3/23/2016

雑談日誌 書くこと無い日は

昨日はアシュリーが2度、3度と何処かをくぐって外に出て、2階ベランダから帰ってくるという事を繰り返したくらいで、これといって書く事もなくて、”書くこと無い日の猫頼み”が通用しないなあと思いながら今朝目覚めた。

そこが、だ。
きっちりと律儀なウチのニャン。またやってくれた。
別に期待していたのではないのに。

明け方の数時間を3匹は寝室に入ってきたり、出たりのドタバタを繰り返して、私を起こしにかかるのだが、今朝はそ知らぬふりをして遅くまで横になっていた私にしびれをきらしたものか、「それじゃあ、起きてあげましょうかネ」と半身を起こしてニャンをみると、キオニが『やれ、やれ、やっと起きてくれますニャ~』と背いっぱい伸びをして、寝室とシッテイングエリア(読書部屋とでも云っておきましょうか)の6パネルのトウ造りのデバイダー(間仕切り)を思いっきり押したので、ドデーンと音を立てて倒れてしまった。
掛けてあった画や飾り花や小物全部が音と共に床に散らばった。

20年来立ててあるデバイダーをかつて倒した事などない。
キオニだものね、そこは、やるでしょ。
大きな音に驚いたキオニは慌てて逃げて行ったが、『ニャにィ、どうしたニャ~これは、、、』とアシュリーが駆け寄ってきて早速偵察が始った。
ゃれやれと倒れたデバイダーを立てかけ直し、画や小物飾りを拾いだした私のところにイカイカも『どーしたニャ?』と様子を見に表れた。

数時間後私が外でアヒル達にパン屑を与えていると、キオニが戸口で待っていてニャンニャンと何やら云い訳らしき事を私に向かって云っている。
暫くは私達の顔を見ると『ニャ~ん、ニャ~~』と鳴いてばかりいるのは、自分のした事が悪かったと思っての謝りなのかもしれない。(反省しているのかも)
解ってるって、悪気は無かったんだよね。でもデバイダーが勝手に倒れちゃった。ね。そうなんでしょう?(かなり大事をしでかしたと思っているようだ。)
しかし、これでキオニのヤンチャが収まるとは思えないのも事実だ。笑