Shaunもそのすぐ北部のゲインズビルですし、これでもしJohnnieがマイアミに転勤にでもなれば家族が全員フロリダ在住と言う事になるでしょうから、ハワイに移り住む話は無くなるかと思われますね。まあ、明日の事は今もこれからもケセラセラであります。