3/28/2016

雑談日誌 逃げるが勝ち

春場所は千秋楽のあっけない勝負で白鳳の優勝となり、日本力士を応援していた私はちょっとがっかりでしたが、これも勝負の世界では普通のなりゆきなのかもしれませんから何とも云えませんね。
次の場所にはまた琴奨菊にもう一度頑張ってもらいたい。今回は残念な結果だったけれどね。
稀勢の里や豪栄道も来場所に期待したいね。
*****

午後、いつの間にかスクリーンハウスの外に出て行ったアシュリーが近所の白黒猫ちゃんにばったり会ったらしく、ものすごい声で威嚇されて、夫が様子を見に行くと、アシュリーは大慌てで2階ベランダに登って行ったというので、私は直ぐベランダの戸を開けてやりに行くと、何時もだと私が側に来るまで待っているアシュリーも今日ばかりは直ぐに家の中に走って入ってきた。

この白黒猫ちゃんが時折近所をうろついては『わ~オ、わ~オ』と大声を出していて、ニャントリオもこの猫ちゃんの存在は知っていたのだが、今日初めてのご対面とあって、アシュリーの驚きようは大層なものだったに違いない。

これがキオニだったのならバトルになっていたのだろうと思うと、すばしっこい逃げ足のアシュリーであったのが幸いであったかもしれない。
これに懲りて、外へ出かけ無くなったらいいのにと思うのだが、そこはヤンチャなアシュリーの事なので、どうなのか今のところは解らないけれど、彼女は逃げるのが一番素早いのは確かである。
*****

よほど怖かったものかアシュリーはあれから私の側で爆睡し、その後も私の後ばかりつけてきて、今朝も自分の鈴を足でカチャカチャと引掻いて音を立て私を起こそうと必死になったり、いつものアシュリーではない。
いつもだと、朝一番先にパテオに出る彼女も今朝はずっと家の中にいる。
こうやって段々世間の色々を学んで成長するのは猫も一緒だね。