1/05/2016

雑談 オリーブオイルの話


↑申年だからって、ニャンコをお猿さん代わりにしちゃったのね。笑

コーヒーを飲みながらPCチェック。
今朝は鈍より曇り空、小雨も降ったり止んだり。
北からの風がふいてきて、この冬初めての寒さを肌で感じられる。
現在は摂氏21度で、これで充分寒いと感じられる。
ニャントリオは本来的に水や雨が嫌いだが、外好きのアシュリーだけは小雨の中でも平気でパテォの棚の上だ。

先日テレビ番組でイタリアでのオリーブオイル市場の様子が放映されていたが、米国に輸入されているヴァージンオリーブオイルの殆どが混じり物であると報じていた。
(その翌日には最寄のスーパーでも沢山の種類のオリーブオイルがセールされていたのはそのせいなのかしら。)

北海道の田舎に居ながらもモダン志向取入れが速めであった亡母が60年以上も昔に「ヨーグルトやオリーブオイルは極力体に取り入れるべき食品である」と口癖のように云っていたものだが、当時の暮らし振りの食事情ではその言葉通りにはいくはずも無く、私自身でも一体何のコッチャイと云った風であった。(煮付けやご飯に漬物と味噌汁といった一般的食生活にオリーブオイルなんてどこに使うのだ?)母は生きる時代が違っていたのかもしれない。

ドンの出生地カリフォルニア州(リンジーの街が特に)は沢山のオリーブを出荷するが、自分達がオリーブオイルで料理をする習慣はなく、もっぱらオリーブの実は漬物としてのスナック感覚で食している。
我が家では今現在でもあまりオリーブオイルを利用しないのが、たまにふと亡母の言葉が頭を過ぎるのである。

今日は、今日も、大した話題が無い。