3/16/2016

雑談日誌 壊れたとドンのコーンビーフ

ガッツシャーンと何かが壊れる音がした。
今度は何をやったのォと音のした方に行ってみると、リヴィングの窓辺に並べてあった陶器のウサギのペアーフィギュアは一つだけがそのままに置かれていて、もう一対のは床に転がっている。両の耳が砕けて大きな穴をみせていた。
私がそこに顔を出すとその残された一つのフィギュアの側でアシュリーがその対のフィギュアの真似のごとく屈んでいた。
『ちょっと側を通っただけなのに、ピョント飛んで避けて床に落ちて行っちゃったニャ~』とアシュリーが私の顔と壊れたウサギを見ながら『勝手に落ちてったニャ』と悪げ無く云っているようだ。
そうでしょう、そうでしょう。勝手に落ちたんだよね。
そこにアシュリーが行かなかったとしても、ウサチャンが一匹ピョンと飛び上がったのね。でも何もしなくても勝手に物がこわれるのかしらねぇアシュリー。昨日はパンプキンの小物入れと何が壊れたんだっけ?あ、それはキオニが、何もしなかった事で、アシュリーのせい壊れたのではなかったんだっだね。なるほどねぇ。
貴方達が人間の子供であったのなら、それなりの教育説教はしたかもしれないけれど、ニャンじゃあ仕方ないか。でも、物を壊すのは思い付きであったにしろなかったにしろ、良い仕業ではないのを、そろそろ解ってくれてもいいのにねぇ、、、ホント。

と、今日もカタズケオババは独りつぶやくのデシタ。
何だか同じことを同じ言い訳でニャントリオをかばう私なのでアリマス。
*****

余り期待しないで待っていたのだがドンのニューレシピのコーンビーフは思っていたよりずっと美味しかった。マイアミヘラルド紙に乗っいたレシピだというが、今までに食べたコーンビーフでは一番の味で、私には☆☆☆☆でしたよ。
またすぐにでも作ってほしいわぁ。
料理時間は4時間だったけれど、、、。

*****