3/25/2015

3D アート

2年程前から出回っているらしい3Dアートを今朝見ていて私には目新しくかんじられたので、ご紹介させて頂きます。
 20年前には3Dプリンターなるものはありませんでしたから、孫娘が3歳児の頃の人形を写真画像から立体化するという業者さんにオーダーしてつくってもらったのですが、イマイチ似ていなくて、孫当人にも不評で作った人形の2体ともが私の側においてあります。
 今ではコンピューターがそっくりの物体を映し出される技術がありますから、3Dの技術はもっと進化していてあの頃のような不評な品は出来なくなっているでしょう。
今朝は子供も楽しめるアートと言う器具のコマーシャル映像を見ておもしろそうなのでずっとみてしまいましたよ。 どうぞ御覧下さい。



以前バラェテイ番組で2Dの平面絵画を立体化してみせる錯視絵画の手法が披露させられていて、その時も面白いと思ったので、その2Dを3Dに変換するという動画もついでに載せることにしました。  

私には両方どちらも面白く楽しい動画でしたが、皆さんはいかがでしょうか。
*******************

今日は息子が何時もの定休日の帰省に合わせて、その前にマイアミ空港でなにやらの面接があるとかで、面接後此処にくるので4連休となるらしいです。
退職後の夫も家で退屈でしょうから、彼が来てお互いが好きな航空機の話やら、政治やスポーツの話で盛り上がれることでしょう。
夫婦二人だけではこれといった会話も無く、それだけに言い争いなどする事もない安穏な毎日ですので、息子が帰省するのは歓迎の気分なのです。
息子も大の猫好きですから、ニャン達の相手もしてもらえるしね、、。笑
でも益々私のする事が無くなるのでは?とご心配くださいますな。息子が帰省すると彼の食事やら、身の回りの世話が多くなるのが、私にはちょっと面倒な彼の帰省でありますので。ヤレヤレでありますヮ。

*******************