9/27/2015

キオニの反省

何時もはベッドに上がって私を起こしにかかるニャン達がやって来ない事もあって何時もより遅くまでベッドの中に横たわっていた。
昨夜睡眠剤の新商品を試したので今朝は良く寝た感覚が充分で、もしかして早くにイカイカが私の寝顔を見て起こすのを諦めたのかもしれない。

階下に降りるとキオニがソロソロと顔を出した。
そういえば夜中に台所でカシャーンと何かが落とし壊される音が聞こえていたが多分キオニが何かやったに違いない。
それで怒られると思ってイカイカにも『トトロオババを早く起こしたら駄目だよ。絶対怒られるに違いないからね。』と用心して注告していたのが見え見えだった。
やっぱりだ。台所窓に置いてあったセトものの猫のフィギャァの一体がシンクに落とされてコッパミジンになっていた。
余程怒られると覚悟していたらしくって、私がその後何時もと同じ声音で話しかけるのが嬉しくてなら無いようだ。(『怒られなかったぞ~~♪』というのがキオニの心底にあるに違いない)
今も甘え態度でお腹を広げて私を見上げて安堵の様子を見せている。
(今朝はご飯も喉に通らないくらい心配していたようだ。笑)

ま、キオニにしても、虫でも追っかけて窓辺りに上がって、まさか何かをあのように壊すとは思っていなかったのだろう。
形あるものは何時かは壊れてしまうだろうし、しょうがないと私は思っていて、ニャンを叱ったところで壊れてしまったものは戻しようが無い。
人間の子供のようには教育は出来ないけれど、キオニの反省を思いっきりしている様な態度を見ると、何だか可笑しくなって笑える。

今日日曜日は夫、息子とKristinaが待望のマイアミ・ドルフィンのフットボールが興じられる。Kristinaは早速友人宅へゲーム観戦パーティーに出かけて行った。
昨日の土曜日は主に大学のフットボール戦が各局で放映されていた。
テキサス大学VsUFゲーター(ユニヴァーシティ・オブ・フロリダ)も映し出されていて、あの多くの学生観客応援団の中にシャーンが混ざっていたに違いない。

今日ローマ法王がご帰還される。
私はクリスチャンではないけれど、この現在の法王の渡米はとても素晴らしい、自愛溢れるものであったと心から思っている。
世界平和の為に「I will pray for you」ではなくて「Pray for me」と説いていらっしゃったのが印象的だった。

世界各国の首脳がUNの会議に参加しているのも加え、現在の米国の護衛体制が大変なものであるらしい。
今後の2016年の大統領選に向けて各政府人はどうあるのかが、興味深いところです。