4/05/2016

雑談日誌 変な生き物だニャ

今日は陪審員選抜審査にフォートローダデルの裁判所に行ってきました。
第一審査、第二審査と検事と弁護士からの質問に答えて、25人中の4人が最終的に陪審員に択ばれたわけで、幸か、不幸かは別として、私は選ばれずに済みました。
朝7時から、帰宅許可が出たのが午後の3時半でしたので、一日を裁判所で時間を費やしたわけで、とても疲れました。

朝から姿が無かったのに心配していたものか、帰宅するとキオニが涙流さんばかりにすり寄って来て喜び迎えてくれたのが、ちょっとおかしかったです。笑
今日もまだアシュリーが戻ってきていません。
元気に、何処かのご近所宅に保護されているといいのですが、、、。
保護番号チップがアシュリーには埋め込まれているので、一応ロストキャットの届を申請しておきました。
*****

昨日から白い、羽根が黒で、顔と首が灰色の大きなトキ科の鳥、イビスというのだそうですがスクリーンの上をのし歩いたり、ベランダに来て餌の要求してくるようになりました。
今までに見たことが無い大きな鳥が直ぐそばまでやって来て、ガラス戸をコツンコツンとたたいたりするので、イカイカの驚きようったらありませんでしたよ。

この鳥、自分が大きな鳥であると自負しているのでしょうか、餌をもって外へ行くと私の手から餌をつつこうとするほど馴れ馴れしいというか、ちょっとえばっているのがみられ、アヒルやグースはにげていくようです。
餌を与えた後も、しばらく家の周りをウロウロしたりしてウチのニャン達をいらだだせているようですよ。

キオニとイカイカにはアシュリーが居なくなったことが解っているようで、この変な鳥が急に現れた事でもいったい何事かと動揺しているのかもしれませんね。