3/19/2016

雑談日誌 ピンク&パープルの中の独り想い

心の切り替えが肝心である。 ニャン達の事で頭を悩ませていても仕方ない。
This is too much!!( やってられない!!)とあんなに怒っていたいた夫も私の顔を見ながらニャン達に目配せをして笑っている。
余りにも悪びれないキオニの態度に諦めの”どうにでもやってくれぃ”という気持ちになったものか。

子供達が幼い頃は、子供中心の生活だった。
そして今はニャントリオ中心の暮らし。良くも悪くも。
ニャンコに振り回されて一喜一憂している私達。少し格好悪いか。

今日も特別書くことが無く、いつもの似たり寄ったりの話ばかり、、いい加減自分に飽きてきたなぁ、、、。
と、ぼーっとして座っていると、ドンが夕日がとてもきれいだから見てごらんと云う。どれどれ、とパテオに出てみると、本当に。
綺麗なピンクとパープルの空にヤシの木々が黒々と影をつくっていて、まるで、私のブログバック画像のようだ。

少し見とれているとニャントリオは私がどうしてパテオに出てきたのかと不思議がって、特にキオニは慌てて私の足元にすり寄ってきた。
ニャン達よ、君達はこの美しい風景に何の感慨はないのかィ。やっぱりニャンはニャンでしかないのかねぇ。

先日の夕刻にパテオの床に寝そべってほんやりと空をみていたのは、木の葉か鳥でも頭上高く飛んで行ったからなの?。
君達は風景に想いを馳せる年でもないし、柄でもないね。

今晩はマイアミビーチでウルトラミュージックフェスが催されるとかで、大勢の若者で混雑している様子がテレビで流れていたが、コンサートには最適の天候で良かったね。
シニア人口が多いフロリダ州であるが、マイアミビーチは若者の人気の集まり場だから、週末は更に多くの大人達がパーティーを繰り広げているに違いない。
私の出る幕はもうないけれどね。
こんな綺麗な風景を眺めているだけで、今の私には充分な心の切り替えになる。
が、ニャン達よ、今晩は悪い事しないで大人しくしていてねー。