1/14/2016

雑談日誌 コーヒーの話

曇天に小雨の鬱陶しい天候に気持ちまで鬱陶しくなる。
何かスカッと、スキッとすることが無いかしら。
ローカルニュースではフロリダ州の宝くじパワーボールが百万ドル越えをしているとかでスーパーの宝くじ販売カウンターに行列が出来ているのを放映している。
宇宙で星を射止めるほどの奇跡でもない限り私が当たり券に手に入れる事は無い。第一、宝くじ券を買わないもの当たるわけもない。
気を取り直してネットで何か愉快に成ることでもみあたらないかしらん。ジョークの欄に目を通して、、、と。
←は医者が患者にレントゲン撮影像で治療説明をしている。
「レントゲンで肋骨が折れているのが見えましたので、フォトショップの画像加工で治しておきました。」って。オイッ。

ニャン達の面白画像がアップになったいました。↓
少しは元気が出た。
****

前にも言ったが(何度もうるさいね)私は何に対してもこだわりがある様な、何や可や細々と気を遣う程の通と言われる知識人ではない。
ほとんどの嗜好品はその時、その時代、その状況(セールだったり)で購入が変わるというお天気屋気性分である。
で、そんな私のズボラさをふまえて今日はコーヒーの話をしたい。
私は強いていえばフルーツジュース派で、テイーやコーヒーは日頃はそれほど飲む方ではない。(と言いつつも毎日飲んではいるが)
現代医療科学の報告にコーヒーが健康管理に役立つという情報を見て以来、色々な種類の色々な商品を買い替えては飲むように心がけていはいて、この頃は先日セールで買った某スーパーマーケットブランドの「トリプル・チョコレート・コーヒー豆」が気に入っている。
辛党の夫にすれば、フルーツ味やヘーゼルナッツ味、ヴァニラ味などの甘味付きコーヒーなんてのは邪道だと考えているらしく、彼の飲むコーヒーは普通に苦め深いのをブラックでストレートである。コーヒーであるのに、チョコレート3倍味なんてと夫は渋い顔である。
しかし、ワインも甘いのが好きな甘党の私にはこのココアより甘くない、それでいてチョコレート風味のコーヒーがお洒落感覚からしても、味覚感覚からしても美味だと感じる今のマイブームを作り出している。
さてっと、コーヒーをいれましょうかね。
****