6/20/2016

雑談日誌 CMの老夫婦

こちらで時折見るCMにこんなのがある。
####
居間をウロウロしながら老女が「おかしいわねぇ、また鍵が見当たらないの」とあちらこちらを探している。その様子を見ながら夫である老人が「バスルームにでもおいてきてしまったのじゃないのかい、このあいだのように」とコーヒーを飲むのにミルクを冷蔵庫から出そうとして、そのミルク箱の後ろに鍵束があるのに気がつく。
「本当にへんねえ、、またなくなるなんて、、」と老女が云うのを老人は彼女の痴呆行動に気が付いて、鍵束をそっと彼女に見せながら言う。「大丈夫だよ。何も心配いらないからね、、」と優しく混乱している彼女をハグする。
####
痴呆予防薬か何かのCMだったと思うが、これを見たら私は側のドンに云う。「あの老人夫婦は私達の事みたいだわね。でもあの夫の老人があなただったら『ハニー、また冷蔵庫に鍵を忘れておいたんだね。これで何度目だい?』」って云うだろうね。優しくないわけではないけれど、現実主義派だもの。
私がそう云うと、ドンも負けじと「君があの老女だったらいうだろうね。『鍵が見つかったんだもの、そんな事どうでも良いでしょう!』とね。」確かに、私達はあのCMの老夫婦とは違うね、心温まる優しい老夫婦を演じたCMは作れそうにない。笑
🌷🌷🌷🌷

シャーンが帰省してきた。大学を3年で終了し、この秋から大学院生である。8月半ばまで滞在すると云うから、これから毎朝の朝食造りがたいへんだワ。
帰省して開口一番「お腹減ったぁ、何か食べさせて」であった。
毎朝起床時にドンが夫婦のコーヒーとベーゴの朝食をつくり、夜勤のジョニーが早朝帰宅してから勝手に何かを食べ、夕食頃に起きて食後出勤という日常なので、自然と私は夕食だけを作る事で家族の食事事情がなりたっていたのが、大食いのシャーンは一日4食するらしいので、私が台所に立つ時間が増えそうである。
家から仕送りなど全くしていない苦学生のシャーンがせめて帰省している間位彼に食べたいだけ食べさせてやりたいと云うのか私の本心でもある。 
🍴🍴🍴🍴