12/29/2015

暮の今頃は誰もが気忙しい時を暮らしているだろう事察しられるが、私の毎日は相も変らない。
なのに、ニャントリオはこの頃の私の日常生活の低調さか、何かの変化を感じているものか、私を視る目や接する行動が何か違う。
このところ私の寝室に来る事もなくなって、家中で走り回るのも少なくなったし、毎朝は私が起床して階下に降りるまでは、2階を見つめながら3匹でジッと私を待つようになった。
フーム、一体何を考えての事なんだろう。
私が寝室から出て来ることが無くなって、朝食にありつけなくなるのが心配なんだろうか。
「元気だったかい?グッドニャンにしてた?」との何時もの私の朝の挨拶の後も3匹共に暫く私の様子を伺っている。
ニャントリオの変化は単に子猫時期を過ぎて成人(猫)の変換時期なのかもしれないが、最近ニャン達とジャレ遊んであげる時間が少なくなったのが不満なのかもしれない。

今日もYouTubeでニャン好き動画を見て笑った。日本のニャンのリンク ドラ吉ちゃん

2016年に取り入れられる食品のリストがサイトに載せられていた。
←はその一つの野菜の螺旋切りサラダである。
でも、これって唯切り方がパスタの様に細く、螺旋状になっているだけというものでしょうから、今までの野菜サラダとは切り方以外には変りはないのでしょう?食べやすくて、見た目が良いから流行るというのかしらん。

日本のお正月を思って棚の奥から羽子板を出してみた。
サイトで浅草の羽子板市の様子をみて、今でも羽子板を置くご家庭があるのを知りましたが、本当に綺麗なものです。
子供の頃には飾りものとしてではではないシンプルな木に絵が画かれた羽子板で遊んだものでした。
今の子供達が羽子板で遊ぶかは別として、世界各国お正月の過ごし方はそれぞれの文化で、それらも古い物が現代式のものに変ってきていて継がれてきていることでしょう。
日本の御節が食べたいなァ、、と今日もまたつくずく溜息の私です。