12/14/2015

イカはチキン

何時もはパントリィの扉を開けただけで、その音で食べ物を感知する(そこに猫缶やら何やらの餌を蓄えていると知っていて)一番の食いしん坊のイカイカが率先して飛んでくるのに、今朝はキオニとアシュリーだけだ。
どうしたのかと思っていると、思い当たったのはイカイカは強度の臆病者なので何かに怯えて、身を潜め隠れているに違いないという事。
ということは、、昨夜と今朝の違いはというと、、
オォ、クリスマスツリーか。
子供達が幼い頃は12月になると直ぐに飾り付けるのだが、今は気力が薄くなってしまい、昨日にやっと夫が車庫の奥棚からクリスマスツリーを居間に引き上げたのだ。
(子供が居るいないに関係なく多くの家庭ではツリーが飾られるこの時期である。)
昨年のクリスマスはまだチビ猫だったので、何に対しても初体験で興味本位だったのが今年は大きい体になって臆病風に吹かれたものか、ドアのノックの音や、来客があったり、家具の配置変わりなどの日常の変化を直ぐに察知しては、その状態に慣れるまではビクビクとして隠れるようになった。
居間の窓一面に広がる黒い物陰、しかもチカチカと沢山の目の様な光が隠れ見えるツリーはイカイカには急に現れたモンスターに見えたのだろう。
今日には慣れてくれるかもしれないが、明日にはシャーンがホリデー帰省をする予定になっているので、イカイカはまたビクビクするだろうな。
「イカはチキン(臆病者)だね。」と日本語で言うと、あれっ、魚類が鳥って何か変。
今年はキャンドルに灯を灯すのも危ないかもしれない。
電池で灯るのを買ってきましょうっと。