3/11/2016

雑談日誌 クリームドリンク睡眠効果と格言

幼い頃からずっと睡眠難癖があり、今は主治医から投薬を受けたり、家庭療法を試みたりしている。
昔はアレルギー体質の研究が左程されていなかったので、重度のアレルギー体質であった私の幼少期は、更に青年期を経て成人してからも、何を他人に云ったところでそれを確実に解ってもらえない症状に苦しめられ続けた。
そんな一種の異常性は私自身の心の対話との戦いでもあって、今となってそれが私の精神衛生に大いに害影響を及ぼしていたように思える。
書物を読み、情報を得ることで私の症状は成長とともに改善に向かってきたようだが、今でも完璧に心健やかな暮らしをしている訳ではなく、これは私の人間性の一環として心の奥に潜んでいるような気がする。
今に至って色々な睡眠補充薬を試してきて、その時その時は一時的に良くなるのだがある日にはそれが糸切れたかのようにプッツンと効かなくなるのは、その免疫性が出来てしまうせいなのだろう。
この2,3日の就寝前にクリームドリンクを作って飲んでいる。温かいミルクだけの時はそれほど感じられなかったが、濃いクリームにしたことで、昨晩は就寝時間になる前には睡魔に襲われていた。
甘味は無いのだがカロリーが高いのは承知の上で、あまり沢山飲むのは他の害になるのだろうし、またどの位でまた効果が出なくなるのか今の処解ってはいないのだが、今は効果抜群のこのクリームドリンク睡眠に期待している。
*****

↑アメリカのマキシーンおばあさんの一コマ漫画が笑えた。
{そりゃあ、もっと親切に対応出来るわよ。でも、そんな事したら友達が出来ちゃうじゃないの。」とあくまでも老人は偏屈が当たり前なのである。

←こちらはもっと真面目なところで、文豪マークトーウェンの言葉。
「人生には二日の最も大事な日がある。一日は貴方が生まれた日であり、もう一日はその理由を知る日である。」
ふーむ、とすれば、私には未だに二日目が来ていないわけだ。
もう一ついい言葉の続き。→
「正義とはとても高価な贈り物である。これを決して安っぽい人間に求めてはならない。」
うーん、確かに。 世の中はこの安っぽい人間でいっぱいだ。(私自身を含めて)
*****