4/06/2016

雑談日誌 デイヴィッドのメダル

アシュリーの夢を見て「あ、ガラス戸を開けてやらねば家に入れない」と慌てて目覚めた。
きょうでもう3日目。
何処かのお家で可愛がられている事だろうと思う事にした。
「昨夜も帰ってこなかったね。元気だといいね」と家族の会話が気まずい。
なるだけ明るく思う事で、お互いで口に出してアレコレは云わない事にしている。
🌺🌺🌺🌷🌷🌷🌷🌸🌸🌸

昨日一日多くの人と接触した事で帰宅後はぐったりしてしまって、早い就寝となった。鳥達が何度も餌をもらいに現れたが、早い時間に知らぬふりをして他へ飛んで行ってもらったのだが、ニャンブラザーズはパテオから外の様子を飽きずに皆が居なくなるまで眺めていたようだ。
デイビッドが或る世界大会の一団に初参加で優勝をしたとの明るいニュースをフェイスブックに載せていて、私の気持ちも少し明るくなった。
♥♥♥♥❤❤❤♥♥♥

外は摂氏28度の蒸し暑い天候である。
裏庭の倒れた大木の根がその一帯にはびこっていて、ドンの根堀処理は今日で4日目を迎える。ゴルフ場は管理会社の作業員が処理作業を終えても我が家の敷地裏庭は竜巻の被害の後が醜く残っていて、小さな樫の木を一本植えたぐらいではその醜さは隠しきれないのである。
ドンは一日2,3時間の作業をして大きなゴミ箱に山の木の根をしょりするのだが、大変な作業なので、私としては彼の体調を心配せざる得ない。
貧乏性で、”貧乏金なし、暇も無し”の彼の性格では整理整頓をやらずにはいられないのだろう。 適当に私に心配をかけないようにはしているようだけれどね、、。(いい加減、心配せずにはいられない年令だもの)
🌷🌷🌷🌷🌷