1/11/2016

雑談日誌 フォーブスのトップ25住み易い国2015

今朝は肌寒さが感じられるものか、ニャントリオが犬コロ状態で駆け回っている。ちょっとは大人しくなったと思ったのもつかの間の事で、イカイカは得意の壁蹴り走りをやっている。

PCでニャンの写真を取り入れていると、キオニが「PCばかり相手にしてないでよ~」とばかり私の邪魔をする。
昨夜イカイカがPCの台にのっかて寝そべっていたのを見てキオニが不満顔で台の上に乗って来た。ちょっとォ,デカニャンやィ、PCを押しちゃあ駄目だよー。
こちら側から見ると私のPCには頭と尻尾があるみたいだョ。

*****
ネットで雑誌「フォーフ」の”トップ25の退職後に暮らしたい国2015”を見ながら思ったのだけれど、、記事自体を読んでいないので、何を対象に、そして誰がその選ぶ対象となっているのか解らないけれど、そうなのかァ。
アメリカは入っていない。
どの国にもそれぞれに言語、人間性、医療、経済、社会文化等の多々事情があるし個人の好みだってあるしで、今の私は何処でも「住めば都」の心境である。
若い頃の私はまさか米国東海岸、しかもフロリダ州に住み暮らすなんてかんがえられなかったもの。
物価は他州からしたら少しばかり低いのかもしれないが、医療も高いし、貧富の差も激しいし、犯罪も多く、老人人口も多いこの州がとても住み易い地であろうはずが無い事は解っても、住んでいて諸事項に慣れ、それなりの良さも見出せて、今の私は「フロリダの風」だ。
*****

いつもの面白スウィーツの画像を観ていると、以前にも出ていたハイヒールのケーキが載っていた。
  観るのは楽しいが、果たしてこのようなケーキを実際に食べるのはどうなのかしら。
本物のハイヒールでシャンパンを飲む人がいるんだもの(余興であったとしても)ハイヒールケーキを食べる人がいても可笑しくは無いか。
*****


友人達と楽しくカリフォルニア州、サンフランシスコ観光をしているという孫娘クリステーナのセルフィーがフェイスブックに飛び出してきた。
私はサンフランシスコ近郊に過去10年間ほど暮らした事があるので、懐かしい想い出の地でもある。

色々と私生活で問題を抱えているらしい孫娘だが、その笑顔からは彼女の悩みなどは察する由も無い。今は精々楽しい旅行でありますように。
話したくなったらいつでも私は聞いてあげるからね。