5/15/2016

雑談日誌 薬の話

依存症に成り易い強い薬を処方されていたので、なるべく少なめに飲んでいたわけで、それでも「♫いたたーー、ったったたかたー」なんて歌いながら、薬が効いてきたらきたで「♪ニャンコよ~ニャンコ~、何してるんだい~~♪、キオニよ、キオニ~~イカやイカ~、それにアシュリーちゃんは何してるの~~♪」なんておしゃべりしっぱなしと言う状態から、痛みが少なくなった今では薬を止めると、またすっかりむっつりと口を開かなくなった。(ま、元に戻ったと云いますか)
ドンもそれに気が付いたのか「もう薬は飲んでいないんだね」といってきた。
やっぱり恐ろしい薬だったんだなぁ、と今もって思ったりしている。
持病の気管支炎や喘息のいつもの薬はずっと飲み続けているので、薬漬けとは言わないまでもまだ毎日の常用薬もとっているので、薬断ちをしたとはいえない。
年を取ると病気と薬の話ばかりするって、本当だね。もっとも私は若い頃には健康優良児みたいに溌剌としていたもの。(そうでもなかったか)
薬なんてのは所詮、毒だものね。毒を飲んで毒を制すというか。
このマイアミ近郊は麻薬や処方箋中毒患者が多いので、私は絶対そういうのには染まりたくない善良な市民でありますからしてぇ、薬の仕用は要注意なのザマス。
それでなくとも普通でパッとしない人生、これ以上に崩すわけにはいくまい。

💊💊💊💊

昨日、今日はイカイカが私を起こしにやってこなかった。私の体が正常に戻りつつあると知っているからなのだろうか。
昨夜はキオニまでもなにかいい子にしていて、ちょっと気が抜ける思いだ。
いつも悪戯ニャンで有ってほしい訳では無いが、この顔→で大人しくされていると、何を企んでいるのやらとちょっと心配になるんでないの。
猫被り(これぞ、本物)をしていたって、またすぐ元の悪ガキにもどるにちがいないから、そんなに心配しているわけではない。
よく食べ、よく出すから、体は健康そのものだと思うしね。


しあさってに、デイヴィッドが3日間程帰省するらしい。
それ程社交的でないシャーンと違って、デイヴィッドはバイトに部活に、遊びにと何かと忙しいのである。
その忙しい中をちょこっと帰省すると云うからには、なにか思惑でもあるのかしらん。要注意。笑
写真の中の一番ヒョウキン者がデイヴィッド。彼がフェイスブックに載せているのは大抵このようなふざけ姿が多い。ま、楽しくやっているのだろうね。

😹😹😹😹