6/25/2015

また暫くのさようなら

何をするでもなく時が流れていく。
特別に皆様にご報告する事も、自分の心に刻んでおきたい事項も無く、唯確かに時だけは流れていく。
今が引け際なのだろうかと思ったり、そうなるとちょっと寂しくなるだろうと考え直したりの繰り返しである。
こんな時こそ切りと言うものが私には必要なのに違いない。

という事で、また暫くブログを閉じようと思います。
また何か急に書きたくなった時ににはひっそりとブログを眺め書くことにしまして今はこれで一応の区切りとしようと思います。
 今まで皆様本当にいろいろと力付けてくださったり、アドヴァイスをしてくださったりと大変にお世話になりました。
又の日が来ます様、それまで皆々様ごきげんよう。




6/21/2015

Happy Father's Day!

世のお父様方、保護者として父上代理をしている方々、そしてお父様にいない家庭のお父様役も一手に引き受けているお母様やご家族へ今日の父の日を捧げます。


我が家は母の日と同様にKristinaが父の日ブランチをつくりました。
メニューはDonの好物の田舎料理、ビスケットグレービーとファンシーフルーツロールフレンチトーストと果物にオレンジジュースとコーヒー。

Kristinaが同居するようになって母の日と父の日のブランチが我が家の新しい恒例の習慣になってきたようです。
家族が揃っていると言う事は当たり前であってもそれ自体が嬉しい事の一つですね。
******************
バレリーナの形をした蘭の花があるサイトに載っていました。
まるで天使のようです。
他にも蘭には色々に見える種類があってたのしいですねェ。

******************
Davidと仲間達の写真です。

この週末にDavidはオーランド市にある大学寮に向かうのですが、私達夫婦が送っていくなどとは噺にも出ていなかったのが、今朝の会話で私達夫婦が連れて行くのだと話されてちょっとびっくり。
へ~、そうなんだ。
ちっとも知らなかったと夫も驚いていた。
ここからオーランド市までは車で3時間ほどですから大した話ではないのですが、幸い退職の身である私達夫婦に大したスケジュールがあるわけでもないけれど、いってくれなきゃあわたしたちにだって都合があるというものです。
いくらなんでも以心伝心とは行かない。他に私達に聞いていない事はないのかしら、とちょっと心配になってきた。

******************

楽しそうなロールケーキの写真を見つけた。
クリームでデコレーションしているのは解るけれど、ロール生地がデザインになっているのはどうやって色付けをしているのだろう。
それにしても見事だ。

******************

6/20/2015

どうしようレフトオーバーの処理

予想外に身の多い塊だったので、その殆どが余り物となってしまった昨日のバーべーキューリブを今後どう処理しようか考えあぐねている。
スモークが効いてなかなかのお味だったので、野菜と一緒に煮込んでも美味しいかと思うのだが、我が家は兎に角残り物が出ると大抵を無駄にしてしまう。
バーベキューをしすぎると何時もきまって「犬を飼ってないのが残念」と誰とも無く口に出すのだ。
家族メンバーの食欲には斑がありすぎて、少し少なめに料理すれば良いのだろうが、その殆どの夕食は作り過ぎたり、少なすぎたりとどうも加減が解らなくて巧くない。
「体型を気にしている訳ではない」とKristinaは言うが、彼女の小食ぶりは何時も一口、2口で食事を終えるし、魚介類と豚肉が駄目だというDavidも普段から小食で、今筋トレ中のShaunだけが良く食べてくれるのが頼もしいといった食べたり、食べなかったりの家族メンバーの食癖にも難問がある。
よって、我が家のエンゲル係数はいつの時代にも高いままの状態が続いているのである。
料理上手な主婦の方だと、夕食のレフトオーバーを利用して翌日も楽しい食事内容になるのだろうが、料理得意と言うわけではない私としては何とも困り果てたものがその日のレフトオーバー処理なのだ。
さて、どうしたものか、、、。
********************

