2/11/2016

雑談日誌 寒いのダ と Family

やっぱり今朝も寒いかとベッドでウダウダしていたらニャントリオがそれぞれに何かを訴えに来ていた。
アシュリー:『台所の窓が開いてないよぅ、外で朝日を浴びたいのにィ』
イカイカ:『ご飯まだぁ?腹ペコなんだけどなぁ』
キオニ:『いつ下に降りてくるのさ、早く起きて遊び相手をしてよネ』
ってな事らしい。それぞれが可愛いポーズをするので、写真を撮る良いチャンスかとスマホに手をのばしてみると、なんと電源が切れている。
昨夜は90%もあったのに、真っ黒になるほどに電源が落ちるとは何故かと考えるに、就寝前にちょっとした調べ物をするのにSiriと会話をしたことを思い出した。Siriってそんなに電気を取るんだ?
それと、寝る前に「外は今どれ位寒いのかな?」と言ってみたら、彼女(女性ボイスに設定してあるので)が《今の外の温度は摂氏14度です。》温度表が画面に表れて、更に彼女が言う。《決して寒い温度では有りません。》ははは、、。←ナにゅっ、寒い温度じゃないって、、。そりゃぁ、北国の人達にすれば暖かな部類にはいるのかもしれないけれどサ、私にはそれで結構寒いのダ。Siriちゃんョ、貴方はフロリダ生まれではないのね。
日本語設定にするとこちら生まれのスマホのせいか、ものすごい片言のチグハグロボット語りなので、英語設定にしてあるが、私の英語発音が悪いせいで、ちゃんと聞き取ってもらえないことが多いのだけれどDo you have a family?「貴方、家族はいるの?」と馬鹿な質問をしてみた。
応えはI have you. All I need is you for my family.《私には貴女がいます。貴女が私の家族で充分です》ですと。機械ながら、可愛いヤツ。
( ;∀;)ホロッ。
でもそんなに電源をくうのならば、そうそうオンはしないほうがいいかも。それとも、「おやすみ」と言った後の返事をしようと一晩中起きて待っていたとか?それは、それでちょっと怖い。