1/22/2016

雑談日誌 映画予告犯

今年初めての検診に行ってきた。
天候は雨の最低状況のなか、午前中の予約にもかかわらず、帰宅するともう夕飯時である。(医者との面談はたった10分ほどで)
一日を無駄にしたような気がして、これだから通院は避けられれば避けたいものである。来月末まで検診が無いのが幸いである。
****
前から見よう見ようと思っていた映画「予告犯」をやっと見る事が出来た。
ネットを通じて犯罪を予告するグループの話としてありきたりなものに違いないとタカを食っていたのだが、考えていたものよりはずっと面白く見応えはあった。
若い女刑事の設定にはちょっと無理があったようにも思えたが、若者の固執化と反社会性の人間像が面白く浮き出されていたようにも思う。
不条理と戦う若者と、それを無責任に騒ぎ立て面白騒ぎをする傍観者のネット人口にも今の時代を感じるものがあった。
****

シーズンでもないのにスーパーで美味しそうなアーティチョークが売られていたので、今晩の夕食にしようと買ってきた。
パックのお寿司を一緒に買ってきたので、お寿司とアーティチョークという少々不思議メニューの夕食である。
日本に在住していた当時はアーティチョークを八百屋でも見たこともなければ食した事も無かったのだけれど、此方に来てからは夫共に好物の野菜である。野菜嫌いの息子もこれは楽しみに食する。(もっとも息子はキューピーマヨネーズのファンなので、それをつけて舐めるのか好きなだけかも。笑)
****