12/20/2015

キャンディケーン

人気のスターウォーの最新作が上演開始したというので、早速孫シャーンが観に出かけた。
各国世界同時開演と云う事で日本でも大フィーバーしているようだ。
今回の作はデズニープロダクトだそうで、現在でのテクノロジーは随分映像も進化しているに違いないと思う。
しかし、現在の私はそれを見たいという気力はもう無い。
1977年作というから 今はもう38年前の第一作が出来た当時は、そのデジタルで映し出される画期的な映像に、若き頃の私も8才の息子と共に夢中になったものである。(当時は 色々なスターウォー玩具も沢山買いましたっけ。)
そのオタクで大の映画鑑賞ファンでもある息子ジョニーの自慢は「スターをウォーの映画を全作観ている」ことらしい。それって、云うほど大した事なの?笑
彼の映画DVDコレクションがまた増えていく。

 
一昨日のオバマ大統領の年末記者会見の場では、スピーチ後にスターウォーのキャラクターが政治記者の面前でパフォーマンスをするといったシーンがありましたよ。(お昼の政府官庁記者会見の場でもやってましたが。)

ポイントセチァ、ツリー、オーナメント、カードにキャンディとホリデーシーズンの品が店頭に溢れている。
普段はあまり飴やクッキーを欲しがらないウチの家族だが、このクリスマスの時期のキャンディケーンは好きで食べるのは、ここでの暮らしの習慣化なのだろうね。
ニャン達がイタズラをする事間違い無しなので、クリスマスツリーにキャンディケーンを飾らなかった。
どこか彼等の手の届かない所に置いておかねば、台所テーブルの上などのシーズンカップに入れて飾って置きたいのは山々だけれども、それではイタズラニャン達の絶好の遊び道具と化するのが目に見える。


今朝フェイスブックを開くと私の数年前のクリスマスツリーの画像がポップアップした。↑画像
そうなのだ。あの頃の私は一生懸命にツリーを飾ったものだ。あの頃の情熱も懐かしい。

でも最近の近所近辺の様子でも、あの当時ほどクリスマスのライトや飾りがすくなくなった。
とは言え、今年も敷地ゲート周辺の椰子の木がキャンディーケーンの彩りのライトで飾られているし、街中でも椰子の木並木はそれなりの飾りがされてはいるようである。
子供達が成長するに比例減少をするクリスマスデコレーションでもあるものか、はたまた巷はエコを決め込んでいるものか、ちょっと寂しい思いがしないでもない。