3/18/2016

雑談日誌 参った

あー、気が重い。陪審員要請の通達が来た。
4月の事だけれど、今回で3度目の要請。が、今までに陪審員に選ばれた事は無い。
今回も審査だけで帰宅できると思うのだが、裁判所に出掛けて行くのが面倒くさい。
こんなこと、市民として言うべきではないのだけれど、大半の人は通達を受けると暗澹とした気持ちになる事を知っている。悪いと思うが陪審員に択ばれないのを密かに願っている。
*****

ちょっと早めに起床した。
ニャントリオが『ニャにぃ、どうしたの今日は、いつもと違うニャ―』と私を不思議そうに見ていた。居間も台所にもワル暴れの後はない。
キオニが何を恐れてか『ニャウ~ニャウ~』と私に何事か言っている。
「いや、いや、、これから暴れる予定だったの?それには及びませんってぇー。別に掃除するのが私の趣味じゃないのヨ。どうぞ、おかまいなく。食べるものを食べたら、また寝てくれてもいいんだってば」と私。
↑↑↑↑
これを書いたのは昨日の事で、他にアップする記事を探しているうちに、例のボーっ小頭脳がすっかり更新するのを忘れていた。
!@#$%^&*
アーッ、モーぅっ、ガォーっと思わず叫びマシタデス。
階下に降りて、まず目に入ったのが、台所のど真ん中にこんもりと乗せられているXXコ。 な、な、何なのだアーっ!!
『これ、オイラからのプレゼントニャ~』と側にキオニが澄ましている。
おまけにテーブルの下はXッコで濡れている。
『これは、アシュリーかニャ~』なんて云ってる。(顔に書いてある)
ニャロメ、ニャロメーッ。究極の悪戯をやってくれたなあッ。
消毒、消毒が肝心だべサ。
陪審員通達を受けた時より、もっと暗澹とした気持ちになった。
( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)ぅうーっ。参った、参った。
で、今日は写真画像のアップもなし。