5/20/2016

雑談日誌 ダブルライフが同時進行?

あんなにジョニーの食べ過ぎを笑っていたのに、昨日の夕飯を食べ過ぎた私はたっぷり悪夢にさいなまされた。
もうとうの昔に亡くなっている母と、疎遠になりつつある兄達が「何故自分たちの処に来て挨拶でもしないのか」と私を責めていた。
朝目覚めて、この場が別世界のように感じられホッとすると同時に一抹の哀しさが心の奥に残った。

ある学者の説によると4次元の世界では今と同じダブルライフが現存するそうで、目に見えぬそこで別にそっくりな自分の暮らしが同時進行しているのだそうだ。そのようなダブルライフがある事をどれだけの人間が嬉しく思うものなのだろう。私としてはアホな人間がもう一人いるとしたら、なんだか嫌だなぁ、そんな事が在って欲しくない。
それ程悪い人生とは思っていないけれど、なにもわざわざ全ての哀しみ、喜び、辛さや痛みなどを2倍しても何も意味は無いように思う。
なんて、朝からバカバカしい事を考えてしまった。
そうそう、今朝寝室に置いてあった飾り籠の造花をアシュリーが滅多メタにしてジャレ狂っているのに興奮したイカイカがその後を追っかけて大騒ぎして私を何時もの時間より早く起こした。(その物音が私の悪夢に続ながっていたのかも)
今日も今は好天気である。
階下へ降りると、今朝からキオニがニャウニャウとパテオに出たがっている。
もし今日にでも建築会社から作業員が来たならば、もう暫くはパテオ遊びが出来ないよとドンは「それまでの事だから、来なさい」と優しい。

今晩デイヴィッドがオーランドに戻って行ってしまうので、またちょっと寂しい。
たった3日間の滞在でもいるといないとでは私の気持ちに大分違いがある。

あ、たった今、誰か訪問者があるとゲートから知らせが入った。
やっとスクリーンハウスの再建にかかるようだ。良かった。
🏠🏠🏠♡🏠🏠🏠