より黒く日焼けして一回りおおきくなった(気がする)Davidが今朝ツアーから戻った。
私達もいつも感じる事だが旅の醍醐味は戻ってくる場所があるから、安堵と安心の場に返られるからその楽しみや有り難味が心から感じ入るところでもあるのだろう。
あと一週間で今度は大学生活という旅に再び発つ彼。
明るく健やかに伸びて欲しいものと「おかえりなさい」と笑顔で彼を迎えた心静まる優しい朝である。


********************

6/18/2015

ヴェニチアンプール

大きくなると家のプールでは物足りないのか子供達は敷地内のホテルプールや友人宅敷地のコミュニティプールやに遊びに出かけていく。
今日のShaunは友人と連れ立ってマイアミのコーラルゲーブル地区にあるヴェニチアン・プールに遊びに出かけた。
最近筋肉トレーニングが夏の日課にしている彼が少し出来上がってきた体を他の人に見せたいのかもしれない。笑
この所摂氏30度~35度という暑さなので、海岸も水遊び公園や大型プールは沢山の人々で賑わっているようだ。
水温が高くなってきているので私達夫婦も先週から毎日20分程ジャクジに入るようにしているので睡眠の助けになっているようで、毎日起床時間が遅くなってきてニャントリオは怒り気味なのが感じられる。
『ニャンニャの~~、早く起きて新しい食べ物を用意してよねッ!』といった感じで騒いだりするけれど、私はワザと無視している。笑
今日は特別遅く起きたので、Shaunが自分で朝食にオムレツを焼いていた。
彼の料理姿を見るのは初めてで、この秋からはアパート住まいで自炊を余儀無くされた彼には良い練習になったに違いない。
下の動画はヴェニチアンプールの様子です。
私は側に行ったくらいで、プールに入った事はありませんが本当にヴェネチアを思わせるような綺麗な処です。

***********************

ツアーに出ているDavidがスケジュールが変わったとかで1週間早めに帰宅するとの連絡があった。
大学に行く前の1週間を家族と一緒にいられるようで、良かったと思っている。きっとチーム本部がオハイオ州の田舎なので、田舎景色に飽きがきたのかも。笑
********************

6/17/2015

何時もと同じ

何もかにもが普通の在り来たりの暮らしにブログ掲載記事が無い。
ニャントリオも相変わらずヤンチャ駆けっこを興じては、それに飽きると『ニャンにもする事ニャい~~』と文句タラタラだし、運動不足の私は夜の寝つきが悪くて朝はグズグズと起きられないしの自堕落生活なのだ。
Davidはオハイオ州の田舎町で全国から集まったダンススポーツ仲間達と楽しくキャンプ生活をしているらしい事が彼のフェイスブックの掲載から知ることが出来る。いいね~、若者はエネルギーに溢れていて。
ちょっと気分的に沈んでいると、そんな私を元気付けるためかShaunがニャン達の過去の写真をスマホにメールしてくれたりする。
デカくなったらなったでそれも可愛いけれど、子猫の時の画像を見るとつい微笑ましくて笑顔にならざる得ない。
万葉集の”小さきもの、皆可愛い”とはよくいったものですよね。
ニャンもそうだけれど、子供達にしても、この私達にしても、一時は小さくてそれは愛らしい時期があったかと思うと何か不思議な気にさえなりますよ。
(どうして今はこうなったかが、、笑)
***********************

今日の楽しいスウィーツは、サボテンのカップケーキとクレヨンのケーキ。
サボテンは本物も食用がありますから、このカップケーキにはそれほど違和感がありません。それにしても可愛いカップケーキですね。
クレヨンは今は食用の野菜で出来た体に安全なものが出回っているようですが、これはその野菜クレヨンではなくて、シュガーでできまもののようです。
本物の野菜クレヨンには青色が無いそうですから。(青を出す野菜が無いので野菜クレヨンは青が無いのだそうです。)
そうすると、このクレヨンケーキは子供にクレヨンが食用であると勘違いはさせかねませんので、あまりお勧めのケーキと言う事ではないのでしょうか。

