11/28/2015

静か

静かな好天気の朝である。



いつもの夫が持ってきてくれたベーゴとエクプレソの朝食を摂りながら好きな動画で優しい音楽を聞く。
今日の夕刻にはDavidが明日コーチのバイトがあるとかでもうオーランド戻って行くという。

昨日まで何かが私の心を蝕んでいるかのように何かuneasyであったその芯は何だったのかと今朝考えた。
多分此れかなと思い立った。

此処何年来も感謝祭とクリスマスのホリデーにはDonがデナーを作り、家族友人が集うのだが、子供達のママと私達は普通に話したりの仲であり、口争いもした事は無い。
が、いつも私の気にかかっているのでしょうね。

毎回の事であるが、私が話しかけない限りは全く会話は無く、Donが作る我が家のデナーに来ているのに、子供達と話す以外では私達には挨拶もしない。
無論手ぶらで来るし、ワインとかケーキとか、花とか一般のゲストだと持ち寄りもあるのだが、彼女に限ってはいつの時も何も持ってこないばかりか、デナーが終っても片つけのヘルプさえも一切しない。
別にいつも喧嘩腰でいがみ合ってるわけでも無いのに、いつの間にか「今日はデナーをありがとう」でもなく挨拶も無しで黙って帰って行く。
教養が無いわけでは無いのに、何故か一般常識では考えられない。
ハワイで生まれ、フィリピン家庭文化の生活暮らしのせいなのかとも思ったり、兎に角、悪いほうには解釈しないようにしてきたつもりだが、何か変。
かつて2,3年程一緒に同居もしていたし、一度とて表立った仲違いをしたことはない。
思うに同居当時も一日とて家事を手伝ってくれた事は無かった。
彼女は気が強いが、無口で大人しい女性であったので、私は何も言わなかったし、それが大して不便とも考えた事も無かったのだが、やはり、普通とはちょっと違っているらしい。
義母がフィリピン人の一般的に毛嫌いする日本人であるのが、彼女の育った文化からは仕方無い事であろうと思って、それなりの理解はしたつもりではあったのだが。人は何人であってもそれぞれの思考はあるものだからお互いの立場を考えねば成り立たないのだろう。
と、あんなこんなで、昨日はちょっと気落ちをしていたのだ。
今はもう同じ嫌な感覚はサラリとスルーしなければ。

へへへ、、愚痴っちゃった。
明日は良い日になる事を願って。笑