10/23/2015

いつもの暮らし

アリゾナ州の双子Ronとカリフォルニア州に車で向かったDonは途中ラスベガスに寄って一泊したらしい。
あまりギャンブル好きとは云えない彼なので、程好く加金したとの報告があった。
Donの留守が余程不満だったらしいニャントリオは彼の帰宅がとても嬉しかったようで、一週間の奇行もまた何時ものルーティンに戻ったようである。

フィーニックス・アリゾナに到着した日が摂氏38度の暑さで、帰宅日には肌寒い天候に変ったとかですっかり風邪気味で帰宅した。(私の体調が崩れた事は確かなようで、やはり一緒に行かなかったのが正解であったようだ。)
ともあれ、シェアラネバタ山脈の麓片田舎エクスタ・カリフォルニアの姉宅で(左上の写真の谷の奥、開けた処に蜜柑畑とブドウ畑が広がっている)大勢の親族とも再会できた彼にはとても有効な旅であったようだ。
(右写真はDon、姉のVirginiaそして双子Ron)

Donが留守の間はパテォでラジオが流れていないせいなのか、毎朝顔を見せるアヒル達まで暫く顔を見せていなかったが、昨日からまた餌を貰いに集まってきて、内からニャントリオがそれを寝そべって見ているのが平穏な日常に戻った事を知らしめているようだ。

という事でまた変哲の無い何時ものダラダラ暮らしに戻った我が家である。