*********************

6/12/2015

3キロと5キロと

朝早くにDavidは2週間のツアーでコロンバス市、オハイオ州に出かけて行った。
ダディがマイアミ空港まで送っていったので、ニャントリオは私が出かけないのを知って一応安心したものか今日はいつもどおりに起床時間に寝室にやって来た。
Shaunが今朝ニャントリオの体重を量ってくれた。
1才3ヶ月のニャン達。Ashleyがやはり一番小さいので3.2キロ。
次はデカニャンのKeoniは5キロで、一番おデブのIkaikaが5.2キロなんですって。
♀のAshleyは食も細いので、一番食べる狸体型のIkaikaが重いのはうなずけるところだ。それでも以前に飼っていたカメニャンよりは重いのは彼女が若くて健康体であるからなのだろう。

スーパーに行くたびにニャンの餌を箱買いしているので、私はすっかり猫の御婆だと知られている。
「猫を何匹飼っておられるのですか?毎日大変ですね。」なんて言われてちっとばかり恥ずかしかったりする私であります。

*********************

マンゴーは皮の部分にアレルギーを起こす作用があるので、中身を食する分には安全だとの情報をDonが新聞に載っていたとかで、味そのものを好きな私は、それならばと皮を丁寧に剥いたのを丸ごと食べてみた。
♪~いや~美味しかったよ~~。
その後発疹なんかが起きないか注意しつつ夜を過ごしたが、ちょっぴり顔の耳の辺りが痒いかなと思う程度で、無事一夜を明かしましたよ。
起床して台所に立つと、側においてあった数個のマンゴーが目に入ったとたん静電気が産毛を立てるような変な感覚と少しばかりの痒みが顔の周りと首筋に感ぜられ、くしゃみがたて続けに出たが、どうやらその程度の悪寒だけで済んだ。
今も何となく体が痒く感じてもしこれを掻けば発疹するような気分に、じっとかゆみと感覚を忘れるよう努力していれば、なんとも無いようだ。
食い気がアレルギー体質に勝っているのだ。笑
でも今日は食べないでおきましょうっと。無理は禁物ですよン。

マンゴーの種類によっては皮だけでなくて果汁がアレルギーを起こすと書物で読んだとたん、耳の周りが痒くなって悪寒がします。ったく、私は単細胞人間なんだなァ。昨日は丸1個、独りでたべたのですから、、これは勇気というよりマヌケな行動だったと今思っています。
とにかく、暫く様子をみましょうっと。今のところはーー大丈夫ダァーーです。

**********************


6/11/2015

変った事はないんだけれど

今朝は何時もと同じで別に変った事がないのだけれど、何故かイカイカとキオニの行動に異変が見られた。
ニャンは何を考えているのか解らない。
イカイカは何か興奮気味で、バタバタと独り走りをしていて、キオニの気を引こうとして得意の壁蹴りをアチラとコチラでやって見せるのだが、何故かキオニのテンションがとても低く、私の側に甘え声で擦り寄っては哀しそうにしてみせる。
「どうしたの?具合でも悪いの?」と聞くが応えるわけも無く、『・・・・・。』
明日からDavidがツアーに出かけるので、スーツケースの用意をしているのをチラッと見てしまって『あ、何処かに行くのか?また置いてけぼりを食うのかな』とでも思ったのかしら。
それにしてもニャンの考えている事など私には解らない。

*****************
今日も私の好きな花とスゥイーツの両方が兼ねられたケーキのご紹介です。
バラの飾りはそうめずらしくもありませんが、他のシュガークリーム花々は良く出来ていますよね。見ていて気分が晴れ晴れするような見事さですね。

********************


6/09/2015

好きなこと、嫌いな事

息子が仕事仲間から見事なほどにマンゴーを沢山頂きました。
ですが、私はマンゴーの味は大好きなのに、アレルギー体質なので極力食べないように我慢しているのです。
バナナもそうですが、マンゴーはいっぺんに沢山実りますので、お庭に大木のある友人はその処分に困っているのでしょう。
ハワイ在住の頃、私達もバナナの収穫に僻壁したことがあり、もうバナナやパパイアを育てるのは辞め様と誓いましたもの。
食べる分だけを分けてスーパーで買ってくるのが丁度良い楽しみ方なのかとも思います。
私が日本在住の頃はマンゴーは巷に出回っていなかったのですが、この頃では日本でも何にでもマンゴー味はお洒落とされているとか聞きます。
北海道育ちの私はハワイに移り住むまでは南部で取れるマンゴーの木を見た事はありませんでしたがやはり今でもメロンやリンゴの様な北国特有のくだものは見られてもマンゴーの木は九州、沖縄等の南の果物でしょうから北海道では今も店頭以外でのマンゴーはみられないのかもしれませんね。
私にとってマンゴーは好きで嫌いな果物なのです。

*****************

昨日久しぶりと言うか、一年ぶりにプールに入りました。
水は数ヶ月前から泳ぐのには好ましい状態であったのですが、この家に住んで20年間中プールに入ったのは数回かぎりです。
夫がドクターからの進めもあって、プールで軽い体操をするときめて私を半ば脅して一緒にやる事を即したのでこの私も渋々ながら入水したというわけです。
トド化した体型では1昨年の水着が合う筈も無く、スポーツ着で水にはいりました。
私は浮く事は出来ますが泳ぎは下手くそなので、水の中を歩く体操を軽くおこなっただけで、やはり疲れて夜の熟睡には期待がもてましたよ。

私達がプールに入っている光景が珍しく、何か恐ろしいと感じての事か、ニャントリオはそれぞれが近くには来ないで、遠巻きながら目を真ん丸ににして『アレッ、ニャにしてるのかなァ~~、何だか知らないけど、不思議な光景だァ』ってな感じでずーっとながめていましたよ。(私の水着姿がモンスターに見えたのかも、、。)笑

********************


6/08/2015

又、平々凡々

Davidの卒業式が終ると、また何もブログ掲載する記事に会わなくなって、一日を平々凡々とぼんやり過ごしている。
昨日お米が切れたので暫くぶりにアジアマーケットに行って来た。
美味しそうな裂きイカのパッケージを沢山買い入れた。
昔飼っていた日本での猫達は当時の猫食事情が悪かったものか、たまにスルメや裂きイカを与えると狂わんばかりにムシャムシャと食べたものだが、昨今の食事が改善した猫達には左程興味の対象に無いものか一応匂いにさそわれて食べはするが少しばかりで直ぐ飽きてしまうようだ。
じゃあ、いいョ。私独りでムシャムシャ昔のニャン達を想いながら食べるんだから。

********************
何も書く事がないので、私の食品画像保管ふぁいるから前にも載せたかもしれないけれど好きな傑作ケーキを選びました。
これらのコーヒーカップケーキは何度見ても楽しいものです。
そう思いませんか?私も本物のコーヒーを飲みながら楽しくこれらを眺めています。笑

***********************

6/05/2015

ゴルフボール拾い

「この頃はボールが良く落ちているねェ」とプロのゴルフボール拾いのオジサンがウチの裏庭でボールを捜しながら言った。
そりゃそうだ。ここに移り住んで20年だもの、入った当初は珍しさも手伝って私も毎朝庭に落ちているボールを拾っていた。
でも拾っても拾っても切り無い程に籠に溢れる数百個のボールを拾うのが馬鹿げている事にすぐ気付いてしまったからだ。
ボールを見失う下手なゴルファーの多い事ったら、この在住中に2階の窓ガラスが2度、ボールが網戸を破って台所の窓ガラスが破損するという事があったし家の前に駐車している車の屋根をへこませるなんて事もあった。
この一帯のオリジナルのオーナーが引っ越して新しい住居人が入るたびにやはり始めはゴルフボールを拾うようだがまた直ぐにやめてしまうといった繰り返しが行われてきたのだろう。
スクリーンハウスの屋根に最大7個も乗っかっていた事がある。(その度に夫がホースの水で外へ噴射落下させるのである。)
ゴルフをしない夫が何故ゴルフ場敷地に住んでいるのかと不思議がられたりするがご存知のように緑のカーペットのゴルフ場は年中きちんと手入れされていて、目には嬉しい景観である。
何より自然保護区域であるので、鳥や小動物には住みやすい場であるのだろう事も私の生涯で一番の長居を決めている住み良い場所となった理由かもしれない。

*******************
先日もクロスステッチのように見事に飾られたクッキーをご紹介したが、今回はそのケーキ版。ギンガムステッチのようなケーキも見事である。
画像をクリックして大きくして見ると本当に良く出来ているのがより解る。
父の日を祝って作られたギンガムバックのクッキーは楽し一品であるし、バラの蕾ケーキの各種も綺麗だ。

*******************
昨日載せ様と思っていて忘れた、Davidの卒業がウン姿です。
首に掛けている色とりどりのコードは各種学業成績を認められた印のストラップで高校生活4年で貰ったメダルの一部を首にかけています。
********************

6/04/2015

卒業おめでとう

昨夜のDavidの卒業式に7時から開演の式典の交通渋滞を考えて午後5時半に家を出、式典後に最寄のスポーツバーレストランで会食をして帰宅したのは12時半でした。
740名もの卒業生で盛大な式典でした。
Davidは優秀名誉卒業生として最前列でその4席目でしたので、卒業証賞を受けるのがとても早い番でした。
画像で見てわかるように式典場内席はスポーツ観戦にも適しているアリーナでしたから階段が急坂でしたので昇り降りが大変で本当に自分の年と体力をつくずく思い知らされました。
人生で最初の一区切りが終えた感のある高校卒業式、皆の拍手やら口笛やら足踏みやら、更に笛やチャカチャカ音やらで、大歓声の中で盛大に終りました。
(ママ、シスター、ブラザーとダディにかこまれて記念写真)
***************

疲れで朝起きるのがちょっと辛かったけれど、いつもの楽しいケーキ達をサイトで見ると元気がでましたよ。
楽しいですね。ケーキもこうなると食べる芸術品ですよね。

********************

6/02/2015

Poinciana Tree

今日からお天気がぐずってきているようで、明日のDavidの卒業式は雨天候だろうと予想されています。
Davidのクラス2015は700人もの卒業生で、彼はそのトップ5%の優秀生なので、前列に着席するようです。
卒業生が多いので卒業式はプロアメフトチームのジムアリーナが貸しきられています。
各卒業生には4枚の入場許可証が与えられているのですが、我が家は爺、婆、ダディ、ママ、シスター&ブラザーの6人が参加したいわけで、現在Davidが他の小家族の余り入場券を探し中です。
今の時期家の周りのあちらこちらでポインシアナの木々の花が満開で真っ赤な並木や黄色の花でこれが風や雨で道路などを色付けています。

******************
Kristinaがとても美味しいレモンバーを焼いてくれました。プロのお菓子屋さんのように上出来で、彼女も鼻高々でした。
とても爽やかな味ですが、バターも沢山はいっていてカロリーは高いでしょうね。
その事を思ってか、彼女自身は「美味しいでしょう?」と他人に言うばかりで食べないんですよ。笑

(裏方の独り言:時間と手間を掛けて美味しいものをつくっても全部のおかたずけも手を抜かないでやりましょうね。)

******************

6/01/2015

Outgoing type

大学研修日より戻って以来Davidは友人達との別れを惜しんでなのだろう各友人宅でお泊りをしていて、家を留守にしている。
後残すところ3週間強で大学寮にむかうのだから友人達との別れを惜しむ気持ちは解らないでは無いけれど、家族とだって別れを惜しんで一緒の時間を持とうとは考えていない。私にはそれがちょっと寂しいのだ、、、。
明後日の卒業式を待って、その後オハイオ州のワールドガードチームのお手伝いをするとかでオハイオ州に2週間の滞在の依頼がきているのですって。
その後直ぐにUCF大学寮に入寮すべく家を去るので、家族との時間なんて考えてないらしい。でもそれでいいんですよね。それが成長して家を出るという事なんですものね。
友人は多くても大人しくHomebodyのShaunとは違いDavidは遥かに社交家でOutgoing typeのようです。

****************
サイトに載っていたFood & Wineのフェステバルにあったパスタアート。

マカロニやスパゲッティやのパスタをつかって出来ているキャラソルの馬です。素晴らしいですね。
これはパスタばかりでつくったのですが、パスタ以外の食品で作っても素晴らしいものが出来そう。
惚れ惚れしてみてしまいました。この飾りつけは食品とワイン祭りを大いに盛り上げてくれた事でしょう。
きっと雑誌や本の記事にも取り上げられた事でしょう。
******************